100年の歴史を持つアウトドアブランド「ogawa」の新店が柏の葉T-SITEにオープン! | アウトドアショップ・自然派の店 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アウトドアショップ・自然派の店

    2017.03.17

    100年の歴史を持つアウトドアブランド「ogawa」の新店が柏の葉T-SITEにオープン!

    1_D7K9094柏の葉T-SITEの別棟に生まれた「GRAND lodge KASHIWANOHA」。

    親子一緒にテントで遊べる新アウトドアショップ

     100年の歴史を持つアウトドアブランド「ogawaのコンセプトショップ「GRAND lodge」2号店が誕生した。場所は、TSUTAYAを運営するCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)が展開する複合型商業施設「柏の葉T-SITE(千葉県柏市若柴227-7)内。

     千葉・柏市は教育環境がよく、子育て世代に注目されている街ということもあり、柏の葉T-SITE のコンセプトは“子どものためのT-SITE”。児童書専門の書店やキッズアパレル店があるほか、親子で楽しめるワークショップを積極的に開催しており、32日のオープン以降、多くのファミリーが訪れている。

     昨年オープンした東京・新木場の「GRAND lodge 」1号店同様、GRAND lodge KASHIWANOHAにはogawaを代表するテントを常時展示している。当然、柏の葉T-SITEを訪れた子どもたちが素通りできるはずはなく、テントで遊ぶ親子の姿が絶えないのがおもしろい。

    「オープン以降、たくさんのファミリーが来店されました。2030代の若いご家族が多く、1990年代の第二次キャンプブームに赤ちゃんだったり生まれていなかったり。そのためキャンプ用品に触れたことのない方、キャンプメーカーをまったく知らない方は珍しくありません。親も子も、初めて触れたテントが『ogawaとなるので、店内にテントを建てた甲斐がありました」(ストア マネージャー 福吉直也さん) 

    3 店内は「ogawa」のテントを代表する『ピルツ』や、新作テントの『トレス』を展示。蜂の巣型の什器も印象的だ。

    NEW ARTICLES

    『 アウトドアショップ・自然派の店 』新着編集部記事

    パタゴニアがある三井アウトレットは?全国の直営店もチェック

    2024.06.22

    雨の日のコーデ、どうしてる?アウトドアブランドのショップスタッフ10人に聞いてみた

    2024.06.22

    Helinox初の海外直営店「Helinox Creative Center Tokyo」で1周年イベント開催! 

    2024.06.02

    キャンプ用品買取店のおすすめ11選!高く売るコツも解説

    2024.05.22

    NANGA初となる布団専門の店舗「NANGA FUTON SHOP」がオープン!

    2024.05.04

    祝OPENで行ってきた!「スノーピーク 鹿沼キャンプフィールド & スパ」完全ガイド

    2024.04.17

    コストコに入店できる人数を徹底解説!東京近郊の店舗もチェック

    2024.03.22

    昭島アウトドアヴィレッジとは?体験型の商業施設を徹底解剖

    2024.03.17