グラベルバイク、クロスバイク、ミニベロ…BE-PAL注目のスポーツバイク30選!便利なギアも紹介 | 自転車・MTB 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 自転車・MTB

    2023.07.28

    グラベルバイク、クロスバイク、ミニベロ…BE-PAL注目のスポーツバイク30選!便利なギアも紹介

    image

    歩くより速く、全身で風を切り、移り行く景色をたっぷりと楽しめる自転車。自宅周辺を散策したり、クルマに積んで旅先をサイクリングしたり。さらには、厳選した道具だけを積んで冒険心を満たせるキャンプツーリングに挑戦するのもあり。
     
    この記事ではしっかりペダルを踏んで長距離を移動できるスポーツバイクのなかから、タイムや順位を競うためではなく、遊ぶためにデザインされた楽しい系の最新モデル30台を集めた。
     
    イチオシは、未舗装路もロングツーリングもこなせ、キャンプ道具の積載までも可能なグラベルバイク。ロードバイクから派生したスピード系、旅で使うことを想定したツーリング系など個性的なモデルがひしめく。
     
    マウンテンバイクについては、ツーリングに使ったり、初心者向けのMTBパークで楽しめる価格的にもハードルの低いハードテール(リアサスペンションなし)に絞った。
     
    個性派ぞろいのEバイクは、人気の定番と注目のニューモデルをセレクト。クロスバイクは、トレンドとなっているタイヤ太めで乗り心地がいいモデルを中心に。キュートなミニベロには、折りたたんで車載がしやすいモデルもあり。
     
    スポーツバイクでやってみたいことを考え、自分のスタイルに合った一台を探そう。

    ※各モデルの評価軸について
    スピード域:快適に走り続けられる速度域(★が多いほど速い平均速度で走れる) 
    拡張性:泥除け、ラックなどのマウントの数とカスタムのしやすさ 
    乗り心地:走行時の振動を和らげる快適性

    用途の広さがウリの冒険自転車~グラベルバイク8選

    ロードバイクやツーリングバイクをベースに、未舗装路を走れるようにデザインされたグラベルバイク。ラックやケージを取り付ける台座が多いほど積載性が高まる。

    しなやかな走りで軽快に

    ブリーザー/レーダー・エキスパート 
    ¥163,900

    スピード域 ★★★
    拡張性 ★★★★
    乗り心地 ★★★★★

     

    image

    しなやかなスチールフレーム&フォークに加え、45㎜幅のワイドタイヤを装備。ロングツーリング、キャンプツーリングも快適。扱いやすい18段変速。

    問い合わせ先:アキボウ https://www.breezerbikes.jp/

    バイクパッキングに◎

    ジェイミス/レネゲード S4 
    ¥159,500

    スピード域 ★★★★
    拡張性 ★★★★★
    乗り心地 ★★★★★

    image

    メインフレームに3つのボトルケージ、フォークには小型ラックマウントがある積載性の高さが魅力。スチールフレーム+カーボンフォークで乗り心地も良好。

    問い合わせ先:ジェイミスジャパン https://www.jamis-japan.com/

    モダンなツーリングバイク

    KHS/グリット55 
    ¥143,000

    スピード域 ★★★★
    拡張性 ★★★★★
    乗り心地 ★★★★★

    image

    フレーム&フォークはスチール製で、タイヤ幅は40㎜。拡張性も高いので、キャンプ道具を積んで、オンロードでも未舗装路でも軽快に走れる。

    問い合わせ先:ケイ・エイチ・エス・ジャパン https://www.khsjapan.com/

    悪路走破性は、もはやMTB

    マングース/グレンデル29
    ¥184,800

    スピード域 ★★★
    拡張性 ★★★
    乗り心地 ★★★★

    image

    凸凹道もラクラク!

