実は元祖だった!ブラック・アンド・デッカーのエコなハンディクリーナーでテントも簡単お掃除 | 自作・DIY 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 実は元祖だった!ブラック・アンド・デッカーのエコなハンディクリーナーでテントも簡単お掃除

    2022.11.07

    「reviva (リビーバ)」コードレス スリム・ハンディクリーナー

    reviva (リビーバ)」は20227月、世界最大の電動工具メーカー「スタンレー ブラック・アンド・デッカー」より登場した、DIY電動工具などのシリーズ。プラスチック部分の約50%にリサイクル素材を採用しているのが大きな特徴だが、新たなラインナップとして「コードレス スリム・ハンディクリーナー」が登場した。

    アウトドア時のクルマやテントの掃除などでも活躍しそう!

    何を隠そう1979年、世界初のコードレスハンディクリーナーを発売したのが、ブラック・アンド・デッカー。同社は1971年にアポロ計画で使われた⽉⾯掘削⽤のコードレスドリルをNASAと共同製作しており、この技術を応用することでコードレスハンディクリーナーを開発したといわれる。当時は“コードレス”というコンセプトが新しく、世界的ヒットとなった。

    revivaコードレス スリム・ハンディクリーナー(オープン価格)

    revivaコードレス スリム・ハンディクリーナー(オープン価格)。

    リビーバでは初となるコードレスハンディクリーナーでは、500mlペットボトル15本分に相当するリサイクル素材を採用。重さはわずか660g、幅は80mmの軽量スリムな設計にもかかわらず、土や砂などもラクに掃除できる吸引力がある。ワンタッチ開閉式のブラシを内蔵した薄型ノズルなどにより、凹凸面や狭いスペースなども効率的に掃除することも可能。DIYはもちろんのこと、アウトドア時のクルマやテントの掃除などでも、タフに活躍しそうだ。

    分離するダストケース部

    分離するダストケース部はゴミもサッと捨てられる。

    5時間の充電で11分稼働。ダストケース部は分離し、ゴミ捨てやメンテナンスもしやすくなっているのもうれしい。

    ブラック・アンド・デッカー
    TEL 03-3288-3010
    WEB  https://promo.blackanddecker-japan.com/sbd-e-catalog/

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 自作・DIY 』新着編集部記事

    そろそろ冬支度!ベランダ栽培のローズマリーで、うがいやヘアケアに使える「ハーブチンキ」作りを

    2022.11.12

    都心に住むDIY好きの人を応援する体験型のホームセンター「DCM DIY place」に行ってみた

    2022.11.12

    旅の思い出にいかが? 箱根強羅公園の「クラフトハウス」でとんぼ玉作り

    2022.10.23

    焚き火調理に必要なトライポッドを作る!初心者でも簡単にできる方法を紹介

    2022.10.17

    いも掘りシーズン到来!さつまいものつるを活用してリースを手作りしてみよう

    2022.10.08

    アウトドアサウナでととのう!自作サウナテント界のモンスター 山梨サ活倶楽部「Enthalpy3」のすべて

    2022.09.11