小さなサイズで大きな存在感!ダイソー「ちょこっとストーブ」がマジで使える | バーナー・燃焼器具 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 小さなサイズで大きな存在感!ダイソー「ちょこっとストーブ」がマジで使える

    2022.11.21

    ちょこっとストーブ畳んである様子

    筆者私物。

    ヒット多数のダイソーから発売されたコスパ抜群のアイテム

    近年のアウトドアブームにより、100円ショップでもアウトドア用品が多数揃えられるようになりました。

    その中でも、特にアウトドア界で話題が絶えないのがダイソー。メスティンなど、売り切れ続出のアイテムを数多く生み出しています。

    そして今回ご紹介するのは、ダイソーの「ちょこっとストーブ」。

    発売当初はそのサイズ感に注目が集まり、「まさに手のひらサイズ」と話題になったアイテムです。

    ちょこっとストーブは、そのサイズ感からは想像できないほど大きな存在感を示す便利なアイテム。この記事では、そんなちょこっとストーブの魅力をご紹介します。

    ちょこっとストーブとは

    ちょこっとストーブを開いた様子

    シンプルながら頼りになるアイテムです。

    ちょこっとストーブは、固形燃料を熱源として使うポケットサイズのストーブ。炊飯や湯沸かしなどに使用することができます。

    220円というリーズナブルな値段ながらも、様々な用途に利用できる便利なアイテムです。

    ちょこっとストーブを手のひらに乗せている

    まさに手のひらサイズ。

    収納時のサイズは横幅10cm、縦6.7cm。女性が手のひらに乗せても余裕があるほど、コンパクトなサイズです。

    同じクオリティであれば、小さくて軽いものを選びたくなるのがキャンパーというもの。このサイズ感だけでも、魅力を感じてしまいますよね。

    使い方も非常に簡単で魅力的。

    ちょこっとストーブのイラストを写した写真

    本体に記載されているイラストのように使います。

    ちょこっとストーブを開き、固形燃料に火をつけるだけ。あとは、調理器具を乗せて調理をすることができます。

    便利だと感じるシチュエーション

    キャンプに欠かせない役割を果たしてくれるちょこっとストーブ。

    筆者は実際に使用していて、以下のようなシチュエーションで「ちょこっとストーブがあって良かった」と感じます。

    2つの調理を同時に進めているとき

    重宝するのは、2つの調理を同時に進めているときです。

    自宅で料理をしているときでも、「コンロが埋まってしまって調理が進まない」という経験は誰でもしたことがあると思います。

    これは、調理器具の数が限られているキャンプではなおさら起きやすい事態。

    焼き網は肉や野菜でいっぱい、シングルバーナーではお湯を沸かしている。さらにもう一つ、同時進行で他の調理を行いたい。このような場面で活躍するのが、ちょこっとストーブです。

    コンパクトサイズのちょこっとストーブがあるだけで、調理のスピードが早くなり、のんびりと過ごす時間を増やすことができます。

    荷物を軽量化したいとき

    「荷物を軽量化したい」と思っているときにも、ちょこっとストーブは私たちを助けてくれます。

    前述した通り、小さくて軽いギアを選びたくなるのがキャンパーというもの。

    そして、さらに軽さを求めているのが、登山を行うハイカーです。

    筆者はキャンプだけでなく登山も行いますが、登山でもやはりちょこっとストーブは大きな役割を果たしてくれます。

    山頂でお湯を沸かす場合、いつもシングルバーナーとOD缶を持って登っていましたが、現在はちょこっとストーブと固形燃料のみ。火器の重さとサイズが、半分以下で済むようになりました。

    キャンパーだけでなく、ハイカーにもおすすめできるコンパクトアイテムなのです。

    ちょこっとストーブで炊飯してみた

    ここからは、ちょこっとストーブで炊飯をしている様子をご紹介します。

    まずは、ちょこっとストーブを設置します。

    ちょこっとストーブを設置している

    地面に石などがある場合はなるべくどかして設置しましょう。

    次に、固形燃料を乗せて着火します。固形燃料は同じくダイソー商品。110円で3つ入りです。

    ちょこっとストーブで固形燃料を燃やしている様子

    固形燃料が燃えている様子。

    その上に、用意したお米を乗せて、火にかけていきます。

    炊飯後30分の様子

    30分経過したお米の様子。

    30分経過したところで確認。かなり水分が飛んでいました。

    ちょうど良い具合のお米が炊けました。

    炊飯したご飯を茶碗に乗せている

    最後は茶碗にご飯を盛って、炊飯終了です。

    ちょこっとストーブで、簡単に炊飯を行うことができました。

    1つは持っておくべき、キャンプのマストアイテム

    利便性の高い商品ながら、価格は220円と超リーズナブルなちょこっとストーブ。

    予備として1つ持っておいても損はないでしょう。

    ちょこっとストーブをうまく活用して、より快適なキャンプライフを送ってください。

    ちょこっとストーブ

    商品サイズ:6.7cm ×10cm ×5.5cm
    材質:本体:スチール、表面加工:亜鉛めっき、固定パーツ:真鍮

    瀬川あずまのプロフィール写真
    私が書きました!
    アウトドアライター
    瀬川あずま
    時間や場所に縛られずに働くことを目標にライターを始め、現在はアウトドアや健康系の記事を主に執筆。休日は趣味に奔走するため、外にいる時間が長い。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 バーナー・燃焼器具 』新着編集部記事

    キャンドルの炎で癒やされながら飲みものを温める「CROSS WARMER」使い心地は?

    2022.12.01

    SOTO「フィールドチャッカーST-430」はマストバイ!愛用者が熱く紹介

    2022.11.30

    ソロキャンプのストーブはこれで決まり!迷わずに使えるエスビット「ポケットストーブ」

    2022.10.28

    人気の「缶ストーブ」防災セットの『BE-PAL』版は、中身が「缶ストーブSE」!

    2022.10.21

    優しい炎が秋にぴったり!ロゴスのアルコールバーナーセットで調理自由自在

    2022.10.16

    愛用者が語る、SOTO 「スライドガストーチST-480C」をおすすめする理由

    2022.10.14