    アルミフレーム+サスペンションフォーク、さらには29×2.2インチのMTBタイヤを装着。未舗装路では、MTBに迫る走破性と操作性を誇る。

    問い合わせ先:モトクロスインターナショナル 052(773)0256

    未舗装路を走るときに、サスペンションの効果は絶大。腕の疲労も軽減する。

    冒険に出たくなる一台

    コナ/ローブST 
    ¥202,400

    スピード域 ★★★
    拡張性 ★★★★★
    乗り心地 ★★★★★

    image

    旅系グラベルバイクで人気の650B×47サイズ(太め!)のタイヤを装備。スチールフレーム&フォークとの相乗効果で、上質な乗り心地に仕上げている。

    問い合わせ先:エイ アンド エフ 03(3209)7575

    image

    フォークには、ボトルケージや小型のラックを取り付けられる台座付き。

    砂利道で楽しく遊ぼう

    フジ/ジャリ 1.7 
    ¥159,500

    スピード域 ★★★★
    拡張性 ★★★★★
    乗り心地 ★★★

    image

    遊び心にあふれるアルミフレームの旅系グラベル。急な崖で自転車を担いで登るようなシーンで活躍するショルダーパッドや、多数のマウント付き。

    問い合わせ先:アキボウ https://www.fujibikes.jp/

    病みつきになるスピード感!

    キャノンデール/トップストーン4 
    ¥148,500

    スピード域 ★★★★★
    拡張性 ★★★
    乗り心地 ★★★

     

    image

    ロードバイクから乗り換えても満足できる軽さや、ハイスピードで気持ちよく航続できる走行性能、キレのあるハンドリング性能が魅力の走り系。

    問い合わせ先:キャノンデール・ジャパン https://www.cannondale.com/ja-jp/

    image

    空気抵抗を軽減し、長距離を軽快に駆け抜ける設計のハンドル回り。

    速く走りたいならコレ!

    ジャイアント/リボルト2
    ¥187,000

    スピード域 ★★★★★
    拡張性 ★★★★★
    乗り心地 ★★★

    image

    グラベルでも軽快なスピード感やコントロール性能など、走る楽しさを追求できる一台。ボトルケージは最大6個まで搭載可能。早足の旅に!

    問い合わせ先:ジャイアント 044(738)2200

    image

    700×38Cサイズのオン、オフロード兼用のオリジナルタイヤを標準装備。

    地球の凸凹を全身で楽しもう~マウンテンバイク5選

    クルマに積んで出かけてキャンプ場周辺を散策したり、MTBパークやトレイルを走ったり。卓越したオフロードでの走破性に加えて、視界が広いため普段使いでも楽に乗れる。

    悪路が得意なキャンプバイク

    ブリーザー/サンダー
    ¥242,000

    スピード域 ★★★
    拡張性 ★★★★★
    乗り心地 ★★★★

    image

    ここにも 積める!

    フレームとタイヤのしなやかさで、しっかりと振動を吸収。サスペンションがない分、フロント側の積載性が高い。アドベンチャーキャンプにも!

    問い合わせ先:アキボウ https://www.breezerbikes/
    ※写真はオプション装着車です。

    image

    タイヤの空気圧をしっかり調整すれば、サスペンションがなくても悪路走行を楽しめる。

    10万円を切る高コスパモデル

    ハロー/ダブルピーク27.5トレイル 
    ¥99,000

    スピード域 ★★★★
    拡張性 ★★★
    乗り心地 ★★★

    image

    初心者でも扱いやすいと人気の27.5インチのタイヤを装備。通勤や街中散策などの普段使いから、里山ライド、キャンプ場周辺の散策など幅広く使える。

    問い合わせ先:モトクロスインターナショナル 052(773)0256

    充実のパーツ構成で本格的な走りを

    トレック/マーリン7 GEN3 
    ¥129,800

    スピード域 ★★★★★
    拡張性 ★★★
    乗り心地 ★★★★

    image

    ロックショックスのサスペンションフォーク、シマノ・デオーレの変速システムなど、買ってすぐにトレイルライドを満喫できる。

    問い合わせ先:トレック・ジャパン https://www.trekbikes.com/jp/

    image

    スムーズな動きが特徴のシマノ製の変速機(10段変速)を搭載。

    スタイリッシュなオールラウンダー

    スコット/アスペクト 950 
    ¥104,500

    スピード域 ★★★★
    拡張性 ★★★
    乗り心地 ★★★★

    image

    きめ細かなギア比を選択できる前後2×9段変速は、初心者でも安心。洗練されたフレームデザインが所有欲をくすぐる。ブレーキはタッチが軽い油圧式。

    問い合わせ先:スコットジャパン https://www.scott-japan.com/

    トレイルライドを満喫できるハイスペックモデル

    ジャイアント/ファゾム2
    ¥198,000

    スピード域 ★★★★★
    拡張性 ★★★★
    乗り心地 ★★★★

    image

    トレイルを軽快に走れる最新のフレームデザインと高性能パーツでまとめた即戦力モデル。積載性が高いのでバイクパッキングにも向く。

    問い合わせ先:ジャイアント 044(738)2200

    image

    自転車から降りることなく、手元のレバー操作でサドル高を調整できる。

    体力がなくてもスイスイ走れる!~Eバイク6選

    電動アシスト自転車はスポーツタイプも数多く登場し、さまざまなタイプが選べるよう時代に。航続距離100㎞超ならロングツーリングもOK。軽さとデザイン性もグングン向上中だ。

    ※航続距離:1回の充電で走れる距離の長さ 

    クロスバイクの名車がEバイクに!

