ヘッドライトをランタンに変える魔法のギア!モンベル「クラッシャブルランタンシェード」とは? | ランタン・ライト・ランプ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • ランタン・ライト・ランプ

    2023.06.13

    ヘッドライトをランタンに変える魔法のギア!モンベル「クラッシャブルランタンシェード」とは?

    クラッシャブルランタンシェード本体

    この袋のようなアイテムがランタンになる!?

    バックパックに装備をまとめて野営地に行くソロキャンプや、時に数日かけて長距離を移動する登山では、荷物を必要最小限にまとめたいところです。

    キャンプや登山で欠かせないギアはいくつかありますが、ランタンはそのうちの一つ。

    かさばりがちなギアですが、夜や早朝に周囲を明るく照らしてくれるアイテムを持って行かないわけにはいきませんよね。

    そこで「かさばらないコンパクトなランタンはないだろうか」とお悩みの方におすすめしたいのが、モンベルのクラッシャブルランタンシェードです。

    今回は、クラッシャブルランタンシェードの特徴と使い勝手をご紹介します。

    モンベルのクラッシャブルランタンシェードとは?

    クラッシャブルランタンシェードとヘッドライト

    ヘッドライトと組み合わせてランタンになる革命的アイテム。

    モンベルは登山用のウェアや道具を中心に、アウトドア関連のアイテムを数多く取り扱っている、アウトドアファンなら誰もが知っているブランドです。

    今回紹介するクラッシャブルランタンシェードは、“シェード”と付いていることから分かるように、ランタンそのものではありません。

    キャンプや登山で持参するヘッドライトに付けて使用する、いわゆる“かさ”のことで、ヘッドライトの光を広範囲に広げてランタンの明かりのようにしてくれる、とても便利なアイテムなのです。

    クラッシャブルランタンシェードの魅力

    クラッシャブルランタンシェードの魅力を深堀りしていきましょう。

    魅力1.ヘッドライトの光を柔らかく広げてくれる

    クラッシャブルランタンシェードの付け方

    被せて締めるだけでセット完了です。

    手持ちのヘッドライトをランタンとして活用できるようになるのが、クラッシャブルランタンシェードの最大の特徴です。

    使い方は簡単。ヘッドライトにシェードを被せ、シェードから出ているコードを締めて固定します。そして、付属のカラビナを使って、テントの天井などに吊るします。

    なお、カラビナがかけられないような太い部分に吊るす場合や、カラビナを忘れた場合には、ヘッドライトのベルト部分を結んで吊るすことで対応可能です。

    ヘッドライトだけで照らすと、ある一か所が比較的強く照らし出されてしまうので、寝る前の読書やお茶タイムには不向きです。しかし、このシェードを装着すれば、柔らかい光の中でそれらを楽しむことができるようになります。

