行かなきゃ損!一度登ったらハマってしまう離島の山の魅力とは | 山・ハイキング・クライミング 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 山・ハイキング・クライミング

    2023.10.16

    行かなきゃ損!一度登ったらハマってしまう離島の山の魅力とは

    紫色の高山植物が揺れいてる。

    離島にある山はなぜ良いのか

    山といえば、皆さんはどんな山を思い浮かべますか?富士山、100名山、北アルプスなど、自然豊かな日本には素晴らしい山々がたくさんあります。

    では、「しま山」というものをご存じでしょうか。その名の通り、離島にある山のことです。

    日本には、個性的で島らしい山々が厳選された「しま山100選」というものがあり、どれも面白い山ばかりです。

    今回は、そんな離島にある山の楽しみ方と、筆者おすすめのしま山3選をご紹介します。

    登るだけじゃない!しま山の楽しみ方

    旅好きが愛してやまない、しま山の魅力とはなんなのでしょうか。

    秘境感漂う景色

    丘に高山植物が咲いている。

    海と山が作り出す景色は秘境感が漂います。

    一番の魅力は、間違いなく景色です。海と山が融合したような風景は、秘境感漂う素晴らしき世界。

    深い森から抜け出した先にある水平線や、稜線から海へと続く道、どれもしま山ならではの体験です。

    島だからこそ、見れる入江や崖の地形もさまざまで、それぞれの山の景色は唯一無二ですよ。

    冒険感がたまらない

    離島に行って山に登ろうなどと考える人は、旅が好きに違いありません。

    そんな旅マニアの欲をたっぷりと満たしてくれるのが、しま山です。

    島へ船で渡るという、序盤から旅要素MAXで高揚感が抑えられません。その先にあるしま山は、もっと未知の世界です。

    出会う植物、虫、景色、全て新鮮でワクワクが止まりません。

    手軽に登れる山が多い

    しま山は、標高が1,000mに満たない、日帰りで登れる山がほとんど。

    ですので、島全体の旅程にサクッと登山を組み込むことができるのです。

    お手軽に登れて絶景も付いてくるなら、登るしかありません。

    触れておきたい島文化

    島にはそれぞれ特有の文化や伝統、歴史があります。

    その島の気候に合った文化、生活スタイル、伝統工芸や伝統野菜が育まれてきています。

    山がある離島では、山の存在が人々の生活に大きな影響を与えています。本州でももちろん同じなのですが、島の方が山を近くに感じやすいのです。

    山や自然が育んだ島特有の文化は、しま山登山を一層濃い体験にしてくれるはずです!

    絶対外せない!島グルメ

    八丈島の島寿司が並んでいる。

    八丈島の島寿司です。絶品!

    しま山登山の後は、個性的な島料理を楽しみましょう。

    海産物はもちろん、山菜や地酒、郷土料理など、今まで食べたことがないグルメに出会えること間違いなしです。

    筆者は、八丈島で食べたトビウオのくさやと島寿司が印象的でした。

    絶景のしま山3選

    今回は、しま山100選の中から、筆者の好みで3つの山を厳選しました。

    利尻富士

    利尻富士の山頂から稜線が伸びている。

    利尻富士の山頂は花の楽園です!

    筆者が特に惚れ込んだ山は、北海道利尻島にそびえる利尻富士です。

    標高1721mと、しま山にしては高くて時間がかかる山です。

    コースタイムは約10~12時間と、しっかり登山を楽しむことができるのも魅力の一つ。

    山頂から見る稜線と水平線、そして小さくて可愛らしい高山植物たちの織りなす景色は、何度登っても感動します。

    登山で疲れた次の日は、絶品のウニ丼やホタテ焼きを堪能するのがおすすめです。

    利尻富士から湧き出る冷水で作った日本酒が、疲れた体に染み渡ります。

    八丈富士

    火口に緑が生い茂っている。

    八丈富士のお鉢巡りは一味違います。

    東京都から船でいける山があります。それが、伊豆諸島八丈島にある八丈富士です。

    伊豆諸島の最高峰ですが、登山口からたった1時間ほどで登ることができるのが魅力の一つ。

    緑が生い茂る火口を眺めながらのお鉢巡りは、他では体験できない不思議な空気感が漂います。

    山の稜線からは、麓の街が海まで伸びているのが見えて、島にいるということを実感できますよ。

    八丈島では、ワサビの代わりに唐辛子を醤油に入れて食べる島寿司や、独特な香りがクセになるくさやがおすすめです。

    島民曰く、それぞれの島でくさやの臭さが異なるらしく、八丈島のくさやは食べやすい方だそうです。

    昼は登山、夜は島料理で、まるっと手軽に島を堪能できます。

    礼文岳

    緑の丘に高山植物が咲いている。

    礼文島は島全体が穏やかな丘に囲まれています。

    圧倒的な秘境を体感したいなら、北海道礼文島の礼文岳はいかがでしょうか。

    利尻島の北西に位置する礼文島、その最高地点が標高490mの礼文岳です。

    穏やかな丘が連なる礼文島の景色は、日本にいるとは思えないほど、広大で素晴らしい雰囲気があります。

    夏は、本州ではなかなか見られないような高山植物が咲き誇り、静かな海と相まって秘境感が漂います。

    時間があれば、ぜひホッケのちゃんちゃん焼きをご賞味ください。美味しすぎて感動します。

    フェリーターミナルから徒歩5分ほどの場所に「炉ばた ちどり」というお店があります。とっても混むので、あらかじめお店の営業時間を確認しておくのがおすすめです!

    しま山で旅行と登山を楽しむ

    次の山行予定が決まっていないなら、ぜひ離島へ行ってしま山を堪能してくださいね。

    私が書きました!
    ネイチャー/登山ガイド
    さあか
    自然をこよなく愛するネイチャー/登山ガイド。ニュージーランドでのネイチャーガイド経験を経て、現在は丹沢山地、箱根、利尻島など、季節ごとに違う山でガイドライフを満喫中。年齢や体力に関係なく、多くの方に自然の中で過ごす楽しさを知ってもらうため、アウトドアライターとしても活動している。

    NEW ARTICLES

    『 山・ハイキング・クライミング 』新着編集部記事

    隅田川沿いを歩き、浅草にある待乳山へ【プロハイカー斉藤正史のTOKYO山頂ガイド File.57】

    2024.05.22

    飯能の天覧山、大島の三原山…景色だけでなくローカルフードも楽しめる低山5選

    2024.05.21

    いざ、美味しいものを求めて! 香川・七宝山へご当地グルメづくしの満腹ハイク

    2024.05.20

    山登り愛好家8人が激押しする、この時期登りたい景色のいい山BEST 18

    2024.05.19

    人混みを越え、浅草にある弁天山へ【プロハイカー斉藤正史のTOKYO山頂ガイド File.56】

    2024.05.18

    低山でも絶景!富士山を一望できる三ツ峠山へ登ってみよう

    2024.05.17

    お洒落な恵比寿で目黒新富士跡へ向かう【プロハイカー斉藤正史のTOKYO山頂ガイド File.55】

    2024.05.16

    神奈川県の塔ノ岳はきついけど…登山の甲斐あり!オールシーズン楽しめるぞ

    2024.05.13