初めての人にこそ泊まってほしい!おすすめキャンプ場24選【甲信越・北陸編】 | キャンプ場 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

初めての人にこそ泊まってほしい!おすすめキャンプ場24選【甲信越・北陸編】

2015.07.17

北陸

みずがき山自然公園

平成13年に開催された『第52回全国植樹祭』の主会場跡地、約1.1ヘクタールのエリアを利用して作られたキャンプ場。サイトはフラットな芝生で開放的。車の乗り入れは禁止だが、設営&撤収時のみは乗り入れ可。瑞牆山や南アルプスを望める。管理棟を兼ねた売店には地元食材が並び、軽食も食べられる。 

●山梨県北杜市須玉町小尾8862-1
TEL 0551(45)0277 OPEN
4月下旬~11月(毎水曜休) 

 

 

北陸

内山牧場キャンプ場

標高1,200mの高原に位置し、区画のない草地のオートサイトからは、昼は荒船山や八ヶ岳の大パノラマ、夜には満天の星を楽しめる。トイレ、コインシャワーと設備はシンプルだが、リピーターは多い。場内から物見山(標高1,375m)ハイキングコースが整備されている。7~8月にはアサマフウロの群生も見られる。 

●長野県佐久市内山352-1
TEL 0267(65)2021 
OPEN 4月下旬~10月末 

 

 

北陸

戸隠キャンプ場

総面積22haというサイトのほとんどがフリーサイト。隣には広い牧場があるなど、本州では珍しいスケールの大きな景観だ。トイレ、シャワー、炊事棟などの施設はリニューアルが進み、レンタル用品の品揃えも豊富。場内を流れる川では釣りや水遊びができるほか、戸隠神社奥社までのトレッキングルートも整備されている。 

●長野県長野市戸隠3694
TEL 026(254)3581
OPEN 5月上旬~11月下旬 

 

 

北陸

五光牧場オートキャンプ場

長野県と山梨県の県境、野辺山に位置し、広大な牧場がフリーサイトになっている。サイトは自然そのもの。木陰あり、広々とした草地ありと、好きな場所を選べる。傾斜地が多く、トイレまでが遠いのは少々辛いが、八ヶ岳を望む開放感あふれる眺めはほかでは味わえない。標高1,400mなので避暑にもオススメ。 

●長野県南佐久郡川上村樋沢1417
TEL 0267(98)2468
OPEN 4月下旬~10月末 

 

 

北陸

スノーピークヘッドクォーターズキャンプフィールド

人気アウトドア・メーカー、スノーピークの直営キャンプ場。粟ケ岳と守門岳が眺められる丘陵地に位置し、本社や工場のある約5万坪の敷地内に併設。自然の傾斜を活かした草地のテントサイトはいっさい区画がなく、かなりワイルド。とはいえ設備は近代的で、暖房便座、給湯設備なども揃う。スノーピークの全アイテムをレンタル可能。 

●新潟県三条市中野原456
TEL 0256(41)2222
OPEN 通年

 

 

北陸

休暇村 妙高笹ヶ峰キャンプ場

区画のオートサイトとクルマ乗り入れ不可のフリーサイトがある。フリーサイトは広い草地、日陰が心地よいシラカバ林など、バリエーションが豊富。携帯電話は一切つながらないので、日常を忘れて自然の中に入り込める。日帰り可能な妙高山(標高2,454m)、火打山(標高2, 462m)の登山口はすぐそば。 

●新潟県妙高市杉野沢笹ヶ峰
TEL 0255(82)3168
OPEN 7月1日~9月30日(9月の営業は土・日のみ) 

 

北陸

カヤの平高原キャンプ場

標高約1,400m。志賀高原の北部、上信越国立公園内に立地。周辺ではブナの原生林や高山植物が見られ、自然を満喫するには絶好。設備はシンプルだが、サイトはふかふかの草地。朝方には霧に包まれ、幻想的な雰囲気が味わえる。木陰が少ないので昼間は少々暑いが、夕方から朝方は快適。 

●長野県下高井郡木島平村カヤの平高原
TEL 0269(82)4404、
TEL 090(8025)4288
OPEN 6月~10月 

 

 

北陸

宮田高原キャンプ場

中央アルプスや伊那谷を望む標高1,650mの高原に立地。周辺には人家はなく、下界とは隔絶された別天地。避暑には最高だが、山の気候は変わりやすいので、防寒具は忘れずに。炊事場、簡易水洗トイレなど、設備は必要最小限だが、掃除は行き届いている。周辺には6本の遊歩道が整備されている。 

