限定のブラックカラー出たっ! 秋キャンプで欠かせないこだわりの焚き火台 | 焚き火・火おこし道具 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 焚き火・火おこし道具

    2023.09.03

    限定のブラックカラー出たっ! 秋キャンプで欠かせないこだわりの焚き火台

    一見焚火台に見えないところがクール。キャンプ場でひときわ目立つこと間違いなし!

    独特なシェイプが目を引く、デザイン性抜群の焚火台AUTEC CAMPの「COOK PIT(コックピット)」。まるでオーディオ機器を思わせるオシャレなデザインは、さすがオーディオテクニカのアウトドアブランドだと納得できる。

    2022年6月に発売されて以来、焚き火台コンテストなどでグランプリを取った経験もあるこの「COOK PIT」。一般的なシルバーではなく、黒バージョンが欲しいという声に応えて、限定カラーの発売が決まったのだ。待望の黒バージョン「COOK PIT Limited Black (コックピットリミテッドブラック)」は2023年9月初旬に発売スタート。他人と差を付けたいというオシャレキャンパー必見の一台だ。

    機能性も追求したクールなデザイン

    一見スピーカーのように見えるデザイン。ブラックカラーなのでさらにオーディオ感が出ているかも。

    強度を保てるように曲げやリブ形状にこだわり、耐荷重と耐変形を考慮。フックにはめ込むだけの、簡単組立て&解体を実現。焼網や五徳もスリットを合わせるだけで設置できる。

    軽量かつA4サイズに収納できる

    とにかく組立が簡単! はめ込み式なので工具なども必要なし。

    すべてのパーツを崩せばA4サイズに収納できるところがポイント。軽量なのでバックパックに入れて持ち運ぶこともできる。

    燃焼効率も考えられた設計

    サイドから薪の出し入れができるので、食材や鍋を動かさずに料理を続けることができる。

    架台にスリットや開口部を設け、火床を傾斜させたことで、先端から手前へと燃焼が進み効率的に燃焼できる。焼網を動かさなくても薪の追加ができるので、火力の調整がしやすい点もポイントだ。

     

    サイズは、1~2人用の使用を想定したコンパクトサイズ。それでも高い燃焼性をキープし、焚き火はもちろん本格的な料理も楽しむことができる。限定発売品なので、ぜひ気になる人は早めにチェックしてみよう。

    NEW ARTICLES

    『 焚き火・火おこし道具 』新着編集部記事

    気軽に焚き火を楽しみたい!を叶える折りたたみ式焚火台「Butterfly Fire Stand」はいかが?

    2024.06.15

    ベルモントの焚き火台「TABI」の魅力を解説!超軽量&コンパクトで料理にもピッタリ

    2024.06.12

    100均の焚き火シートを活用!ダイソー・セリア・キャンドゥ各社のシートを紹介

    2024.06.11

    焚き火ベストは何が便利?おすすめのポイントと商品を余すところなく紹介!

    2024.06.02

    ソロストーブのレンジャーをおすすめする理由!特徴から拡張アクセサリーまで紹介!

    2024.05.25

    対流式石油ストーブのトヨトミから、炎の美しさにこだわったおしゃれな焚火台が誕生

    2024.05.20

    焚き火台、焚き火シート、耐熱グローブ、火ばさみの焚き火台4点セットはいかが?

    2024.05.17

    オイルマッチは永久に使える?特徴から使い方まで紹介!

    2024.04.28