    クラッシャブルランタンシェードで照らす

    優しくテント内を照らしてくれます。

    例えば、明るさ300ルーメンのヘッドライトを使って、実際に2人用のテント内で点灯してみると、上の写真のような感じになります。

    内部を隅々まで明るく照らしてくれますが、シェード自体が白色をしているので、光が柔らかくなり、眩しさを感じることはありません。

    クラッシャブルランタンシェードがあれば、ランタンが無くてもテント泊のリラックスタイムが充実する、といっても過言ではありません。

    魅力2.重量7gという圧倒的な軽さ

    クラッシャブルランタンシェード本体

    持っていることを忘れてしまうほどの軽さ。

    はじめてクラッシャブルランタンシェードを手に取った時、その軽さに驚いたのを覚えています。

    重量は、付属のミニカラビナ込みで7g。バックパックに入れていたのを忘れてしまいそうになるほどの軽さです。

    装備が増えるとしても7gであればまったく気にならないですし、それでいてランタンと同じレベルの明かりを手に入れられるアイテム。

    U.L.キャンパーやU.L.ハイカーの方々にも非常におすすめです。

    魅力3.かさばらずどこにでも収納できる

    クラッシャブルランタンシェードの収納

    どこにしまっても困らない驚異のコンパクトさ。

    軽さとともにクラッシャブルランタンシェードの大きな魅力となっているのが、収納時のコンパクトさです。

    バックパックの小さなポケットやサコッシュなどのサブバッグに収納できます。

    ちなみに筆者は、ヘッドライトを入れているウエストバッグの小ポケットに収納しています。

    常備していても気にならないサイズなので、キャンプの時は予備のランタンにするために、登山の時はメインのランタンとして使うために、フィールドに出る際はいつも持ち歩いています。

    魅力4.実用に耐えうる耐久性

    山の夜明け

    クラッシャブルランタンシェードで夜明けを過ごす。

    筆者は、このクラッシャブルランタンシェードを4年ほど前から使っています。

    購入してから今に至るまで、宿泊を伴うキャンプや登山で使わなかった時が一度もない、というほど毎回活用していますが、未だに穴が空いたり破けたりすることなく、使い続けることができています。

    7gの軽量なシェード、と聞くと、すぐに破損してしまいそうに思えますが、そんなことは一切ありません。

    約4年間使用しても現役で、テント内を優しい光で照らし続けてくれています。

    クラッシャブルランタンシェードで快適な夜を!

    クラッシャブルランタンシェードで照らされて

    手元からテント内まで照らしてくれます。

    軽くてかさばらず、それでいて機能性抜群のクラッシャブルランタンシェードは、「明かりは欲しいけれど装備をこれ以上増やしたくない!」というわがままな要望をかなえてくれる夢のアイテムです。

    シェードから漏れ出る光は柔らかいので、フィールドで過ごす静かな夜の時間に最適です。

    本を読んだり、お茶をしたり、仲間と語り合ったり。

    クラッシャブルランタンシェードをとともに、ぜひすてきな夜の時間を過ごしてみてください。

    モンベル クラッシャブル ランタンシェード

    【素材】30デニール・ナイロン・リップストップ
    【重量】7g ※ミニカラビナ込み
    【カラー】ホワイト(WT)
    【サイズ】∅6×12cm
    【付属品】ミニカラビナ
    【対応ヘッドランプサイズ】周囲19.5cm以内

    筆者プロフィール
    私が書きました!
    アウトドアライター
    北村一樹
    関東甲信越の山を中心に、1年を通して日帰りから縦走、沢登りや雪山を楽しんでいます。数日間沢に入って魚を釣りながら山頂を目指し、藪を漕いでいく汗まみれ、泥まみれの登山が大好物。ファミリーキャンプ、ロードバイクでヒルクライムなど、海と山があるのどかな町に住み、暇を見つけては年中山で過ごしています。

    NEW ARTICLES

    『 ランタン・ライト・ランプ 』新着編集部記事

    カメヤマ「オイルランタン」で良質な灯りを堪能!ミニサイズやあわせて使えるギアも紹介

    2024.05.14

    大人気「ミニマライト」特集!3WAY使用可能な高性能コンパクトLEDライト

    2024.05.10

    キャンプにおすすめの懐中電灯10選!キャンプ用の選び方も解説

    2024.05.05

    SOTO「Hinoto(ひのと)」を徹底レビュー!オプションやカスタムも楽しめる

    2024.04.27

    ベアボーンズから真鍮と革使いのミニLEDランタンがでたーっ! 見た目と触り心地の良さを重視

    2024.04.22

    GOAL ZEROが大人気!LEDライト4選の魅力を徹底解説

    2024.04.15

    これぞ逸品遺産!加圧式ガソリンランタン&ケロシンランタンを今こそ使いたい3つの理由

    2024.04.03

    最新ランタン12選!おしゃれなのは?使いやすいのは? 吊るす、置く、くっつくなど機能豊富なものを厳選

    2024.04.02