    ジャイアント/エスケープR E+ 
    ¥330,000

    航続距離 ★★★★★
    拡張性 ★★★
    乗り心地 ★★★★

    image

    クロスバイクの代名詞ともいえる同社のエスケープRをベースにしたEバイク。ECOモードなら最長200㎞をクリア。女性専用に設計されたモデルもある。

    問い合わせ先:ジャイアント 044(738)2200

    image

    航続距離が長いので、しまなみ海道やビワイチなどにチャレンジするにもいい。

    軽さとスタイリッシュなデザインを融合

    スペシャライズド/ヴァドSL4.0 
    ¥396,000

    航続距離 ★★★★
    拡張性 ★★★★
    乗り心地 ★★★★★

    image

    バッテリーをフレームに内蔵することで、Eバイクには見えないスリムでスタイリッシュなデザインに。重量も約15㎏と驚くほど軽い。

    問い合わせ先:スペシャライズド・ジャパン https://www.specialized.com/jp/ja

    パーツまでこだわったEグラベルバイク

    ベスビー/JG1 
    ¥398,000

    航続距離 ★★★
    拡張性 ★★★★
    乗り心地 ★★★★

    image

    グラベルロードを走るために設計されたEバイク。シマノのグラベル用パーツ「GRX」を搭載。悪路でも変わらない快適な操作性と制動力を誇る。新色もいい感じ。

    問い合わせ先:ベスビー ジャパン https://besv.jp/products/jg1/

    image

    オプションのフェンダーとキャリアを装着した状態。これなら通勤にも便利に使える。

    グラベルツーリングを楽々と

    ヤマハ/ワバッシュRT 
    ¥438,900

    航続距離 ★★★★★
    拡張性 ★★★★★
    乗り心地 ★★★★

    image

    ボトルケージなど多くのマウントを装備した旅気分満載のEバイク。一充電の航続距離は、+ECOモードで最長200㎞。ドロッパ―シートポスト付き。

    問い合わせ先:ヤマハ発動機 0120-090-819

    遊び心満載のEミニベロ

    キャノンデール/コンパクトNEO 
    ¥290,000

    航続距離 ★★★
    拡張性 ★★★★
    乗り心地 ★★★★★

    image

    キュートなデザインが魅力のミニベロタイプのEバイク。路面の凸凹を楽しみに変えてしまう太めの20×2.35インチタイヤを装着。重量約18㎏。走りは軽快だ。

    問い合わせ先:キャノンデール・ジャパン https://www.cannondale.com/ja-jp/

    image

    リアラック、フェンダー、前後ライト、スタンドを標準装備。通勤や買い物に。

    image

    アップライトなハンドルは、90度ひねってコンパクトに収納できる。

    ドライブに連れていきたいカワイイやつ

    ヴィチ/V-01 
    ¥162,800

    航続距離 ★★★
    拡張性 ★★
    乗り心地 ★★★★

    image

    優れたデザインの製品に贈られる「レッドドットデザインアワード」を受賞したフォールディングEバイク。バッテリーはシートポストに内蔵。コスパも◎。

    問い合わせ先:アキボウ https://www.akibo.co.jp/vicci/

    image

    小さくたためる

    折りたたみサイズは、幅68×高さ65×奥行38㎝。重量約16㎏と軽い。

    通勤もツーリングも楽しめる~クロスバイク5選

    ペダリングの軽さよりも、乗り心地の良さを重視した幅30㎜以上のチョイ太タイヤがトレンドに。制動力が高いため、雨の日でも安心のディスクブレーキ搭載車も増えている。

    モンベル・オリジナルの人気モデル

    シャイデック/TR-X 
    ¥86,900 

    スピード域 ★★★★
    拡張性 ★★★★
    乗り心地 ★★★★
    image
    ビギナーや脚力に自信がない人のために、アップライトなポジションにしたり、ギア比を軽くしたり。初めてのスポーツバイクにぴったり。
    問い合わせ先:モンベル・カスタマー・サービス 06(6536)5740
    image
    サドルは、お尻が当たる部分に柔らかいフォームを使い、嫌な痛みを軽減する。

