鳥羽周作シェフ監修の“ふつうの”調味料って?アウトドア料理にもおすすめだった | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 料理・レシピ

    2023.05.14

    鳥羽周作シェフ監修の“ふつうの”調味料って?アウトドア料理にもおすすめだった

    鳥羽習作シェフ監修の「ふつうの調味料」シリーズ

    贅沢な食材がなくても上質な調味料があれば、普段食べている料理が何倍も美味しくなるものだ。そこで今回注目したのが425日に発売された、ミシュランガイド東京2020から4年連続一つ星店『sio(シオ)』の鳥羽周作シェフがレシピ監修する「(ふつうの)胡椒」と「(ふつうの)出汁」。大人気シェフが監修する“ふつう”の調味料、かなり気になる!

    新登場の胡椒&出汁は“ふつう”ではないこだわり満載

    鳥羽周作シェフがレシピ監修するD2Cブランド「(ふつうの)ショップ」は、これまでに「(ふつうの)マヨネーズ」、「(ふつうの)ケチャップ」、「(ふつうの)塩」、「(ふつうの)ドレッシング」の4種類の調味料をECサイトやsioが運営するレストラン「Hotel’s」などで販売してきた。

    「(ふつうの)胡椒」単品商品:1セット(3瓶・化粧箱入り) ¥3,480 、定期商品:1セット/月(3瓶・化粧箱なし) ¥2,980

    「(ふつうの)胡椒」単品商品:1セット(3瓶・化粧箱入り) ¥3,480 、定期商品:1セット/月(3瓶・化粧箱なし) ¥2,980

    「(ふつうの)胡椒」を使った卵サンド

    「(ふつうの)胡椒」を使った卵サンド

    今回新たに発売された「(ふつうの)胡椒」が目指したのは、そのまま食べてもおいしいほどやさしい生胡椒。カタクチイワシを食塩に漬け込み、自然落下した液体のみをていねいに抽出。そこに黒胡椒を漬け込んでいる。さらに隠し味のハチミツを垂らすことで、そのまま食べてもおいしいほどやさしく、何にでもマッチする飽きの来ない生胡椒が完成した。

    「(ふつうの)出汁」単品商品:1袋 ¥1,400、定期商品:3袋/月 ¥3,300

    「(ふつうの)出汁」単品商品:1袋 ¥1,400、定期商品:3袋/月 ¥3,300

    一方「(ふつうの)出汁」は、6つの国産素材(かつお荒節、かつお枯節、さば節、ホタテ、焼きあご、煮干し)を使用しながらも素材を突出させないことにこだわり、配合の微調整を繰り返した。毎日つかえる出汁を目指しており、汁物、煮物、おひたし、だし巻き玉子など幅広く活用することができる。

    「調味料セット(6種)」  7,490円(送料無料)

    「調味料セット(6種)」 7,490円(送料無料)

    こちらは「(ふつうの)マヨネーズ」、「(ふつうの)ケチャップ」、「(ふつうの)塩」、「(ふつうの)ドレッシング」も加え、6種を組み合わせたお得なセット。ECサイト「(ふつうの)ショップ 」で取り扱いをしている。

    余分な荷物を減らして、凝った工程をできるだけ省きたいアウトドア料理こそ、上質な調味料をぜひ活用したいもの。自分で購入するのはもちろん、プレゼントにも最適だ。

    (ふつうの)ショップ https://futsuno.shop/

    NEW ARTICLES

    『 料理・レシピ 』新着編集部記事

    カルディで見つけたおすすめ調味料10選!人気商品の活用方法もあわせて紹介

    2024.03.03

    缶詰を使って簡単・旨い!失敗しない炊き込みご飯レシピ3選

    2024.03.02

    飯盒で作る“ねぎま汁”レシピ!そのままでもご飯にかけても旨い【自衛隊出身芸人トッカグン小野寺の極上サバイバル飯 VOL.7】

    2024.02.29

    春に採れる山菜の種類。山菜を使ったおすすめレシピも紹介

    2024.02.27

    ビア缶チキンの美味しい作り方!キャンプやバーベキューで簡単に美味しくできる新定番

    2024.02.25

    季節ごとの代表的な食べられる雑草!見分け方のハンドブックも紹介

    2024.02.25

    余ったマシュマロを再活用!一粒で二度美味しい「キャラメルポップコーン」の作り方

    2024.02.25

    最優秀賞受賞「サワークリーム スパイス」で作るアウトドアおつまみレシピ2選

    2024.02.24