荷物軽量化の第一歩はクッカーから!143gのエバニュー「チタンUL ソロセット750」が超優秀 | 調理器具・食器 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 調理器具・食器

    2023.03.22

    荷物軽量化の第一歩はクッカーから!143gのエバニュー「チタンUL ソロセット750」が超優秀

    タンULソロセット750

    筆者私物のクッカーセット。

    登山を始めて、多くの人がぶつかるのが“軽量化の壁”だと思います。

    荷物を軽量化することで疲れにくくなり、より楽に、より遠くの山を目指せるようになります。しかし、初心者の方は軽量化をするにあたり、何から手をつけていいのかわからない、という場合も多いでしょう。

    何を隠そう、筆者もそのような悩みを持つひとりでした。

    たいていはザックの重量が大きいことから、ザックの軽量化から考えてしまいがちです。しかし、中身が重いままでザックのみ軽量化をしても、耐荷重などの面からリスクを伴うためおすすめはできません。

    そこで筆者は、初心者の方にはまず、“クッカーの軽量化”をおすすめします。

    今回は、クッカーを軽量化する際におすすめしたい、エバニューの「チタンUL ソロセット750」(Ti U.L. Solo set 750)を紹介します。

    チタンUL ソロセット750の特徴

    チタンUL ソロセット750は、エバニューの定番であるチタン「400FDカップ」(Ti 400FD Cup)と、750ccのポットがセットになった、ソロクッカーセットです。

    チタン400FDカップはその絶妙な容量から、コーヒーカップやインスタント麺のお椀、ご飯茶碗としても使える万能ギア。

    そして、750ccのポットは、パスタや棒ラーメンなどが作りやすい蓋付き深型のポットで、こちらも非常に使い勝手が良いギアです。

    重量はわずか143g

    チタンクッカーの重量

    重量はわずか143g。

    チタンと聞くと、「軽い」という印象を受ける人が多いと思いますが、実は比重を見るとチタンよりもアルミの方が小さいです。

    つまり、同じ体積ならチタンよりもアルミの方が軽くなります。

    しかし、アウトドアのチタン製品はアルミ製品よりも軽くなっているものが多いのです。少し不思議ですよね。その理由は、チタンの強度にあります。

    チタン製品は薄くしても強度を保てるので、軽いアウトドアギアを作ることができるのです。

    そんなチタン製品であるチタンUL ソロセット750の重量は、筆者実測で143g(※メーカー公式は149g)となっており、超軽量です。

    筆者私物のアルミ製クッカー。

    筆者が以前使っていたクッカーは、アルミ製で重量は実測で223gでした。その差は80g。チタンUL ソロセット750にすることで、約35%の軽量化ができたことになります。

    たった80g、と思うかもしれませんが、千里の道も一歩から。

    この数字が積み重なって数百グラム、数キログラムの軽量化につながっていくのです。

    スタッキングして収納できる

    クッカーセット

    筆者のクッカーセット。

    チタンUL ソロセット750は、スタッキングして収納できるのも一つの特徴。

    筆者が実際に山へ持って行っているクッカーセットは、以下のようなラインナップになっています。

    • チタンUL ソロセット750
    • 110サイズのガス缶
    • SOTO ウインドマスター
    • TOAKS チタニウム リッド LID-D95
    • バーナーパッド

    これらをスタッキングし、収納袋に入れて持ち運んでいます。

    ポットにガス缶

    ガス缶は上下逆に入れます。

    まず、750ccのポットにガス缶とバーナーを入れます。

    その時にガス缶を上下逆さまにすると、上部のスペースを確保できてバーナーを入れやすくなります。

    クッカーをスタッキング

    全てをスタッキング。

    ガス缶とバーナーが入った750ccのポットを400FDカップに入れて、フタとバーナーパッドを上に重ねます。

    収納袋に入ったクッカーセット

    収納袋に入れます。

    全てのクッカーセットを収納袋に入れると、なんとか収まります。

    このように、クッカーセットをスタッキングできるのもチタンUL ソロセット750の特徴と言えます。軽量化とともに、コンパクトに収まるのは嬉しいポイントですね。

    チタンUL ソロセット750を実際に使った様子

    キーマカレーの材料

    キーマカレーの材料。

    ここからは、チタンUL ソロセット750を実際に使用している様子を紹介します。

    筆者が登山の際に食べるのは、アルファ米やフリーズドライのカレーなどが多いのですが、今回はチタンUL ソロセット750で茶碗一杯分の0.5合を炊飯し、レトルトのキーマカレーを作ってみました。

