世界一のバリスタが監修!ペーパーフィルター不要のドリッパーで至高の一杯をいただこう | 調理器具・食器 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 調理器具・食器

    2022.11.06

    世界一のバリスタが監修!ペーパーフィルター不要のドリッパーで至高の一杯をいただこう

    アウトドアでおいしいドリップコーヒーを淹れようと思ったときに、ネックになるのがペーパーフィルターだ。持っていくのを忘れがちだし、意外とかさばるし、ゴミも増える。というわけで、ペーパーフィルターが不要のメッシュのドリッパーを探して使うことになるが、コーヒー成分が出にくかったり、粉っぽくなりすぎたり、ちょうどいいものがなかなかない。

    そんなところへ、日本のコーヒー器具メーカー「ハリオ」から注目作が登場した。「ダブルステンレスドリッパー・粕谷モデル」である。世界的なバリスタの粕谷哲氏が監修し、「プロがネルドリップで丁寧に淹れたコーヒーのおいしさを味わってほしい」というコンセプトのもとに開発された。ドリッパーの側面がダブルメッシュとシングルメッシュのハイブリッド構造になっていて、コーヒー成分がちょうどよい具合に抽出される。ドリッパーにハンドルが付属しているのもポイントで、プロがやるようにドリッパーを手に持って、コーヒー粉の狙ったところにちょうどよい量の湯を注ぎやすくなっている。

    薄いステンレスなので、130gと軽量。それでいて容量は大きく、4杯まで淹れられる。アウトドア用に開発された商品ではないが、アウトドアでこそ使ってみたい商品である。

    内側を俯瞰

    底は小さな穴がたくさん開いている。粉は中挽きから粗挽きが推奨されている。

    側面

    側面は非常に細かいメッシュ。

    モデルが湯を注いでいる

    ドリッパーは手で持ってもカップに置いても使用できる。

    側面からコーヒーが染み出す

    側面からもコーヒーが少しずつ抽出される。

    監修の粕谷氏

    バリスタの粕谷哲氏。「ワールドブリュワーズカップ2016」でアジア人として初めて優勝した。

    ※この商品は[通販サイト]「大人の逸品」から購入できます。

    ダブルステンレスドリッパー・粕谷モデル 6,050円

    https://www.pal-shop.jp/item/A55211006.html

    NEW ARTICLES

    『 調理器具・食器 』新着編集部記事

    屋外でコーヒーを淹れるならパーコレーター!仕組み、使い方からその魅力まで徹底解説

    2024.05.19

    「飯盒炊爨」と「飯盒炊飯」どちらが正しい?おすすめ商品や調理方法も紹介

    2024.05.14

    キャンプでの羽釜のすすめ。使い方やおすすめの商品を9個紹介

    2024.04.26

    炊く、煮る、焼く、蒸す!曲げわっぱをモチーフにしたスノーピーク「ワッパークッカー」

    2024.04.22

    HARIOのおすすめコーヒーミルを紹介!アウトドア向けモデルも

    2024.04.20

    スノーピークマグカップ5選|保温保冷に優れ軽量丈夫な名品チタンマグ

    2024.04.20

    キャンプでのコーヒー時間がリッチに!ゼブランからアウトドアで使うガラスサーバーが登場

    2024.04.12

    アウトドアの食器問題を解決!原料は紙と漆でわずか14gと軽量、かつ丈夫な新感覚漆器はいかが?

    2024.04.11