「オンウェー」とはどんなアウトドアブランド?基本情報から魅力まで | アウトドアブランド 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    アウトドアブランド

    2023.10.19

    「オンウェー」とはどんなアウトドアブランド?基本情報から魅力まで

    オンウェーは1995年創業のアウトドアファニチャーブランドです。特にアルミ製折りたたみ椅子やテーブル分野での存在感が強く、同社の『ディレクターチェア』は国内外のアウトドア市場で高い人気を誇っています。オンウェーの基本情報や魅力を紹介します。

    「オンウェー」とはどんなブランド?

    オンウェーは『アウトドアリビングの快適性を大きく底上げしてくれるブランド』として人気です。ブランドの概要について詳しく紹介します。

    東京・神保町発のアウトドアブランド

    オンウェーは、東京・神保町に拠点を置くアウトドアファニチャーブランドです。『高機能性・快適性・美しさ』という基本方針に基づき、アウトドアライフの快適性を高める製品を世に送り出しています。

    オンウェーのプロダクトはさまざまありますが、特にキャンパーやアウトドア愛好家からの支持が厚いのが、折りたたみ椅子やキャンプテーブルです。シンプルかつ機能的なアイテムは、日本国内だけではなく、海外からも高い評価を受けています。

    海外ブランドがアウトドア市場を席巻する中、オンウェーは「人種や宗教、国境を超えて人々に愛されるファニチャーを作ること」を企業理念に掲げ、正確性・機能性・デザイン性の高いユニバーサルなアウトドアファニチャーで存在感を発揮しています。時代のニーズに合わせ、これまでに100種類以上もの商品が市場に投入されました。

    オンウェーの歴史や概要

    オンウェーは、世界18カ国に300万人以上の愛用者がいるとされる人気ブランドです。オンウェーの歴史や、概要について紹介します。

    創業は1995年

    オンウェーは『オンウェー株式会社』として、1995年に創業しました。ただし創業当初は主に輸出入事業が中心で、初めからアウトドアファニチャーの製造・販売を行なっていたわけではありません。

    オンウェーがアウトドアファニチャーを手掛けるようになったのは、ファニチャー工場の検品仕事に携わったのがきっかけだといいます。アウトドア市場に安価で低品質な製品があふれる中、オンウェーはデザイン性やハイテク素材にこだわった製品をリリースして、他社との差別化を図りました。

    オンウェーの創業からこれまで、アウトドア業界は盛り上がったり衰退したりを繰り返しています。オンウェーは市場のトレンドやユーザーのニーズを見極めた高品質な製品を提案し、着実に国内外のキャンパーからの信頼を集めてきたのです。

    設計から販売まで自社で担っている

    オンウェーが創業当初よりこだわり続けてきたのは『オリジナル』であることです。

    オンウェーの製品は、設計から販売まで一貫して自社内で行われています。全ての工程には、オンウェーならではのこだわりが詰まっており、品質への妥協はありません。

    『完全自社生産』『完全オリジナル』というこだわりと、誇りがオンウェー製品の存在価値を高め、唯一無二のものにしています。

    世界に愛される代表作

    人気製品はさまざまありますが『ディレクターチェア』『コンフォートチェア2』は、その品質や快適性でブランドの知名度・人気向上に大きく貢献したといわれています。

    『ディレクターチェア』は、世界で100万脚以上を売り上げている人気商品です。アルミ製でありながらチープさを感じさせず、軽量で携行性に優れています。人間工学に基づいて設計された椅子は、屋外や長時間の着座にも不自由を感じません。

    『コンフォートチェア2』は座面が広く取られており、ゆったり快適に座れるのが魅力です。両アイテムとも実用性・デザイン性が高く、国内外から高い評価を得ています。

    オンウェー製品の特徴

    オンウェー製品の特徴を聞かれたとき、高い機能性やデザイン性を挙げる人は少なくありません。オンウェー製品の特徴とは、何なのでしょうか?ポイントを詳しく解説します。

    確かな技術力と細部へのこだわり

    オンウェーは製品のクオリティを維持するため、製造の精度向上を重視しているのが特徴です。オンウェー製品の主な特徴である『快適性』『携行性』『座り心地のよさ』は、全てオンウェーの技術力によって担保されています。

    例えば、アルミパイプにおける着色層をミクロン単位で調節したり、アルミの表面に半艶(つや)加工を施したりすることには、高い技術力が必要です。さり気ない仕様の一つにも、オンウェーの技術力が反映されていることがうかがえます。

