廃校がキャンプ場になった!? 都内から1時間で行ける「CAMPiece君津」の魅力に迫る | キャンプ場 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 廃校がキャンプ場になった!? 都内から1時間で行ける「CAMPiece君津」の魅力に迫る

    2023.01.20 渡邉彰大

    廃校キャンプ場

    東京からアクアラインを使い、車で約1時間の千葉県君津市・亀山湖のほど近く。

    そこに廃校を利用してできたキャンプ場があります。

    「CAMPiece君津」

    2020年3月に閉校した旧亀山中学校を再開発し、2022年5月にオープンしたまだ新しいキャンプ場です。

    廃校で行うキャンプにはいったいどのような良さがあるのでしょうか?

    同キャンプ場で校長(代表)をつとめる榎本真也さんにインタビューを行いました。

    校長の榎本さん

    閉校前の卒業生でもある、校長(代表)の榎本さん。

    取材を行っていくと、CAMPiece君津には、

    • 子供も大人もワクワクできる
    • 初心者、家族連れはもちろんベテランも楽しめる
    • キャンパー友達ができやすい
    • 地元のよさを堪能できる

    などのユニークな点が次々と見つかってきました。

    この記事では、取材の様子を通じてその魅力を詳しく紹介します。

    廃校ならではの個性あるキャンプ場

    校舎

    受付などの役割をもつ校舎。

    廃校キャンプ場であるCAMPiece君津では、グラウンド(校庭)だった場所がキャンプサイトとなっており、利用者はそこにテントを張って過ごします。

    場内マップ

    場内マップ

    キャンプサイトとなるグラウンド

    キャンプサイトとなるグラウンド

    校舎の中。

    校舎の中の一室:ホール

    そして、宿泊客は校舎だった建物も利用可能。

    受付、売店、トイレ、シャワーなどのキャンプ場に一般的な設備の他に、以下のような学校ならではのスペースもあり、自由に出入りできます。

    体育館

    自由に利用できる体育館

    視聴覚室(シアタールーム)

    視聴覚室(シアタールーム)

    保健室(ベビールームとして使用可能)

    保健室(ベビールームとして使用可能)

    体育館ではバドミントンやバスケ、玉入れなども自由にできますし、シアタールームではプロジェクターで映画鑑賞ができます。

    また、見覚えのある実験器具の数々が揃う理科室などは、見ているだけで懐かしく、ツアーのように巡るだけで楽しむことができます。

    ※シアタールーム、シャワーは別途料金が必要です

    バトミントンやバスケもできる

    バトミントンやバスケもできる。

    懐かしい器具が目白押しの理科室

    懐かしい器具が目白押しの理科室。

    このように、他にはないコンテンツが数多く揃うCAMPiece君津ですが、この場所でのキャンプを最大限に楽しむにはどのようにして過ごせばいいのでしょうか。同キャンプ場で校長(代表)をつとめる榎本さんに、その魅力を詳しく伺いました。

    子供だけではない、大人もワクワクできる

    校長(代表)の榎本さん

    校長(代表)の榎本さん

    ── 学校で寝泊まりするということは、なかなか出来ない珍しい体験だと思います。学校でキャンプすることの特に魅力的な点は何だと思いますか?

    「大人も子供もワクワクできるところですね。」

    ── お子さんだけでなく、大人もワクワクできるということがポイントですね。

    「はい。大人のお客さまにとっては学校は懐かしい場所で、それぞれに色んな思い出もあると思います。楽しい思い出もあれば、切ない思い出もあるでしょうし、色んなやんちゃをされた方もきっと少なくないですよね(笑)。一方お子さんは、普段の学校でこれだけ好きに走り回ったり、黒板に自由に落書きしたりできないはずです。大人と子どもがそれぞれに、あるいは一緒になって、みんなが楽しめるのは私たちのキャンプ場ならではだと思います。」

    あの日の思い出が蘇る景色がそこかしこに

    あの日の思い出が蘇る景色がそこかしこに。

    黒板にどれだけ落書きしても怒られない

    どれだけ落書きしても怒られない黒板。

    鉄棒のそばのテントサイト

    鉄棒のそばのテントサイト。

    ── 確かに。子供向けの遊具を使って、大人が子供に合わせる形で一緒に遊ぶことはよくあると思いますが、この廃校キャンプ場は大人も忖度なしで純粋に楽しめるのがすごいですよね。子供だけでなく、大人の「楽しい」もきちんと成り立って、両立している。

    「そうですね。そういう意味では家族連れのお客さまだけでなく、仲間内で来た方々にも『すごくよかった』というお声をよくいただきます。卒業してから学校の中に入る機会はほとんどなくなるので、レアな体験という意味で満足度が高いのだと思います」

    音楽室。楽器は自由に演奏してOK

    音楽室。楽器も自由に演奏してOK。

    バスケをして盛り上がる方も多い

    バスケをして盛り上がる大人も多い。

    ── 私も先ほど見学させてもらいながら、つい、はしゃぎ気味になってしまいました。学校に入ることもそうですが、「“夜の”学校で過ごせる」という点も体験の希少性を高めていそうですね。

    「それもありますね。今までできなかった体験ができるところに価値を感じて頂けているのかと。ちなみに、ここの校舎はきれいなので、夜も学校の怪談のような怖さはないので安心してください(笑)」

    夜の校舎

    夜の校舎。温かい灯りがともり落ち着いた雰囲気が漂う。

    夜の廊下。

    夜の廊下。きれいで明るく、怪談をでっち上げるのには不向きだ。

    ── 廃校での夜のおすすめの過ごし方はありますか?

