人気沸騰!パーゴワークスのバックパック「BUDDY33」を推したい3つの理由 | バックパック・バッグ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • バックパック・バッグ

    2023.03.13

    人気沸騰!パーゴワークスのバックパック「BUDDY33」を推したい3つの理由

    著者がBUDDY33を背負っている様子。

    写真のBUDDY33は筆者の私物です。

    今回ご紹介するのは、PAAGO WORKS(パーゴワークス)のBUDDY33というバックパックです。

    日帰りのハイキングや山小屋泊の登山にピッタリサイズのバックパックですが、荷物を厳選すれば徒歩キャンプにも使用できます。

    もちろん、バックパックを選ぶ上で重要な要素である、背負い心地も抜群です。

    個性的なのに扱いやすい、BUDDY33の魅力を愛用者目線でお伝えします。

    ※今回写真で紹介している筆者私物のBUDDY33は、旧モデルです。基本スペックは同様ですが、2022年に発表された最新モデルとはポケットの位置や、ショルダーハーネスのサイズなど細かな違いがあります。

    \関連記事を読む/
    2位はパーゴワークス、1位は…?いま売れているバックパック15選【30リットル未満編】

    BUDDY33は長時間背負っても疲れにくい理由

    BUDDY33は背負い心地が非常によく、長時間背負っていてもあまり疲れません。まずはその理由をお伝えします。

    しっかりとしたアルミ製フレーム

    BUDDY33のフレームを著者が持っている様子。

    フレームはしっかりとしたアルミ製です。

    他社の同サイズのバックパックの場合、多くのものが樹脂製のフレームを採用しています。

    その点、BUDDY33にはアルミ製のフレームが採用されています。フレームは背中の形に添うように湾曲しており、吸いつくようにフィットします。

    このフレームのおかげで安定感があり、非常に快適な背負い心地を実現しています。

    逆台形の形をした本体部分

    BUDDY33 の背面の全体画像。

    形状が逆台形。バックパックの上部のほうが多くの荷物が入ります。

    バックパックの中に荷物をパッキングする際の鉄則といえば、荷物の重心を上部(肩甲骨のあたり)にし、バックパックを体にぴったりと寄せること。そうすることで、荷物の重みが背中全体に分散されて、背負うのが楽になります。

    逆台形の形状をしたBUDDY33の場合、バックパック下部よりも上部に収納力があります。そのため、自ずと荷物が上部に集まり、重心の位置も上部にきます。パッキング初心者でも適切な重心の位置を定めやすく、体に負担をかけずに荷物を背負うことができるでしょう。

    これらの理由から、BUDDY33は長時間背負っても疲れにくくなっているのです。

    BUDDY33の魅力的な特徴

    もちろん、BUDDY33は長時間背負っても疲れにくいだけでなく、他にも魅力があります。

    1.普段使いにもマッチするクラシカルなデザイン

    BUDDY33は丸みを帯びた、クラシカルなデザインが特徴。見た目もおしゃれで主張が少ないため、街での普段使いにもマッチするでしょう。

    buddy33nの表面記事のアップ。

    写真のカラーはダークベージュ。

    表面の素材はナイロンですが光沢がなく、一見するとコットンのようです。

    カラーはダークベージュ、アーバングレー、モスグリーンの3色。どれも落ち着いたカラーなので、その点においてもデイリーユースとして違和感が出にくいです。

    2.見た目以上の収納力を誇るたくさんのポケット

    BUDDY33にはメイン収納以外にたくさんのポケットがあり、見た目以上の収納力があります。ここでは、各ポケットを紹介します。

    トップポケット

    トップポケットを開けている様子。

    バックパックの上部にあるトップポケット。

    バックパックの上部。メイン収納を上からすっぽりと覆う雨蓋(あまぶた)は、トップポケットになっています。

    BUDDY33のトップポケットは、深みがあり容量が大きいため、多くの荷物が入ります。

    飲み物のボトル、歩行中に食べる行動食、寒くなった時に羽織るダウンジャケットなどの、行動中にサッと取り出したいものを無理なく収納できるのが魅力です。

    フロントポケット

    フロントポケットの蓋部分を手で握っている様子。

    縦長のフロントポケット。

    フロントポケットは縦長です。

    容量はそこまで大きくはありませんが、休憩時に下に敷くレジャーシートや、雨天に羽織るレインジャケットなど、薄くて縦長に折りたためる道具を収納するのにぴったりのポケットです。

    サイドポケットとサイドストラップ

    サイドポケットのアップ画像。

    両脇にあるサイドポケット。

    BUDDY33の側面にはサイドポケットがあり、ボトル類を収納するのに便利です。

    ポケットの上部はドローコードで絞められるようになっているため、入れた荷物をしっかりとホールドできます。側面にはサイドストラップがあるため、テントポールなどの長いものを入れた場合もしっかりと固定できるでしょう。

