ワークマン「TAKIBI 牛革手袋」のコスパが良すぎるっ!冬の焚き火にマスト | アウトドアウェア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • ワークマン「TAKIBI 牛革手袋」のコスパが良すぎるっ!冬の焚き火にマスト

    2022.12.12

    TAKIBI牛革手袋の写真

    筆者私物。

    コスパ抜群!TAKIBI牛革手袋は手に入れたい便利アイテム!

    今回紹介するのは、ワークマンで販売されている「TAKIBI 牛床革手袋」。

    価格は税込980円と、革手袋としては非常に安価な商品です。

    大人気のワークマンが作った、TAKIBI(焚き火)と名のつくキャンプギア。キャンプ好きとしては、手に取ってみないわけにはいきません。

    本記事では、革手袋をキャンプで使うメリットとTAKIBI 牛床革手袋のおすすめポイントを紹介します。

    革手袋をキャンプで使用したことがない、という方もぜひ参考にしてください。

    キャンプになぜ革手袋が必要なのか?

    まずは、キャンプにおいて、革手袋にどのような役割があるのか解説していきます。

    様々なアクシデントから手を守る

    TAKIBI 牛床革手袋で薪を持っている様子

    薪を持つ際には、怪我防止のために手袋をしましょう。

    薪を持ったり、ハンマーを扱ったり。キャンプでは手が危険に晒されることが多くあります。

    そのような少し危険をともなった行為のアクシデントから手を守ってくれるのが、革手袋です。

    筆者も、焚き火やペグダウンの際には、必ず革手袋を着用するようにしています。

    滑り止め効果がある

    TAKIBI 牛床革手袋とペグハンマーの写真

    ペグダウンする際に滑り止めとして手袋を使うのもおすすめです。

    革手袋には滑り止めとしての役割もあります。

    乾燥する時期に、斧やハンマーを素手で扱うのは危険です。

    そのため、そのような際に牛革手袋を滑り止めとして使用する方も多くいます。

    牛革手袋をはめていると作業がしづらいのでは、と思われるかもしれませんが、そのようなことはありません。

    ジャストサイズの手袋を使えば、設営・撤収などの細かい作業でも、煩わしさを感じる事なく使うことができます。

    キャンプギアとして皮の変化を楽しむ

    TAKIBI 牛床革手袋の汚れや色の変化の写真

    汚れや劣化も経年変化として楽しんでいます。

    革手袋は実用面だけでなく、キャンプの楽しみの一つとしての役割も果たしてくれます。

    それは経年変化が楽しめる、ということです。

    革製品の色や艶の変化を経年変化(エイジング)と呼びますが、もちろんキャンプ用の革手袋も経年変化するのです。

    革が手の形に馴染んだり、色に深みが出たりなどの変化があるため、革の変化を自身のキャンプの歴史として楽しむことができるのです。

    TAKIBI 牛床革手袋のおすすめポイント

    ここからは、TAKIBI 牛床革手袋のおすすめポイントをご紹介していきます。

    熱いものも扱える耐熱性

    TAKIBI 牛床革手袋をはめてスキレットを持っている写真

    長い時間でなければスキレットも持つことができます。

    TAKIBI 牛床革手袋は、耐熱性に優れています。

    • 火にかけているスキレットをつかむ
    • 焚き火の中に薪を出し入れする

    筆者が使った限り、この程度の作業であれば問題なく行えました。キャンプをしていると、この耐熱性にはかなり助けられます。

    網の上のスキレットを動かす、網からスキレットをテーブルに移すなどの作業をトングなしでできるので、手間が減りました。

    また、火の近くで薪を動かしていても数秒であれば熱さを感じないため、焚き火の調整がサッと行えて非常に焚き火が楽になりました。

    もちろん、熱したスキレットを長時間持つなどすると熱さが手に伝わってくる可能性がありますので、熱いものに触れるのは極短時間にしましょう。

    使うほど感じるコスパの良さ

    二つ目のおすすめポイントは、コスパの良さです。

    980円という価格なので、「それなりの商品」なのでは?と思う方もいるかと思います。

    他のアウトドアメーカーの出している革手袋は、3000円〜7000円くらい。そのため、何を隠そう筆者もTAKIBI 牛床革手袋を買う時にはその安さから、「数ヶ月使えればいいかな」といった程度の気持ちでした。

    しかし、実際に使ってみると、何度もキャンプで大活躍。今のところ不具合はありませんし、機能性も問題ありません。

    もしTAKIBI 牛床革手袋が壊れても、また同じものを買いたいと思ってしまうほどコスパが良いギアです。

    使用者への細かい配慮

    手袋の内側と入口をわかりやすく写した写真

    内側の綿構造と、着脱のしやすい入り口。

    三つ目のおすすめポイントは、使用者への細かい配慮。

    • 蒸れやすい内側は綿が使われており、通気性が良い
    • 手首をおおうセミロング丈で火傷を防止
    • 入り口が広く着脱が簡単

    夏は手袋を使うと蒸れるので、通気性が良いのは助かります。焚き火の調節の際には、手首のあたりも熱くなるので、長い丈は非常に安心です。そして、サッと使いたい時に入り口が広く着脱がしやすいと、助かります。

    このように、目立ちにくいながらも便利なポイントがTAKIBI 牛床革手袋には沢山あるのです。

    細かい部分までこだわりが見えるのは、TAKIBI 牛床革手袋の魅力です。

    TAKIBI 牛床革手袋で「ひと手間」ラクに楽しもう!

    今回ご紹介させて頂いたTAKIBI 牛床革手袋は、キャンプの中で「ひと手間」を減らしてくれる、そんなギアです。

    まだ革手袋を使ったことがない、という方にぜひ試してみて欲しいTAKIBI 牛床革手袋。

    興味のある方は、手に取ってみていただければと思います。

    TAKIBI 牛床革手袋

    Sサイズ
    全長 215mm
    中指の長さ 65mm
    手のひら周り 190mm

    フリー
    全長 270mm
    中指の長さ 85mm
    手のひら周り 240mm

    瀬川あずまのプロフィール写真
    私が書きました!
    アウトドアライター
    瀬川あずま
    キャンプが趣味のアウトドアライター。時間や場所に縛られずに働くことを目標にライターを始め、現在はアウトドアや健康系の記事を主に執筆している。休日は趣味に奔走するため、外にいる時間が長い。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 アウトドアウェア 』新着編集部記事

    アウトドアブランドのおすすめダウンジャケット15選!選び方も解説

    2023.02.02

    北海道在住ライターの愛用ジャケットは、使い回しが利く「マウンテンイクイップメント」!

    2023.02.01

    冬のアウトドア・キャンプを楽しむには?防寒対策やギアを紹介

    2023.01.26

    これ、直りますか!? ARC’TERYXの国内初修理サービス「ReBIRDサービスカウンター」で修理を依頼してみた

    2023.01.22

    着心地抜群で即ポカポカ! パワーアークの電熱ベストは冬キャンプに”ベスト”

    2023.01.10

    半世紀愛されるレジェンド級の逸品!シェラデザインズ「マウンテンパーカー」の魅力

    2023.01.07

    z