関西の登山ならまずは「六甲山」へ!山ガールが初心者おすすめルートを解説 | 山・ハイキング・クライミング 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 山・ハイキング・クライミング

    2023.05.04

    関西の登山ならまずは「六甲山」へ!山ガールが初心者おすすめルートを解説

    六甲山風吹岩

    「六甲山」という名前は、関西に住んでいる登山好きの方なら一度は聞いたことがあると思います。

    関西では有名な六甲山は、無数にルートがあり、初心者の方から上級者の方まで楽しむことができる山です。

    今回は、そんな六甲山のルートの中でも、初心者の方におすすめな登山コースを紹介します。紹介したルートを参考に、お近くの方はぜひ六甲山を楽しんでもらえればと思います。

    六甲山は遠くて行けないという方も、記事を読んで登山気分を味わってくださいね。

    六甲山とは?

    六甲山は、兵庫県南東部・神戸市街地の西から北にかけて位置する山で、標高は931mです。

    新日本百名山、日本三百名山の1つでもあります。

    一般的に六甲山域のことを言い、六甲山域には鉢伏山・横尾山・高取山・菊水山・再度山・摩耶山・六甲山・甲山などが連なっています。

    六甲全山縦走として、兵庫県神戸市須磨浦公園から宝塚までの全長56kmを1日で歩く大会などもあります。

    登山ルートのバリエーションが豊富

    六甲山には無数にルートがあり、六甲山ビジターサイト(https://rokkosan.center/hikingcours)に載っているルートだけでも22ルートあります。

    登山口も、人気の高い高座ノ滝のほか、東おたふく山登山口、有馬温泉登山口など複数あります。

    気軽なハイキングからがっつり登山まで、自分のレベルに合ったルートを選ぶことができるのは六甲山の魅力の1つです。

    ルートが多いので、毎回違うルートで新しい発見を期待しながら登るのも楽しみ方の1つですね。

    初心者におすすめの六甲山登山ルート

    今回は、登る方が多い高座ノ滝登山口からのルートを紹介します。当ルートの所要時間は約5時間です。

    このルートは交通の便が良く、ロックガーデンや風吹岩など写真スポットもたくさんあるため人気を集めています。

    また、下山を有馬温泉口にすることで、日帰り温泉も楽しむことができますよ。

    阪急芦屋川前

    休日は登山客でにぎわっています。

    阪急芦屋川駅から30分かけて登山口へ

    高座ノ滝登山口へは、阪急芦屋川駅から行きます。休日の駅前広場は、登山客でにぎわっています。

    六甲山はお手洗いスポットがあまりないので、駅付近でお手洗いに行ってからスタートすることをおすすめします。

    登山口までの道のり

    市街地を進んでいきます。

    登山口までは駅から30分程度、市街地を進んでいきます。歩道がないため、車やバイクに気を付けながら歩いてください。

    登山客も多いので道に迷うことは少ないと思いますが、分岐などではしっかりと標識を確認しながら進みましょう。

    「滝の茶屋」を目印に登山スタート

    登山口

    「滝の茶屋」を発見!

