限定のブラックカラー出たっ! 秋キャンプで欠かせないこだわりの焚き火台 | 焚き火・火おこし道具 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 焚き火・火おこし道具

    2023.09.03

    限定のブラックカラー出たっ! 秋キャンプで欠かせないこだわりの焚き火台

    一見焚火台に見えないところがクール。キャンプ場でひときわ目立つこと間違いなし!

    独特なシェイプが目を引く、デザイン性抜群の焚火台AUTEC CAMPの「COOK PIT(コックピット)」。まるでオーディオ機器を思わせるオシャレなデザインは、さすがオーディオテクニカのアウトドアブランドだと納得できる。

    2022年6月に発売されて以来、焚き火台コンテストなどでグランプリを取った経験もあるこの「COOK PIT」。一般的なシルバーではなく、黒バージョンが欲しいという声に応えて、限定カラーの発売が決まったのだ。待望の黒バージョン「COOK PIT Limited Black (コックピットリミテッドブラック)」は2023年9月初旬に発売スタート。他人と差を付けたいというオシャレキャンパー必見の一台だ。

    機能性も追求したクールなデザイン

    一見スピーカーのように見えるデザイン。ブラックカラーなのでさらにオーディオ感が出ているかも。

    強度を保てるように曲げやリブ形状にこだわり、耐荷重と耐変形を考慮。フックにはめ込むだけの、簡単組立て&解体を実現。焼網や五徳もスリットを合わせるだけで設置できる。

    軽量かつA4サイズに収納できる

    とにかく組立が簡単! はめ込み式なので工具なども必要なし。

    すべてのパーツを崩せばA4サイズに収納できるところがポイント。軽量なのでバックパックに入れて持ち運ぶこともできる。

    燃焼効率も考えられた設計

    サイドから薪の出し入れができるので、食材や鍋を動かさずに料理を続けることができる。

    架台にスリットや開口部を設け、火床を傾斜させたことで、先端から手前へと燃焼が進み効率的に燃焼できる。焼網を動かさなくても薪の追加ができるので、火力の調整がしやすい点もポイントだ。

     

    サイズは、1~2人用の使用を想定したコンパクトサイズ。それでも高い燃焼性をキープし、焚き火はもちろん本格的な料理も楽しむことができる。限定発売品なので、ぜひ気になる人は早めにチェックしてみよう。

    NEW ARTICLES

    『 焚き火・火おこし道具 』新着編集部記事

    焚き火グリルおすすめ13選!キャンプで焚き火料理を楽しもう

    2024.02.02

    焚き火初心者でも大丈夫!SOTOの焚き火台「エアスタ」で冬キャンプを満喫してきた

    2024.01.30

    焚き火台「マクライト」を徹底解説!あわせて使いたいトウキョウクラフトのギアも必見

    2024.01.24

    【2024年最新】焚き火台の人気ランキング!プロのおすすめ32選

    2024.01.19

    TOKYO CRAFTS(トウキョウクラフト)/ブレイズボックス

    2024.01.16

    DCT/囲炉裏グリルアングリル

    2024.01.16

    SOLO STOVE(ソロストーブ)/メサ 

    2024.01.16

    福島県の伝統工芸・大堀相馬焼の二次燃焼焚火台!「焚き火鉢」は炭火焼きもできる優れものだぞ

    2024.01.16