    「校舎の中以外だと、グラウンドを使ったテントサイトは木などの遮蔽物もなく、街灯もないので、空が広く星が本当にきれいに見えます。周囲は自然に囲まれていてすごく静かですよ。」

    夜の校庭でのテント泊はよそでは味わえない

    よそでは味わえない夜の校庭でのテント泊。

    キャンパー友達ができやすいキャンプ場でもある

    校舎から見たキャンプサイト

    校舎から見たキャンプサイト。

    CAMPieceを運営しているのは株式会社運動会屋という企業です。名前のとおり、実は運動会の企画や運営が本業。その本業を活かした取り組みによって、キャンパー同士が交流しやすい環境があることもわかりました。

    ──運動会事業がキャンプ場の運営に活きている部分はありますか?

    「運動会の道具が揃っているので、毎週土曜日にお客さまを集めて綱引き大会などを開催しています。」

    ──綱引きですか?

    「はい。そこで子どもたち同士が仲良くなったり、大人同士でも繋がったりされているようです。南足柄(神奈川県)にもCAMPieceの拠点があるのですが、そこで仲良くなったご家族同士がここCAMpiece君津へキャンプに来られたこともありました。今月もいっしょに来場されるご予約が入っていますよ」

    体育館では玉入れもできる

    玉入れや綱引きなど運動会でおなじみの道具が揃っている。

    ── 素敵ですね。他のキャンプ場にはないユニークな点だと思います。ユニークといえば料金プランの中にある「お手伝いプラン(*2時間程度キャンプ場の作業を手伝うことで料金が格安になるプラン)」も珍しいプランですよね。このプランではどんなお手伝いをするんですか?

    「校舎内のお掃除だったり、芝刈り機をかけてもらったり。あと木の伐採などですね。」

    ──木の伐採ですか!?

    「あ、いえ、チェーンソーで大木を切り倒すわけではなく、小さい枝の剪定ですよ(笑)。でもお客さまの中には、『言ってくれたら(チェーンソー)持ってきたのに』とおっしゃってくれる方もいらっしゃいました(笑)」

    お手伝いプラン作業風景

    お手伝いプランの作業風景。この日のお手伝いはU字溝の掃除。

    ──(笑)。色んな方がプランを利用されてるのですね。このプランの利用者同士でも交流が促されそうだと思いましたが、どうでしょうか?

    「おっしゃるとおりですね。この間も、別々に来られた3人の方にお手伝いプランをご利用いただいたのですが、いっしょに作業していただく中で意気投合されていました。来た直後はそれぞれ離れたところにテントを張っておられたのですが、夜にはいっしょに焚き火にあたって談笑されていました。」

    ──いい話ですね。キャンプという共通の関心事もあって仲を深めやすいという面もありそうです。

    「そう、仲良くなれる土台は既にあるんですよね。最後のひと押しとなるきっかけを私たちで提供できているのであれば何よりです。」

    ──キャンパー友達が欲しくても、そのきっかけが無くて困っている人も多いので、とても意義のあることだと思います。

    「ここで出会ったお客さま同士が楽しそうに交流されているのを見ると、私たちも心の底から嬉しくなります。」

    「どんな人でも楽しめる」と自信を持って言える

    校長

    CAMPieceのことを楽しそうに語る校長(代表)の榎本さん。

    ──とても特徴的な点が多いCAMPiece君津ですが、どのような方に来ていただきたいですか?

    「どんな方でも楽しめると自信を持って言えます。例えば、グラウンドは平らなのでテントを張りやすく初心者の方にも安心です。校舎があるため、急な悪天候のときに避難できる安心感もあります。加えて、屋内でできることも多いこともあって、週末の予報が雨でもキャンセルされるお客さまは少ないですね。」

    平坦な地面はテントを設営しやすい

    元・校庭のテントサイトは平らで設営がしやすい。

    校舎内にはシャワーもあり、水回りもきれい。建物の断熱性も高い

    校舎内にはシャワーもあり、水回りもきれい。建物の断熱性も高い。

    天候を問わず、老若男女に人気の卓球台

    天候を問わず、老若男女に人気の卓球台。

    ──初めてのキャンプで不安も多い初心者の方にはうってつけですね

    「先程申し上げたとおり廃校キャンプ場ならではのよさもあるので、ベテランの方にも新鮮な体験をしていただけると思います。校舎内の保健室でおむつ交換や授乳もできますので、小さいお子さんがいるご家族も安心して来てほしいです。元気ざかりのお子さんとスタッフが遊んでいる間に、テント設営を済ませておられるお客様もよくいらっしゃいます(笑)」

    売店とギアレンタルコーナー

    売店とギアレンタルのコーナー。

    ──すごい、本当にどんな人にも優しいキャンプ場ですね。人に加えて、環境にも配慮されており、今年10月には「ちばSDGsパートナー」の認定を取得されています。どのような取り組みを行われているのですか?

