で、デカすぎる…!AO Coolersから約183cmの巨大クーラーバッグがでた | 海・川・カヌー・釣り 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 海・川・カヌー・釣り

    2023.08.04

    で、デカすぎる…!AO Coolersから約183cmの巨大クーラーバッグがでた

    アウトドアや釣り好きの必需品・クーラーバッグは、特に暑い季節には手放せないアイテムのひとつ。軽くて機能性の高いAO Coolersのソフトクーラーバッグを愛用している人も多いはずだ。

    そんなAO Coolersから、びっくりするほど大きな約183cmのソフトクーラーバッグが登場した。

    日常使いはなかなか難しいかもしれないが、いろんな意味で目が離せない人気ブランドの注目商品をチェックしていこう。

    2人がかりで運んでもこの大きさ!巨大な魚も楽々運べるビッグサイズのクーラーバッグ。

    大きな魚がまるごと入る!6フィートフィッシュキャリー

    6フィートフィッシュキャリーは、名前から想像できる通り、サイズが6フィート(約183cm)もあるクーラーバッグ!

    大胆にプリントされたマグロの柄のように、メーターオーバーのマグロなど長くて大きな魚はもちろん、ブリやカンパチ・ヒラマサなどの大型青物をまっすぐ中に入れることが可能だ。海水と淡水どちらでも入れることができる。

    大きな魚がそのまますっぽり

    高い保冷力にも注目

    6フィートフィッシュキャリーで特筆すべきポイントはサイズだけではない。

    その高い保冷力にも注目したい。秘密は断熱材にあり、従来のAO Coolersのソフトクーラーよりも厚い25.4mmの断熱材で、保冷力が求められるマグロなども新鮮な状態で持ち帰り、傷ませることなく熟成(※)させ、おいしく食べることが可能だ。(※熟成中は氷で冷やし、使用した氷はこまめに入れ替えることを推奨)

    断熱材の組み合わせにより、サイズによって氷なら外気温49℃の中で約24時間も維持できるという。

    使いやすさにもこだわりあり

    大きな魚を入れた6フィートのバッグを1人で持ち運ぶなんて大変そう…と思う人はご安心を。

    6フィートフィッシュキャリーは持ち手が2箇所あるため、2人で持ち運ぶことができる。これなら安定した状態での持ち運びが可能だ。

    2人で持ち運べば重さも分散!

    短距離の移動であれば、持ち手を引っ張って移動させることも。

    引っ張っても安心の頑丈な素材。

    生地は破れにくい18オンスのUV加工アウタービニールが使われているほか、底面はナイロンテープで補強されているため、岩場やアスファルトなどのハードな環境でも安心。

    インナー素材は魚のヒレで傷つかないよう頑丈な仕様に。ヒレをビニールなどで頑丈に覆う手間もかからない。防カビ加工も施されているため、衛生的だ。

    また、折りたたんでの収納も可能。思いがけない大物が釣れたときの備えとして用意しておくのもいいかも!?

    意外にもトランクにはすっぽり入る。

    どデカいクーラーバッグを探している人へ!

    「こんなに大きなクーラーバッグは見たことがない!」という人も多いはず。

    約183cmというサイズを想像しただけで、幅広い使い方の妄想が広がるアイテム。6フィートフィッシュキャリーを持参して、大物を狙いに行ってみるのも悪くないかも!?

    6フィートフィッシュキャリー
    販売価格:59,400円(税込)
    サイズ:幅183×高さ71×奥行30cm
    重量:5,895g
    容量:217L
    材質:ポリ塩化ビニル、ポリエチレン、ポリエステル、熱可塑性ポリウレタン、ポリウレタン

    NEW ARTICLES

    『 海・川・カヌー・釣り 』新着編集部記事

    大自然の中の発酵サウナと憧れのサーフポイント【徳島県海陽町編】

    2024.07.21

    簡単に渓流魚を誘い出す渓流ルアー「D‐インサイト」の魅力を解説!

    2024.07.15

    ウェーダーでの釣りはメリットがいっぱい!その魅力を解説

    2024.07.12

    どハマリ間違いなし!キス釣りの「ちょい投げ」に必要な道具、仕掛け、適した場所を紹介

    2024.07.07

    渓流釣り初心者におすすめ!新潟・魚野川の支流・登川でキャッチ&リリースしてみた

    2024.06.28

    カナダのアウトドアの醍醐味・カヌーキャンプを愛艇のカナディアンカヌーで!写真と共にご紹介

    2024.06.27

    シーカヤックで島巡りの二人旅!熊本・天草編

    2024.06.23

    渓流ルアーの注目株!スミス「D-コンタクト」の魅力とは?

    2024.06.13