    また、オンウェー製品は細部まで丁寧に作られている点にも注目です。『細部の美しさが製品価値を決める』と考え、目に付きにくい細部のパーツであってもこだわり抜いているのです。

    開発コンセプトが明確

    オンウェー製品の開発コンセプトは『リ・デザインで高級感を出すこと』『流行を追わないこと』『使用環境を意識すること』の三つです。

    これらはすなわち『安易にモデルチェンジしないこと』『一時のトレンドに流されないこと』『どのような環境でもユーザーが自由に選択できること』を意識して製品作りを行うことと言い換えられます。

    明確な開発コンセプトに裏打ちされた製品は、方向性にブレがなく高品質を維持しています。そのため、良質なもののみを選びたいという目の肥えたユーザーから、多大な信頼を勝ち取ってきました。

    さまざまなアイテムが「折りたためる」

    製品の合理性・利便性を重視するオンウェーは『折りたためること』にこだわっているのも特徴です。オンウェーを代表する人気アイテム『ディレクターチェア』はもちろん、焚火台などのキャンプギアにも折りたたみ機能が採用されています。

    アウトドアファニチャーやキャンプギアの中には『携行性は高いが、快適性に劣る』『デザインはよいが、使いにくい』といったものが少なくありません。

    オンウェーは『フォールディングファニチャー』の理念をベースにした技術で、合理的かつ美しい製品を作っていくことが、人々に長く愛される製品作りにつながると考えているのです。

    オンウェー製品の魅力

    独自のデザイン力と技術力により、オンウェーにはキャンプの快適性を向上できるさまざまな製品がラインナップされています。オンウェー製品の種類と、それぞれの魅力について紹介します。

    デザインも座り心地も優秀な「チェア」

    オンウェーを代表する製品として、多くの人がまず思い浮かべるのが、多彩な種類のチェアです。

    オンウェーには定番の『ディレクターチェア』『コンフォートチェア2』のほか『エッチングチェア』『ガーデンチェア』『リゾートチェア』など、さまざまなチェアがラインナップされています。

    いずれのチェアもシンプルかつ、高級感のあるデザインと快適性を両立しており、アウトドアからインドアまで幅広いシーンで活用できるでしょう。

    なお、多彩なチェアは『ノーマルタイプ』『ロータイプ』『リラックスタイプ』に分けられます。一般的な用途で使用する場合は、傾斜の少ないノーマルタイプが適しています。一方、着座の快適性をより重視する場合は、座面が低いロータイプや、背面の傾斜が大きいリラックスタイプがおすすめです。

    オンウェー(Onway)
    コンフォートローチェア

    ・使用時:約W60.5xD82xH75cm
    ・収納時:約W60.5xD16xH72cm
    ・座面高:約30cm
    ・重 量:約3.5kg
    ・耐荷重:100kg


    折りたたみ技術が生かされた「テーブル」

    オンウェーのショップでは、キャンプシーンに映えるおしゃれなテーブルも人気を集めています。折りたたみ技術を搭載したテーブルは、携行性・収納性に優れているのが魅力です。

    テーブルの種類は、二つ折り式の『フラット天板タイプ』や、アルミ板を使用した『ロール天板タイプ』があります。そのほか、設置・撤収が簡単なローテーブルも人気です。

    テーブルの天板はクールな印象のアルミや、暖かみのある木目調などから選択できます。キャンプサイトに設置するのはもちろん、ベランダや、屋内用としても最適です。

    オンウェー(Onway)
    Wテーブルワン

    使用時: W116 x D60 x H45.5-70.4cm
    収納時: W116 x D60 x H6cm
    板 厚:1.7cm
    重 量:4.6 kg  
    耐荷重:約10kg


    寝心地バツグン「ベッド(コット)」

    「安定感が高く寝心地もよい」とキャンパーに好評なのが、オンウェーのベッド(コット)です。チェアやテーブルほど種類は多くないものの、平均体形の人から大柄な人まで使いやすいサイズがラインナップされています。

    ベッドの素材は、主にアルミ合金とポリエステルです。軽量で扱いやすい上、水や汚れを弾きやすく、屋外やキャンプサイトでの使用に適しています。

    就寝時のベッドとして使用するのはもちろん、ベンチや物置き台としての利用も可能です。

    オンウェー(Onway)
    GIベッド

    使用時:長さ190 x 幅66 x 地上高40cm
    収納時:長さ94 x 幅10-19cm
    重 量:5.8kg
    耐荷重:100kg


    高い機能性を誇る「キャンプギア」

    オンウェーでは、キャンプサイトで便利に使えるキャンプギアも幅広くラインナップされています。いずれもデザイン性・収納性・携行性が高く、キャンプ気分を盛り上げてくれるものばかりです。