    「滝の茶屋」を目印に、本格的な登山がスタートです。ここでは、軽食などを食べることができるので、気になる方は寄ってみてもいいでしょう。

    高座ノ滝

    自然と触れ合える高座ノ滝。

    「滝の茶屋」から少し登ると、最初の写真スポット・高座ノ滝が見えてきます。

    滝をバックに写真を撮ることもできるので、ぜひみなさんも記念に撮ってみてはいかがでしょうか。

    そして、ここからはロックガーデンの始まりです。岩を乗り越えたり、簡単な鎖場を進んだりするので、安全に気を付けながら登っていきましょう。

    ロックガーデン

    大小さまざまな岩を乗り越えていきます。

    神戸を一望

    振り返ると神戸を一望することができます。

    ツツジを見ながら登るのも楽しい六甲山

    ヤマツヅジ

    ヤマツツジが咲いていました。

    六甲山には、多様なツツジが咲いています。お花に注目しながら登るのも楽しみ方の1つです。

    今回のルートでよく見かけるツツジは「コバノミツバツツジ」と言い、3月から5月が見頃です。

    その他にも、ヤマツツジや、シロバナウンゼンツツジ、バイカツツジ、ホツツジなど、様々なツツジが咲いているのでぜひ探してみてください。

    登山道を歩く様子

    ロックガーデンを超えていきます。

    ツツジを眺めながら、岩に気をつけて歩くこと40分。

    六甲山の有名スポット「風吹岩」に到着

    二番目の写真スポットであり、六甲山の中でも有名な「風吹岩」に到着です。

    風吹岩

    街並みを一望できる風吹岩。

    風吹岩(かざふきいわ)は、花崗岩(かこうがん)の岩です。岩の上からは、街並みが一望でき、休憩スポットとしても人気です。

    岩の上で写真を撮る場合や、休憩をする場合には、ほかの登山客の邪魔にならないよう気をつけましょう。

    また、油断していると落ちる危険もあるので、安全に気を付けながらゆっくり登ってください。

    最高峰の絶景を楽しんだ後は有馬温泉へ!

    六甲山頂

    六甲山頂に到着!

    風吹岩から、さらに100分ほど登ると六甲最高峰に到着です。

    風吹岩からは、それまでのコースと打って変わって木々の中を歩いたり、沢を渡ったりする道が続きます。途中にある雨ヶ峠という場所には、ベンチやあずまやもあるので、お昼休憩などをゆっくり取ることもできます。

    雨ヶ峠以降は急な坂が続くので、頑張って登りましょう。

    六甲最高峰から有馬温泉口までは約1時間程度で降りられるので、六甲最高峰からの絶景を楽しんだら有馬温泉へ下山し、温泉や食べ歩きを楽しむのがおすすめです。

    さらにお手軽なハイキングコースも!

    ちなみに、急な坂道などは体力的に不安だけど、絶景を楽しみたい!という方には、以下のようなルートがおすすめです。

    芦屋川駅から先ほど紹介したルートで風吹岩まで登り、そこから阪急岡本駅へ降りるルートです。このルートの場合、所要時間2時間30分程度で、のんびりハイキングを楽しむことができます。

    風吹岩からは、金鳥山を目指して歩いていきます。標識があるので、それに従って進んでいきましょう。

    金鳥山までのルート

    金鳥山までのルートには綺麗な花が咲いています。

    登山道にはツツジも咲いており、お花を見ながらのんびり歩くことができます。

    金鳥山

    金鳥山の標識。

    標識に沿って進むと、金鳥山に到着です。標識は小さいので、見逃さないようにしましょう。

    休憩所

    景色を眺めながら休憩できます。

    金鳥山を過ぎたら、保久良神社へ向かって下山しましょう。

    途中には、神戸の街並みを見ながら休憩できる場所もあるので、お昼ごはんをここで食べるのもおすすめです。

    そこから阪急岡本駅へ向かって降りるとゴールです。阪急岡本駅周辺には、カフェなどもあるので下山後に楽しむのもいいでしょう。

    まだまだ知らない六甲山の魅力

    いかがでしたか。六甲山にはまだまだ一般的には知られていないたくさんの魅力があります。ぜひ、いろんなルートを登ってみてくださいね。

    私が書きました!
    アウトドアライター
    maho
    大学時代に日本一の山に登りたい!と富士山に登ったことがきっかけで山登りにはまり、今年で8年。現在は、全国各地の山に登り登山を楽しんでいます。登山をしてみたい!と思ってもらえるよう、山登りの魅力を発信していきます。

    NEW ARTICLES

    『 山・ハイキング・クライミング 』新着編集部記事

    山登り愛好家8人が激押しする、この時期登りたい景色のいい山BEST 18

    2024.05.19

    人混みを越え、浅草にある弁天山へ【プロハイカー斉藤正史のTOKYO山頂ガイド File.56】

    2024.05.18

    低山でも絶景!富士山を一望できる三ツ峠山へ登ってみよう

    2024.05.17

    お洒落な恵比寿で目黒新富士跡へ向かう【プロハイカー斉藤正史のTOKYO山頂ガイド File.55】

    2024.05.16

    神奈川県の塔ノ岳はきついけど…登山の甲斐あり!オールシーズン楽しめるぞ

    2024.05.13

    目黒元富士跡からの…築山発見!【プロハイカー斉藤正史のTOKYO山頂ガイド File.54】

    2024.05.12

    代官山ほど近くの西郷山を目指し西郷山公園へ【プロハイカー斉藤正史のTOKYO山頂ガイド File.53】

    2024.05.10

    第1回で紹介した愛宕山へ再登山!【プロハイカー斉藤正史のTOKYO山頂ガイド File.52】

    2024.05.09