    グラベルライドも射程に

    コナ/デュー 
    ¥86,900

    スピード域 ★★★
    拡張性 ★★★★★
    乗り心地 ★★★★★
    image
    タイヤサイズは、旅系グラベルバイクの定番=650B×47サイズ。フレームにはマウントが多く、積載性(拡張性)が高いので、キャンプツ―リングにも打ってつけ。
    問い合わせ先:エイ アンド エフ 03(3209)7575 
    image
    前輪は簡単にはずせるので輪行や車載にも便利。悪路でも安心のディスクブレーキ仕様。

    太めのタイヤでのんびり行こう

    ジャイアント/グラビエ ディスク 
    ¥93,500

    スピード域 ★★★
    拡張性 ★★★★
    乗り心地 ★★★★★
    image

    タイヤ太めが人気

    圧倒的な空気量を誇る27.5×1.75インチの太めのタイヤを装備し、快適な乗り心地を実現。ゆったりと乗りたい人、グラベルも走ってみたい人に向く。24段変速。
    問い合わせ先:ジャイアント 044(738)2200
    image
    クロスバイク=都市専用という枠を超える太めのタイヤを装着。街でも旅でもともに◎。

    都市もツーリングも軽やかに

    スペシャライズド/シラス2.0 
    ¥88,000

    スピード域 ★★★★★
    拡張性 ★★★★
    乗り心地 ★★★★
    image
    フィットネスバイクとして、長年人気を誇る同社の洗練されたクロスバイク。こちらは、軽い操作感で安定した制動力が得られる油圧ディスクブレーキ仕様。
    問い合わせ先:スペシャライズド・ジャパン https://www.specialized.com/jp/ja

    ディスクブレーキ仕様の万能バイクが新登場

    サーリー/プリアンブル・フラットバー
    ¥168,300

    スピード域 ★★★★
    拡張性 ★★★★★
    乗り心地 ★★★★★
    image

    ラックも付けられる。

    搭載するパーツ次第で、ロードバイク、ツーリング車、グラベルバイクのように組み替えられる万能モデル。フレームは、乗り心地のよさを追求したスチール製。
    問い合わせ先:モトクロスインターナショナル 052(773)0256

    元輸入代理店勤務のライター山本が教えます!スポーツバイクを買うときに気をつけること

    ゆる~い自転車好きのライター山本修二。元BMXレーサーで、スポーツバイク専門の輸入代理店で仕入れや広報を担当した職歴もある。「自転車は相棒だ!」。

    スポーツバイクは、一般に7割程度組んだ状態の製品が店に届き、それを整備士が組み立てるため、店の技量やこだわりによって性能に差が出てしまう。また、スポーツバイクは、定期的なメンテナンスなしに快適に乗ることはできない。だから購入の際には、通える範囲で腕のいいショップを探したい。安さだけを求めてネット通販で購入すると、後々のメンテ代が高くつくことも。下記の5か条を参考に店を探してほしい。

    失敗しない自転車選びの5か条

    ❶ ネットより、なるべく近所の専門店で
    ❷ 値段の安さだけで選ばない
    ❸ 体に合ったサイズの自転車を選ぶ
    ❹ どんな使い方をしたいかを明確に
    ❺ 用品一式の予算を考えておく

    コンパクトで漕ぎだしの軽さも魅力~ミニベロ6選

    タイヤの径が小さい分、漕ぎだしが軽いミニベロは、スタート、ストップが多い都市部での機動力に優れる。フォールディングタイプなら車載や輪行をして、旅先でも便利に使える。

