2023年注目の新商品は?スノーピーク展示会「New Products Show 」で見つけたもの | アウトドアブランド 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アウトドアブランド

    2023.02.28

    2023年注目の新商品は?スノーピーク展示会「New Products Show 」で見つけたもの

    アウトドアメーカーのスノーピークでは、新製品を発売前に体験できる展示会「New Products Show」を全国9会場とオンラインにて実施しています。

    2023年春より順次発売予定のエントリー層向けテント「ランドネスト」を始め、新商品が全国の会場を巡回。発売前に実際に触れられるとあって、毎回人気となっています。

    参加は事前予約制。

    スノーピーク 昭島アウトドアヴィレッジの会場では、土日開催で各日午前と午後の2回、ランドネストの組み立て講習会を実施。

    常設店舗でも展示が限られるテントのサイズ比較など、直接見て、触れて、新商品をチェックできます。

    スタッフによるランドネストの設営講習会。

    講習会のタイミング以外でも、組み立て済のテントをチェックできます。写真は左がMサイズ、右奥がSサイズのランドネストを組み合わせた形。

    入口は高さがあり、居住空間が大きいランドネストMを実際に座って体験中。

    スノーピークの久保大輔氏が語る「New Products Show 2023」

    2023年4月まで続く2023年度の「New Products Show」について、スノーピークの久保大輔氏に話を聞きました。

    「実物が見たい!」というニーズに応える展示会

    ―一般の方向けの発売前の展示会はいつ頃から始まったのでしょうか?

    「New Products Show」自体は以前から実施しています。というのも、私たちのカタログのリリースは12月。そこで翌年の新製品がお披露目になります。実際にユーザーの皆様のお手元に届くのが5月から6月頃になる製品が多いのですが、まずは実物を見たいというニーズに対応すべく、「New Products Show」という形で巡回しています。

    カタログにスペックなどは詳しく書いてはありますが、サイズ感や質感はやはり実物を見ていただくのが一番いい。そこで春に向けて気に入ったものがあれば、ご予約いただいています

    ―キャンプを始める人が増えるなかで新たに発売となる「ランドネスト」はどういった狙いで作られたのでしょうか?

    もともとスノーピークには立てやすさや、わかりやすさをコンセプトにした、これからキャンプを始める方にもおすすめな『エントリーライン』があります。今回の「ランドネスト」は吊り下げ式で、短時間で簡単に設置できるのが特徴。そして、このオープンタープのマッチングを新たなシリーズとして出していきたいという感じですね。

    テントをアップグレードする買い足し需要が増加中

    ―今回発表されたランドネストはエントリーモデルということですが、これまでの展示会でもエントリー層からの反応が多いのでしょうか?

    エントリー層の方にとってはわかりやすい製品ですし、お値段的にも我々のラインナップの中では最も安い価格帯にしているので、春に向けて予約するエントリー層の方も実際にいらっしゃいます。テントの入り口が高くて出入りしやすく、ビギナーの方でも窮屈感を抱かないのではないでしょうか。

    一方、すでにキャンプを楽しまれている層で、大型のものを使用している方が用途に合わせてサイズダウンしようと追加購入される場合もありますね。

    「ランドネスト」もテントだけ買う方、逆にタープだけ追加で欲しい方、まずはこの両方セットになったものでキャンプデビューしたい方と、需要に合わせて選べるようにしています。

    今回の会場では逆に大きく本格派向けのPro.airというシリーズも展示していて、そちらはアップグレードとしての買い替え需要が人気ですね。

    ユーザーからの要望に応えて開発された2ルームシェルタータイプ「トゥーガ」。

    キャンプはその都度スタイルを変える楽しみ方もあります。テントの寿命がきたので買い替えるというよりも、いろんなキャンプスタイルのために自分で買い足していっている方も多いかもしれないですね。

    直接交流して商品の魅力を伝えていくのがスノーピークらしさ

    ―店舗の展示ではなく、キャラバン形式で回っているのはなぜですか?

    弊社で実施しているキャンプイベントなどでエンドユーザーの方々に会いに行くのと同じ理由です。カタログとかインターネットなどで情報を出していても、やっぱり自分たちが直接交流を持って伝えていくというのが、スノーピークらしさでもあるかなと思いますね。

    キャンプ道具は1個買うにも、決して安いものではありません。やはり実物を見て、触って、体感してもらうことが大切だと感じています。そして我々スタッフが現場にいることで、ちゃんと自分たちの思いや、どうしてその製品を発売したかったのかということをユーザーさんとコミュニケションすることができます。その結果として商品を理解いただき、共感した上で、ご予約をもらえたら嬉しいですね。

    気に入った商品が見つかれば、その場で注文もできます。

    展示会来場者のみの特典も用意されています。

    キャンプ以外にも使えるグッズを展示

    今回の「New Products Show 2023」では、テントやタープ以外にも、テーブルやグッズを展示。新商品は順次発売予定で、注文した商品は発売のタイミングで配送または店舗での受け取りとなります。

    また、「New Products Show 2023」の様子はYouTubeでアーカイブ視聴が可能です。

    オーロラボトル 600(写真左 1万7160円 )、オーロラボトル 800(写真右 2万1120円)、カラーはオーシャン。いずれも税込み。

    リニューアルにより、ダブルマグでもスタッキングが可能に。チタンダブルマグ 300(写真左 5280円)、チタンダブルマグ 400(写真右 5940円)。いずれも税込み。

    サヨウ(1万5800円)。税込み。クリア湯呑み2つと収納袋付き。

    チタンダブルボウル 400(写真右 7590円)、チタンダブルボウル 600(写真左 8910円)。いずれも税込み。

    昭島アウトドアヴィレッジのホール部分も活用して、あらゆるサイズの新作テントを展示。

    「2023 New Products Show」特設ウェブサイト 
    https://www.snowpeak.co.jp/event/new2023/
    2023 年発売 新製品 特設ウェブサイト 
    https://www.snowpeak.co.jp/products/new2023/

    取材・文/北本祐子

    NEW ARTICLES

    『 アウトドアブランド 』新着編集部記事

    テーブル「エントリーIGT」のブラックも!スノーピークの公式オンラインストア限定モデルに注目

    2024.07.22

    大人気のアウトドアガレージブランド「アシモクラフツ」個性溢れる夏の新作アイテム4選

    2024.07.13

    コールマンのアウトドアワゴンなど人気3商品に限定色“ヘザーブラック”が登場!

    2024.06.27

    車ステッカーで愛車をアウトドア仕様に!おすすめ9選と活用術を紹介

    2024.06.25

    グリップスワニーの名品グローブ特集!各種類のおすすめポイントも解説

    2024.06.21

    ノースイーグルはコスパ優秀!新作タープからメスティンまでおすすめギアを紹介

    2024.06.20

    GORDON MILLERの魅力とは?おすすめのアイテムも7個紹介

    2024.06.19

    ニュートラルアウトドアのおすすめアイテム10選!お手頃でハイスペックなギア特集

    2024.06.16