    例えば『聖火焚火台』は、折りたたんで気軽に携行できると大きな話題となりました。ステンレス合金のクールなデザインは、炎の美しさをより引き立ててくれると評判です。

    そのほか、コンパクトに折りたためるスタンドや、状況やニーズに合わせて組み合わせ方を変えられるタープなども、キャンパーからの支持を集めています。

    オンウェー(Onway)
    聖火焚火台(M)

    使用時:幅38 × 奥行33.5 x 高さ28cm
    収納時:縦43 × 横45 × 厚み6cm
    耐荷重:10kg
    板 厚:1.2mm
    重 量:3.2kg


    オンウェー製品は利用シーンも多彩

    オンウェー製品は、既成概念にとらわれない大胆な発想でデザインされています。使用するシーンや場所に決まりはなく、自由な使い方が可能です。オンウェー製品を活用できるシーンやシチュエーションを紹介します。

    キャンプ・アウトドアシーンで活躍

    オンウェー製品の本領が発揮されるのは、やはりキャンプシーンやアウトドアシーンです。

    座り心地にこだわって作られた『ディレクターチェア』『コンフォートチェア2』は、屋外で過ごすひとときの快適性を底上げしてくれます。また、軽量で安定感のあるテーブルやベッド(コット)も、キャンプサイトでの居心地を高めてくれることでしょう。

    機能性や合理性が重視されているため、軽量だったり収納が簡単だったりと、ユーザーに配慮した製品が多くあります。シンプルかつ高級感のあるデザインで見栄えもよく、実用的でおしゃれなキャンプサイトを実現したい人に適しています。

    リビングなどインドアでも活躍

    オンウェー製品にニュートラルな色調や、黒・グレーといったシックなカラーが多いのは、使用環境を制限しないようにという配慮からです。

    例えば『コンフォートローチェアプラス』は、天然の竹素材で作られた手すりやスエード調の座面など、自宅のインテリアにもなじむデザインにこだわっています。ちょっとしたスペースに設置できる『サイドカフェテーブル』や、気軽に広げられるローテーブルなども、リビングやキッチンで活躍するでしょう。

    また、折りたたみが可能なオンウェー製品は、部屋を広く使いたい人にもおすすめです。不要なときは折りたたんでおけば、限りある空間を有効活用できます。

    オンウェー(Onway)
    コンフォートローチェアプラス

    使用時:約W60.5xD82xH75cm
    収納時:約W60.5xD16xH72cm
    座面高:約30cm・重 量:約3.5kg 
    耐荷重:100kg


    まとめ

    オンウェーは、高品質なアイテムをそろえるアウトドアファニチャーブランドです。デザイン性や機能性の高さに定評があり、通好みのキャンプギアをラインナップしていることで知られています。数あるオンウェー製品の中でも『ディレクターチェア』は特に人気が高く、国内外で100万脚以上を売り上げました。

    キャンパーにとって、信頼できるキャンプギアを選ぶことは非常に重要です。設計から販売まで一気通貫で行うオンウェーなら、満足のいく製品に出会えるでしょう。

    オンウェー株式会社 Onway

    NEW ARTICLES

    『 アウトドアブランド 』新着編集部記事

    NANGA誕生30周年記念コラボ第2弾は、ジェリー鵜飼氏のアートなグラフィックに惹かれる!

    2024.05.28

    老舗アウトドアブランド「ogawa」の歴史を紹介。小川キャンパルってどうなった?

    2024.05.25

    NANGA誕生30周年記念第一弾!アニバーサリー&スタンレーほかコラボアイテムが続々登場

    2024.05.23

    「グリップスワニー」と伝説のスニーカーショップ「atmos」のコラボアイテムが出たッ

    2024.05.16

    ディッキーズ×ドベルグの「T/Cベンチレーションパンツ」がリニューアル&新色追加!

    2024.05.15

    BUNDOK(バンドック)おすすめギア8選!高コスパ&機能的な人気アイテムを一挙紹介

    2024.05.01

    タラスブルバのおすすめアイテムを紹介|軽量テントからコラボウェアまで

    2024.04.30

    ほぼ日が手掛けるキャンプブランド「ヨゾラ」がアパレルアイテムをリリース!

    2024.04.23