    独自のギミックで日本から世界へ

    iruka/C 
    ¥199,800

    スピード域 ★★★★
    拡張性 ★★★★
    乗り心地 ★★★★

    image

    振動を和らげる。

    日本でデザインされ2019年に発売を開始したイルカ。コンパクトになる独自のフォールディング機構は、海外でも評価されている。走りもスポーティー。

    問い合わせ先:イルカ https://www.iruka.tokyo/

    image

    サドルだけ伸ばしておけば、キャリーカートのようにコロコロと運べる。

    フレームがたためるから保管も旅も得意

    ダホン/ダッシュ・アルテナ 
    ¥160,600

    スピード域 ★★★★
    拡張性 ★★★
    乗り心地 ★★★★

    六角レンチでロックを解除すると、フレームをたためる独自のフォールディング機構を搭載。クラシックなスタイルと利便性を融合する。

    問い合わせ先:アキボウ https://dahon.jp/

    折りたたみサイズは、幅92×高さ89×奥行き36㎝(Mサイズ)。

    旅の荷物が積みやすいオールロードツーリングバイク

    アラヤ/マディフォックスCX グラベルミニ 
    ¥143,000

    スピード域 ★★★★
    拡張性 ★★★★★
    乗り心地 ★★★★★

    道を選ばず旅に出かけられるツーリング系のグラベルバイクをミニベロに。タイヤ径が小さいことで、荷物を積んだときに重心が下がり安定感が増す。

    問い合わせ先:新家工業 http://araya-rinkai.jp/

    走りが違う小径スポーツバイク

    ジャイアント/イディオム2 
    ¥99,000

    スピード域 ★★★★★
    拡張性 ★★★
    乗り心地 ★★★

    image

    ここから たためる

    細身の20×1インチタイヤを履いた小径ロードバイク。ハイスピードで痛快に街乗りやツーリングを楽しめる。ハンドルはワンタッチで折りたためる。

    問い合わせ先:ジャイアント 044(738)2200

    フォールディングできる高速ツアラー

    ターン/ヴァージュN8 
    ¥126,500

    スピード域 ★★★★★
    拡張性 ★★★★
    乗り心地 ★★★★

    工具を使わず瞬時に小さく折りたためる。ホイールベースが長く設計されているため、ロングライドも軽快。ハンドル位置と幅は、日本向けの専用設計。

    問い合わせ先:アキボウ https://ternbicycles.jp

    折りたたみサイズは、幅79×高さ72×奥行き38㎝。ペダルもたためる。

    洗練された走りを楽しめるフォールディングバイク

    パシフィックサイクルズ/バーディー・クラシック 
    ¥198,000

    スピード域 ★★★★
    拡張性 ★★★★
    乗り心地 ★★★★★

    image

    前後輪を支えるフレームに装着されたサスペンションのロックを解除し、中央のメインフレーム側に折りたたむ。剛性が高くロングライドも得意。

    問い合わせ先:ファビタ パシフィックサイクルズジャパン事業部
    https://pacific-cycles-japan.com/

    image

    折りたたみサイズは、幅72×高さ62×奥行き33㎝とコンパクト。

     

    元輸入代理店勤務のライター山本が教えます スポーツバイクを買うときに気をつけること

    ゆる~い自転車好きのライター山本修二。元BMXレーサーで、スポーツバイク専門の輸入代理店で仕入れや広報を担当した職歴もある。「自転車は相棒だ!」。

    スポーツバイクは、一般に7割程度組んだ状態の製品が店に届き、それを整備士が組み立てるため、店の技量やこだわりによって性能に差が出てしまう。また、スポーツバイクは、定期的なメンテナンスなしに快適に乗ることはできない。だから購入の際には、通える範囲で腕のいいショップを探したい。安さだけを求めてネット通販で購入すると、後々のメンテ代が高くつくことも。下記の5か条を参考に店を探してほしい。

    失敗しない自転車選びの5か条

    ❶ ネットより、なるべく近所の専門店で
    ❷ 値段の安さだけで選ばない
    ❸ 体に合ったサイズの自転車を選ぶ
    ❹ どんな使い方をしたいかを明確に
    ❺ 用品一式の予算を考えておく

    自転車ライフを快適にするグッズ~パーツ&アクセサリー11選

    スポーツバイクには、好みのパーツやアクセサリーを搭載して自分好みにカスタムする楽しみもある。ここでは、普段乗りから旅先まで安全&快適に使える便利グッズを集めてみた。

