ソフトクーラーの決定版!AOクーラーズ「24パック」の魅力に迫る | クーラーボックス 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • ソフトクーラーの決定版!AOクーラーズ「24パック」の魅力に迫る

    2022.07.13

    筆者私物。

    キャンプに欠かせないクーラーボックス。

    特にこれからの季節においては、食材や飲み物を保管するためになくてはならない存在です。

    数多くの商品の中でもとくに筆者がおすすめしたいのが、AOクーラーズ「24パック」のソフトクーラーボックス。

    今回は、同商品を愛用している筆者が徹底的にレビューします。

    AOクーラーズ「24パック」とは

    AOクーラーズは、1990年にアメリカで誕生したクーラーメーカーです。

    元々は食肉や水産といった食品業界に向けてクーラー製品を展開していましたが、一般ユーザー向けにも販売をスタート。

    すると、その品質の高さからアウトドアユーザーにも受け入れられ、アウトドアでも多く使用されるようになりました。

    シンプルなデザインで、かつカラーバリエーションが豊富な点が、幅広い層から人気を集めている理由の一つです。

    ちなみに、「24パック」の24とは、350ml缶×24本+約6kgの氷が入るサイズ感を表しています。

    今回は24をレビューしますが、ほかにも、「12」や「36」などが用意されていますので、購入を検討する際には参考にしてみてください。

    24パックの魅力

    幅広い層から人気のある、24パック。その魅力について見ていきましょう!

    高い保冷力

    ソフトクーラーボックスだからといって、あなどることなかれ。

    使用条件にもよりますが、24パックはハードクーラーに匹敵するほどの保冷力を誇ります。

    24パックの保冷力の秘密がこの断熱材の厚さ。5層構造になっており、結露知らずでもあります。

    その保冷力の秘密は、断熱材の厚みにあります。5層構造のその厚さは、なんと約2cm。計算されつくした構造と厚みで、他のソフトクーラーボックスを寄せ付けません。

    筆者は、日中の気温が30度Cを超えるある夏日に、1泊のキャンプで使用しました。

    初日の朝、500mlのペットボトルを凍らせて24パックの中へ。

    夏日の翌朝でもこれだけ氷が残っていれば、1泊のキャンプでは十分な保冷力があると考えられます。

    保冷剤や保冷シートを用いたこともありますが、翌朝でもペットボトル内にはかなりの量の氷が残っていました。

    クーラー単体での使用ももちろん可能ですが、保冷シートを敷けば、さらに保冷力を向上させることができます。

    クーラーボックス内部もしっかりと冷気が保たれていました。保冷力は満足できるレベルであるといえます。

    驚異的な軽さ

    少人数での1泊程度のキャンプであれば十分な容量と保冷力がありながらも、自重は1360gと軽量です。

    中に飲み物や食材などを入れても、ハードタイプのクーラーボックスほど重くなることはありません。

    持ち運びの際の負担を考えても、この24パックの軽さは非常に助かります。

    状況に合わせた使い分けができる

    AOクーラーズのクーラーボックスのサイドにはバックルがついており、状況に合わせてクーラーボックスの形状を変えることができます。

    サイドのバックルを接続すれば、余計な部分を折りたたむことができます。

    バックルを接続していると、横から見た時に四角い状態になります。上の部分が折りたたまれるため、持ち運びがより快適になります。

    サイドのバックルを外せば、高さを確保できます。四合瓶や2Lのペットボトルが縦に入れられるサイズになります。

    逆に、バックルを外せば、クーラーボックスに高さを出すことが可能です。横から見ると台形のような形になります。

    四合瓶や2Lペットボトルを縦に入れたいときに便利です。

    手入れが簡単

    24パックの内側に使用されている、TPUライナー。

    TPUとは簡単に言えば、ウレタン樹脂のことで、高い防水性を誇ります。

    24パック内部のTPUライナー。高い防水性があり、タオルで拭き取る程度のメンテナンスで済むので扱いが楽です。

    内側は全面にこのライナーがあるため、水が多少漏れてしまっても心配はいりません。

    また、拭き取るだけで簡単に手入れができます。食材を入れるギアですので、常に清潔に保てるのは好印象です。

    小物入れがある

    24パックの側面のチャックを開けると、小物を入れられるポケットがあります。

    24パック側面にあるポケット。筆者は使用していない付属のショルダーベルトを入れてますが、その他小物類を入れておくのに重宝しそうです。

    筆者は付属のショルダーストラップを収納していますが、ちょっとした食べ物や栓抜き、ゴミ袋などを入れてもいいでしょう。すぐに取り出せるので、重宝すること間違いなしです!

    幅広いキャンパーにおすすめできるAOクーラーズ「24パック」

    24パックについて、愛用者目線でレビューしましたが、いかがでしたか?

    保冷力もさることながら、使いやすさも特徴的な24パック。

    ソロから少人数での一泊キャンプ、あるいはデイキャンプ用として、申し分ない容量です。

    一つあれば、お花見や海水浴といったアウトドアや、スーパーでの買い物といった日常シーンでも活躍してくれますよ!

    是非、購入を検討してみてください。

    AOクーラーズ
    24パック

    商品サイズ:幅430mm×奥行250mm×高さ300mm
    容量:約23L
    重量:1360g

     

    私が書きました!
    アウトドア愛好家
    たまぞう
    キャンプや釣りといったアウトドアが好きで、将来は自然に囲まれて暮らすのが夢。最近ではキャンプを通じて、コーヒーや料理、DIYなど、様々なカルチャーと合わせて楽しむ。子どもたちにも、自然と触れ合うことでたくさんの経験をしてもらいたいと思っている。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 クーラーボックス 』新着編集部記事

    見た目も機能も素晴らしい、ICELANDのクーラーボックスの魅力!

    2022.11.29

    キャンプに買い物に!実力派小型クーラーボックス25選

    2022.11.07

    DOD「ソフトくらら(4)」の天才児っぷりがすごい!普段使いもできる“ソフト家”の末っ子

    2022.10.16

    分解して洗える!ケルティのクーラーボックスは多機能で色も良し

    2022.10.02

    クールなオールブラックだ!スタンレーの新作クーラーボックスとウォータージャグ

    2022.09.27

    丸洗いできるクーラーバッグ!ラグゼ「クーラートートバッグ」が優秀だった

    2022.09.21

    z