    「地産地消の推進、地元の間伐材を利用した薪、環境に配慮した洗剤とヘチマスポンジ、リサイクル品の活用などを評価していただきました。また、CAMPiece南足柄での取り組みですが、インクルーシブ親子キャンプといって介護が必要なお子さんが参加できるキャンプのイベントも開催いたしました。宿直室や保健室を備えている廃校キャンプ場だからこそ開催できたイベントです。人でも環境でも、あらゆるスポットに目を向けて、配慮が行き届くよう心がけています。」

    校舎内の充実した設備でどんな人でも受け入れられる

    校舎内の充実した設備でどんな人でも受け入れられる。

    地域とともにキャンプ場を活性化させる

    キャンプ場からの眺め。朝には雲海のような景色も。

    キャンプ場からの眺め。朝には雲海のような景色も。

    ──今後はどのようなキャンプ場を目指していかれますか?

    「地域とのつながりを深めながらキャンプ場をもっと活性化していきたいです。実は私はこの学校の卒業生で、ここ亀山は故郷でもあるんですよ。」

    ──なんと、この学校の卒業生なのですね。

    「はい。元々は鉄道会社に勤めていたのですが、キャンプ場がオープンするタイミングでUターンしてきました。以前から地元で働きたい気持ちがあったんです。ですので、この地域の良さを知ってもらって、もっと活性化させたいという思いがあります。それとキャンプ場の活性化をうまく結び付けられればと思っています。」

    図書室には地元の人から寄付された本が並ぶ。

    図書室には地元の人から寄付された本が並ぶ。

    ──具体的にはどのような取り組みを行っていくのですか?

    「例えば、地元の農産物や特産品を売店で販売します。こちらは少しずつ始めていますね。かすみがうら(茨城県)の拠点ではレンコンが特産品で、それを農家さんから直接仕入れて販売しています。100円でうんと大きくて新鮮で美味しいので、社内の人間も霞ヶ浦に出張するときは必ず買って帰るそうです。横芝光(千葉県)の拠点では地元で有名なネギを、宿泊客の皆さんに配って回ったこともありました。」

    スタッフのご家族が作ったお米も販売中

    君津店でもスタッフのご家族が作ったお米を販売中。

    ──野菜はバーベキューで使う人も多いでしょうし、遠出したときはその土地のものを食べたくなるのでキャンパーにとっては嬉しい取り組みです。

    「あとは、地域を盛り上げるためのイベントをこのキャンプ場で行いたいです。そのイベントを通じて地域の人とキャンプ場のお客様が交流できるようにしたいですね。」

    ──この地域出身の榎本さんであれば、地元の方々の後押しも得られやすそうですね。

    「はい。ありがたいことにUターンしてきた私を気にかけてくださる方もたくさんいらっしゃいます。個人的なつながりも活かして、この地域の出身者だからこそできる地元を巻き込んだ取り組みを行っていきたいです。」

    校長の榎本さん

    「どんな人でも満足できるので来てほしい」と榎本さん。

    初心者からベテランまで。そして、ファミリーでも仲間内でも楽しめる、廃校キャンプ場「CAMPiece君津」。

    キャンパー同士の交流や、地域との関わりも深い、とてもユニークなキャンプ場でした。

    アクアラインを使えば東京から車で1時間ほどで、JRの駅も近く鉄道でもアクセスできます。気になった方はぜひ足を運んでみてください。

    お問い合わせ

    CAMPiece君津
    〒292-0532
    千葉県君津市坂畑223-1 旧亀山中学校・旧坂畑小学校
    電話:080-6270-3096
    HP:https://campiece.com/area/kimitsu/

    ワタナベ
    私が書きました!
    ライター・編集者
    渡邉彰大
    元製薬企業研究職・農家生まれの自然を愛するサイエンスライター。独立後、自然豊かな千葉県外房・海岸エリアに移住し、週1~2回ソロキャンプにでかける日々。多くの人が気軽にキャンプを始められるように、初心者向け記事の執筆やイベントの企画などを行っています。キャンプにも役立つ?料理のYouTubeチャンネルもやってます。これまでの執筆記事一覧はこちらから。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 キャンプ場 』新着編集部記事

    BE-PAL厳選!北海道から九州まで、おいしいワインにあえるキャンプ場5選

    2023.01.14

    広大な山林からキャンプ場まで!お得にソト遊びを楽しめるサブスク7選

    2023.01.10

    キャンプのプロが手がける施設をピックアップ!メーカー&ショップの直営キャンプ場5選

    2022.12.13

    パジャマは持ってく…?キャンプ好きファミリーが初グランピング体験

    2022.12.04

    国立公園の絶景の中楽しめる!気仙沼大島、竹野海岸、南阿蘇の休暇村にグランピング施設がオープン

    2022.11.12

    富士山周辺または富士山が見える!おすすめのコテージ付きキャンプ場13選

    2022.11.05

    z