    盗難防止に最適な長めのワイヤーロック

    トレロック/コイルケーブルロック SK108 
    ¥3,080

    image

    フレームに装着できる

    径8㎜の強靭なケーブルロック。長さが180㎝あるので、柱などに回すことで愛車を持ち去られることを防げる。フレームなどに取り付けられるパーツ付き。

    問い合わせ先:ピーアールインターナショナル 052(774)8756

    夜間走行でも安心のライト&テールライト

    キャットアイ/ボルト400ネオ 
    ¥9,900

    image

    キャットアイ/ビズ300 
    ¥4,620

    image

    夜間走行で安全を確保するため明るいライトは必須。ボルト400ネオは、USB充電式で400ルーメンの明るさを誇る。ビズ300は、300ルーメンで広範囲に配光する。

    問い合わせ先:キャットアイ 06(6719)6863

    必要最小限の工具は持ち運ぶべし

    レザイン/Vプロ5
    ¥2,992

    image

    自宅や旅先で調整する際に出番が多い5種の工具が付いた軽量コンパクトな携帯ツール。3、4、5、6㎜の六角レンチと+ドライバー付き。重量わずか53g。

    問い合わせ先:ダイアテック 075(702)7766

    自宅でも旅でも使える携帯ポンプ

    トピーク/マウンテンデジタル2ステージ
    ¥15,950

    空気圧は正確に

    タイヤの空気充填はもちろん、繊細なサスペンションの調整にも対応する携帯空気入れ。旅先でも正確な空気量をキープできるデジタルメーターが便利。

    問い合わせ先:マルイ 078(451)2742

    スマホをナビ代わりに使うなら

    ピークデザイン/ユニバーサルバーマウント 
    ¥8,580

    image

    スマホをナビ代わりにする際に欠かせないスマホホルダー。マウントはハンドルなどにセット。スマホに貼るタイプの専用アダプター、または専用のスマホカバーを使ってパチンと瞬時に着脱できる。

    問い合わせ先:銀一 https://www.ginichi.co.jp/

    スマホの裏に張る

    ピークデザイン/ユニバーサルアダプター 
    ¥4,070

    image

    走りを軽くする軽量チューブ

    シュワルベ/エアロザン チューブ 
    ¥5,500

    image

    熱可塑性ポリウレタン素材の超軽量チューブ。ゴム製から交換すると走りは格段に軽くなる。スペア用として携行しても軽いので心強い。

    問い合わせ先:ピーアールインターナショナル 052(774)8756

    グラベル用のボトルホルダーで安心を

    ダボス/グラベルケージ 
    ¥1,320

    image

    フレームに取り付けて使うサイクルボトル用のケージ。グラベル(砂利道)を走ってもボトルが飛んでいかないよう、しっかりとホールドする。

    問い合わせ先:フカヤ 052(228)8910

    ジェットボイルを運ぶ武器

    ダボス/JBケージ 
    ¥2,750

    image

    お馴染みのジェットボイルをフレームやフォークに装着して運ぶための専用ケージ。旅先でコーヒーを淹れたり、バイクパッキングでも重宝する。

    問い合わせ先:フカヤ 052(228)8910

    サドル下のスペースに荷物を格納

    オルトリーブ/シートパック 11L
    ¥27,500

    image

    防水!

    防水バッグのブランドとして知られるドイツのオルトリーブ。防水なので、雨の日でも泥はねを気にせず走れる。11Lのほかに、大容量の16.5Lもある。

    問い合わせ先:ピーアールインターナショナル 052(774)8756

    image

    装着は、ストラップをシートポストとサドルレールに巻いて固定するだけ。

     

    ●表示は2023年4月中旬現在の参考価格です。予告なく価格が改訂されることもございます。
    ※構成/山本修二

    (BE-PAL 2023年6月号より)

    NEW ARTICLES

    『 自転車・MTB 』新着編集部記事

    グルメも観光スポットも紹介!輪行で楽しむ三浦半島横断サイクリングのすすめ

    2024.03.28

    人気のマウンテンバイク13選。街乗りにもオススメ!高コスパモデルも紹介

    2024.03.26

    自転車ペダル老舗メーカーのアウトドアブランド「シルバンワークス」のソロテーブルが超いい感じ!

    2024.03.22

    バイクパッキングの積載力をアップする便利なプレートが登場!バッグがもっと積めるぞ

    2024.03.03

    大好きな自転車をDIYで壁掛けに!ホムセンや100均を駆使して作り上げた居心地重視の趣味部屋

    2024.02.28

    スポーツ自転車を楽しみつくせ!日本最大級のスポーツサイクルフェスティバル「CYCLE MODE RIDE2024」が3月大阪・4月東京で開催

    2024.02.09

    GORIXの自転車用フロントバッグはスマホやペットボトルをスマートに収納できる!

    2024.01.31

    マウンテンバイクとロードバイクの違いって何?クロスバイクとの違いもチェック

    2024.01.30