●長野県上伊那郡宮田村宮田高原
TEL 0265(85)5864(宮田村観光協会)
OPEN 7月~9月

 

 

北陸

霧ケ峰キャンプ場

昭和44年開業の昔ながらのキャンプ場。標高が1,600mと高く、夏でも快適。サイトは広々とした草地や土のフリーサイトからプライベート感のあるサイトまで、バリエーションが豊富。直火で焚き火ができるのもいい。クルマは乗り入れできないが、そのぶん静か。自然に包まれていることを実感できる。予約不要。 

●長野県諏訪市霧ヶ峰強清水13338-1
TEL 0266(52)4141
OPEN 7月11日~8月30日 

 

 

北陸

浩庵(こうあん)キャンプ場

本栖湖の北畔にあり、千円札と同じ逆さ富士が見られることでも有名。歴史あるキャンプ場だが、数年前にトイレと炊事棟をリニューアルし、使いやすくなった。サイトは湖畔と林間の2タイプがあるが、自然に手を加えておらずワイルドな雰囲気。こんな環境で直火ができるとあってリピーターも多い。

●山梨県南巨摩郡身延町中ノ倉2926 
TEL 0556(38)0117 
OPEN 通年(キャビンは冬季閉鎖) 

 

 

北陸

ウェストリバーオートキャンプ場

南アルプス山麓の設備充実型キャンプ場。場内を流れる清流では水遊びのほか、エサ釣りやフライ&ルアーフィッシングが楽しめる。サイトはバリエーションが多く、焚き火用カマド付きサイトやAC電源付きサイト、プライベートドッグランが付いたサイトなど。フライフィッシングやダッチオーブン料理教室も開催。

●山梨県南アルプス市須澤131 
TEL 055(285)6611 
OPEN3月〜11月(宿泊棟は通年)

 

 

北陸

おんたけ森きちオートキャンプ場

王滝村の最奥部に位置し、樹齢300年を超える天然林のサイトは静寂そのもの。脇を流れる白川には生活排水が流れ込んでおらず、その美しさは感涙もの。夏には子供たちの絶好の水遊びスポットとなる。標高1,050mと高く、避暑にもいい。ちなみに、昨年、噴火した御嶽山に近いが、影響はなかったそうなのでご安心を。

●長野県木曽郡王滝村滝越5168-2 
TEL 0264(48)2247 
OPEN 4月下旬~11月上旬 

 

 

北陸

椿荘オートキャンプ場

椿沢のスギ林をキャンプ場として整備。オーナーいわく「うちはほったらかしだから」とのことで、場内にゆる~い空気がいい具合に漂っている。とはいえ、炊事棟、トイレ(温水洗浄便座付き)はきちんと管理されている。ハイシーズン以外は区画料1,000円が無料になるのも嬉しい。リピーターが多いのもうなずける。

●山梨県南都留郡道志村4150 
TEL 0554(52)2056 
OPEN 3月~12月ごろ

 

 

北陸

ウッドペッカー

オープンは1985年。手作りかつ予約制度導入の草分け的存在。テントサイトはカラマツの林間。標高1,000mで木陰が多いので、夏でも快適。このキャンプ場で特筆すべきは、とにかく設備が清潔だということ。時間制でお湯が使える炊事棟、温水洗浄便座付きのトイレ、シャワーなど、新しくはないがピカピカだ。

●山梨県北杜市須玉町上津金2449-5 
TEL 0551(46)2450 
OPEN 4月18日~11月18日 

 

 

北陸

一の瀬高原キャンプ場

笠取山の麓、標高1,250mに位置する高原のキャンプ場。周辺は東京都の水源の森として守られている。場内は2本の渓流が流れていて、釣りもOK。オートサイトは6サイトのみ。1万坪の広大な敷地は、高低差があるので、荷物運びはたいへん。だが、直火の焚き火が好きで、自然の中で静かにすごしたいワイルド派には絶対にオススメ。

●山梨県甲州市塩山一の瀬高橋560 
TEL 0553(34)2125 
OPEN 通年 

 

北陸

四尾連(しびれ)湖水明荘キャンプ場

標高850m、周囲1.2㎞の四尾連湖を取り囲むようにテントサイトが並ぶ、読者注目のキャンプ場。サイトは自然のままで、場所により直火もOK。車両進入禁止なので荷物は一輪車で運搬。ボートを借りて運ぶこともできる(1時間500円)。設備はトイレと水場のみ。冬は水道が使えないので、水タンクを持参のこと。