    なお、チタン製クッカーでの炊飯は、非常に難しく焦げつきやすいので、炊飯袋を利用するのがおすすめです。

    炊飯袋というのは、生米を袋に入れて多めのお湯で煮るだけでご飯が炊ける、という優れもので、100円ショップなどで手軽に購入することができます。

    炊飯袋にお米

    炊飯袋にお米を入れます。

    まず、炊飯から行なっていきます。

    炊飯袋にお米を入れて、口の部分を折り返して閉じます。

    炊飯とキーマカレーを加熱

    炊飯とキーマカレー加熱を同時に。

    次に、750ccのポットにお水500ccとキーマカレーを入れて、沸騰させます。

    沸騰したら、そこに炊飯袋ごとお米を入れます。吹きこぼれやすいので、火力を調整しながら15分間加熱しましょう。

    チタンは熱伝導率が低く、焦げつきやすいので、この時バーナーパッドを使用すると便利です。

    お米をカップに入れる

    炊けたら400FDカップにご飯を入れます。

    15分たったらお米を取り出して、400FDカップに炊飯袋ごと移します。

    400FDカップにフタ

    フタをして蒸らします。

    フタをして、10分から15分蒸らします。

    手ぬぐいで包んで蒸らす

    手ぬぐいで包むと効果的。

    手ぬぐいで包むとご飯の温度が下がりにくく、効果的に蒸らすことができます。

    キーマカレーと豚汁

    キーマカレーと豚汁。

    蒸らし終わったら、袋からご飯を取り出して、キーマカレーをかけて完成です。

    今回は山での食事を想定し、効率よく調理してお湯を余らせないように、お米をゆでたお湯にフリーズドライの豚汁を入れて一品追加しました。

    チタン400FDカップは、カレーライス一人分が収まってしまう容量なので、食器としても十分優秀。750ccのポットもレトルトの湯煎と炊飯が同時にできる深さで、使い勝手がとても良いです。

    使い勝手と軽量化を両立させたソロクッカー

    今回は軽量化の第一歩にぴったりの、チタンUL ソロセット750を紹介しました。

    使い勝手と軽量化を両立させた、とても優れたソロクッカーです。

    ぜひ、ここからあなたの軽量化を進めて、より快適に遠くの山を目指してみてもらえればと思います。

    私が書きました!
    アウトドアガイド・ライター
    すー(鈴木 隆)
    日光市生まれ日光市育ち。40代で脱サラ後に、カナダに留学して退職金を使い果たす。帰国後は観光関係の仕事をしつつ、アウトドアガイドとしても働く日々を送っています。キャンプ、登山、ロードバイク、トレランなど外遊びが趣味で、楽しく働いて生活することをモットーとしています。

    NEW ARTICLES

    『 調理器具・食器 』新着編集部記事

    炊く、煮る、焼く、蒸す!曲げわっぱをモチーフにしたスノーピーク「ワッパークッカー」

    2024.04.22

    HARIOのおすすめコーヒーミルを紹介!アウトドア向けモデルも

    2024.04.20

    スノーピークマグカップ5選|保温保冷に優れ軽量丈夫な名品チタンマグ

    2024.04.20

    キャンプでのコーヒー時間がリッチに!ゼブランからアウトドアで使うガラスサーバーが登場

    2024.04.12

    アウトドアの食器問題を解決!原料は紙と漆でわずか14gと軽量、かつ丈夫な新感覚漆器はいかが?

    2024.04.11

    人気のライスクッカー5選|キャンプで簡単に美味しいご飯を炊こう!

    2024.04.09

    アウトドアで至福の料理が楽しめるおすすめ調理器具11選!自然に優しいテーブルウェアも紹介

    2024.04.05

    カルディで買えちゃう!小型で便利なアウトドア用クッカーが数量限定で登場

    2024.03.31