    と、ここまでは一般的なバックパックにもよくある機能ですが、BUDDY33がユニークなのはサイドストラップの場所を自由に変えられる点です。

    サイドストラップのパーツのアップ画像。

    サイドストラップの両先端にはパーツがあり、好きな場所の切れ込みに固定できます。

    バックパックの両脇には切れ込みがあり、好きな位置にストラップを付け替えられます。

    サイドストラップを固定する荷物の長さに合わせたり、荷物がひっかけやすい位置にしたりと、自分の使いやすいようにカスタムできるのはうれしいですね。

    小物が入るミニポケットが2つ

    BUDDY33の内側の画像。ポケットが2つあるのがわかる。

    内側にある2つのミニポケット。

    雨蓋の裏側と、メイン収納の内側上部には、小物を仕分けるのに便利なミニポケットがあります。細々としたものを入れたり、車の鍵や財布などの貴重品を入れたりするのに便利なポケットです。

    ボトムポケット

    本体の底にあるボトムポケットは背負った状態でも手が届き、開け閉めができます。筆者は、ここへ雨天時に使用する防水のザックカバーを収納しています。

    3.荷物の出し入れがしやすい

    メイン収納の入口部分のアップ画像。

    両サイドのオレンジベルトを広げれば、ワンタッチでメイン収納が開きます。

    BUDDY33は、荷物の出し入れがしやすいバックパックです。

    メイン収納の開口部は巾着状になっており、左右にはオレンジのベルトがついています。ベルトを横に引っ張れば、パッと巾着が開くため、すぐ荷物にアクセスできます。

    サイドにあるジッパーを開けている様子。

    両サイドのジッパーから底の荷物を取り出せます。

    また、両サイドにはジッパーがあります。

    わざわざ上の荷物を出さなくても、このジッパーを開けるだけでメイン収納の底にある荷物を取り出せるのが便利ですね。

    実際に荷物をパッキングしてみた

    BUDDY33と荷物が並んでいる。

    厳選した冬季、2泊3日分の荷物。

    実際に、BUDDY33に荷物をパッキングしてみました。

    パッキングしたのは、2泊3日のテント泊(冬季)を想定して厳選した荷物。

    テント、マット、調理器具、防寒着、モバイルバッテリーやランタンなどのガジェット類などに加え、6食分のフリーズドライ食品を入れることができました。

    もし暖かい季節に出かけるならば、冬用のかさばるエアマットや防寒着を省くことができるため、荷物はさらに減らせます。テントや寝袋、マットなどのかさばりがちな道具を、軽量でコンパクトなものにすれば、余裕でテント泊用の荷物を収納できると思います。

    BUDDY33は使い勝手がいいおすすめのバックパック

    BUDDY33はあちこちにポケットや、気の利いたギミックがある使い勝手のいいバックパックです。

    キャンプや登山などのアウトドアだけでなく、街での普段使いにもおすすめです。ぜひ、その背負い心地を体験してくださいね!

    PAAGO WORKS BUDDY33

    サイズ:600x250x250 mm
    容量:33L
    重量:1100g
    主素材:ナイロン 330D テフロンコーティング
    カラー:ダークベージュ、アーバングレー、モスグリーン
    価格:¥20,900(税込)
    私が書きました!
    アウトドアライター
    のまどう
    行く先のあてもないバックパッキング、ソロキャンプ、登山が大好物です。とはいえフラフラは出来ず、最近は子供とのキャンプと自宅に並べたギアを眺めての想像の旅に夢中です。千葉の最南端在住。田舎暮らし満喫中。

    NEW ARTICLES

    『 バックパック・バッグ 』新着編集部記事

    GREGORYのロングセラーバックパックにコンパクトで機能的な新モデルが登場

    2024.05.28

    この三角形が使いやすい!アウトドアでおすすめのショルダーバッグを紹介

    2024.05.17

    キャンプには「腰鉈」ならぬ「サコ鉈」がおすすめ!火おこし道具や調理道具も一緒に

    2024.05.16

    ハイカーに人気のデイパック「Thule AllTrail」が、タウンでも使いやすくなった!

    2024.05.15

    街でもデイキャンプでも!軽量でおしゃれ、保冷機能も抜群なソフトクーラーバッグを発見

    2024.05.14

    パーゴワークス「RUSH 10」愛用レビュー!トレランのバックパックエントリーモデルはこれだ

    2024.05.12

    ドライバッグ11選|雨の日や、川海などのレジャーに欠かせない防水バッグ

    2024.05.05

    マックパックとはどんなブランド?特徴やおすすめモデルを紹介

    2024.05.04