●山梨県西八代郡市川三郷町山保3378 
TEL 055(272)1030 
OPEN 通年(不定休) 

 

 

北陸

駒出池キャンプ場

駒出池を囲むように作られた、クルマ乗り入れ不可の4つのフリーサイトと、林間の区画のオートサイトがある。なかでもオススメなのは、シラカバやカラマツに囲まれた池の周りのフリーサイト。駐車場に近いため、荷物の運搬はさほど苦にならない。八ヶ岳登山の拠点となる白駒池まではクルマで約30分。

●長野県南佐久郡佐久穂町八郡2049-856 
TEL 0267(88)2569 
OPEN 4月下旬~10月上旬

 

 

北陸

ミヤシタヒルズ

標高1,000m、美ヶ原の東南麓に位地し、美ヶ原や浅間山の眺望が楽しめる。木もれ日が優しいシラカバなどの林間サイト、見晴らしのいい開放的な草原サイトがあり、ほとんどのサイトで直火が可能だ。コテージやバンガローもある。周辺は多数のトレッキングコースが整備されていて、山歩きや観光の拠点としてもぴったり。

●長野県小県郡長和町和田5101 
TEL 0268(88)2915 
OPEN 通年 

 

北陸

花の森オートキャンピア

道志川にほど近い山の中腹のキャンプ場で、場内には本格的なフィンランド製のログハウスやキャビンのほか、寝具から食器類まですべてが揃う、丸太杉を使ったログコテージがある。ともにベランダにハンモックが常備されており、読書や昼寝など、のんびりすごせる。6~9月にはジェットプールやジャグジーが登場。

●山梨県南都留郡道志村上山中9709-1 
TEL 0554(52)2776 
OPEN 3月~1月上旬 

 

 

北陸

PICA山中湖ヴィレッジ

コテージ専用キャンプ場。子供を意識して安全に配慮した『キッズコテージ』、囲炉裏がある『コテージグランデ』、ハンモックが付随した『ハンモックコテージ』、プライベートドッグラン付きの『ドギーコテージ』がある。場内にはビオトープやオーガニックガーデン、風車などが設けられ、持続可能なライフスタイルを提案している。

●山梨県南都留郡山中湖村平野506-296 
TEL 0555(30)4580 
OPEN 通年

 

 

北陸

湯沢リバーサイドキャンプサイト&カフェ

越後湯沢の山あいにあるカフェ付きキャンプ場。以前は『ルーデンスリバーサイド』としてひっそり営業していたが、2014年夏にカフェを作り、キャンプ場として本格的に始動開始。オートキャンプはできないが、テントサイトはフリーサイトで木漏れ日が心地よい。場内には小川が流れ、子供も安心して遊べる。

●新潟県南魚沼郡湯沢町大字土樽3223-6  
TEL 025(787)6201
OPEN G.W.ごろ~9月末

 

 

北陸

富士ヶ嶺(ふじがね)おいしいキャンプ場

富士山を望む牧場を整備し、食べ物、空気、景色、すべてに「おいしい」がテーマのキャンプ場として、2013年7月にオープン。ユニークなのは通常のオートサイトに加え、雨の日でもキャンプができる屋根付きの全天候型サイトがあること。大人数で焚き火を楽しめるBarや食堂などのスペースも併設。

●山梨県南都留郡富士河口湖町富士ヶ嶺696 
TEL 050(8007)1120 OPEN
3月21日~11月30日

 

 

北陸

PICA富士西湖 コテージ アクティブグランデ

2014年7月に豪華コテージが3棟誕生。建物は西湖に面していて、1階は約19畳、2階は約12畳と広々~! 25㎡の広いデッキにはテーブル&チェア、ウェーバーのBBQグリル、焚き火台を常設。西湖を眺めながら食事が楽しめる。室内にはプロジェクターがあるので、撮影した動画や写真もすぐにみんなで見られる。

●山梨県南都留郡富士河口湖町西湖2068-1 
TEL 0555(30)4580
OPEN 通年

 

 

北陸

ライジングフィールド軽井沢

『軽井沢レクの森キャンプ場』が、昨夏、大幅にリニューアル。さらに本年7月18日には第二期グランドオープンを迎え、管理棟、炊事棟、トイレ、ランドリー、シャワー室、多目的ホールを新設。場内がアメリカンな雰囲気に統一される。テントサイトは4つのエリアに分かれ、ホテルの一室のようなプレミアム常設サイトも登場。

●長野県北佐久郡軽井沢町小瀬 
TEL 0267(41)6889
OPEN 通年

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 キャンプ場 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。