キャンプビギナーにおすすめ!IWANO「ホットサンドメーカーJP」の魅力とは | 調理器具・食器 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

キャンプビギナーにおすすめ!IWANO「ホットサンドメーカーJP」の魅力とは

2022.06.28

筆者私物。

キャンプの朝ごはん用に、ホットサンドメーカーが欲しいと思っている方も多いと思います。

ホットサンドメーカーは、食パンに具材を挟んで焼けばホットサンドが作れる便利な道具で、キャンプシーンでは重宝します。

ホットサンドメーカーがあれば、小学生のお子さんが全ての工程を1人で行なうこともでき、ファミリーキャンプにもおすすめです。

今回は、良質なホットサンドメーカーに出会いたいと思っているあなたへ、 買ったら手放せなくなるIWANO「ホットサンドメーカーJP」をご紹介します。

ホットサンドメーカーJPとは?

IWANOロゴ入りのJPを使って、ホットサンドを作ってみました。

IWANOのホットサンドメーカーJPとは、キッチン用品・アウトドア用品メーカーIWANOが、金属加工で有名な燕三条地域とコラボレーションして製作した一品です。

2枚のパンの耳をしっかりと圧着させたホットサンドを作ることができるので、食べる際に中身が溢れて手がべたべたに……といったことが起こりません。

耳はカリッと、中央部はふんわりと仕上げられるところも特徴で、我が家ではキャンプの際には必ず使用しています。

初心者におすすめな4つの理由

本製品を初心者の方におすすめする4つの理由をお伝えします。

多めの具材でも軽々とサンド

ギュッと着圧されているホットサンドが焼けました。

ホットサンドメーカーJPは、食パンの4辺をしっかりと押さえつけた状態で焼けるので、多めの具材でもしっかりホールドしてくれます。

また、鉄板部分の内側にはふちがついています。

このふちを目安にして食材を入れれば、具材の量が多すぎて外に飛び出してしまう、といったことを防げるため、誰でも綺麗にホットサンドを作ることができます。

安定感のあるつくり

ホットサンドメーカーJPで目玉焼きを焼いてみました。

ホットサンドメーカーJPは、2つの鉄板がはめ込み式でくっついている仕組みになっています。

使用時は、はめ込み部分がしっかり固定されるので、ぐらつきがなく安定感は抜群です。

ちなみに、鉄板同士は45度に傾けると簡単に外すことができます。

それぞれを小さなフライパンとしても使用でき、ホットサンドメーカーJPでスクランブルエッグを作ったり、 ベーコンを焼いたり、といった使い方も可能です。

1台2役になるため、キャンプに持って行く荷物を減らすことができます。

お手入れが簡単

ホットサンドメーカーJPは、両面にフッ素樹脂加工がされています。

そのため、目玉焼きやソーセージを焼く際にも、油は不要。

しっかりしたコーティングのため、使用後はサッと流水で流し、キッチンペーパーで拭けばキャンプ場でのお手入れはOK。

また、上下が簡単にセパレートするので、汚れが目立っている場合も隅々まで綺麗に洗え、清潔に保つことができます。

安定した使い心地

ホットサンドメーカーは種類なメーカーから発売されています。

しかし、それらの中には使用していると取手の緩みが気になってくる商品もあります。

その点、このホットサンドメーカーJPは、取手や各部位がしっかりと固定されているため、何度使用していてもぐらぐらしたり緩んできたりすることがありません。

安定した使い心地なので、子ども1人で料理するときも、安心して見守ることができます。

ホットサンドメーカーJPの使い方

ホットサンドメーカーJPを使って、ホットサンドをこれから焼きます。

使い方はとても簡単。

材料をホットサンドメーカーに入れて火にかけ、中火で片面を約2〜3分焼きます。

時々蓋を開けて焼き色を確認すると、焦げてしまうのを防ぐことができます。

片面が焼けたらひっくり返して、反対の面を2〜3分焼けば、できあがり!

我が家の定番の味付けは、食パン両面にマヨネーズを塗って、ハムとチーズを挟むだけ、という簡単なものです。

マヨネーズの代わりにバジルソースを使うのも、雰囲気が一気にイタリアンになりおすすめです。

その他、肉まんを焼いてみたり、ホットケーキミックスを入れてホットケーキを焼くことも可能。使い方は無限大です。

IWANOのホットサンドメーカー、JPとFTは、何が違うの?

こちらはロゴ入りのIWANOホットサンドメーカーJPです。

IWANOからは、「ホットサンドメーカーJP」と「ホットサンドメーカーFT」という2種類のホットサンドメーカーが販売されています。

JPは、片面にロゴが彫ってあるもので、焼いた時にパンにロゴが写ります。

一方FTは、ロゴが入っていません。

我が家は、ロゴありのホットサンドメーカーJPを選びました。

ちょっとした焼き印が入ることで子どもたちのテンションも上がりますし、お皿に載せた際の写真映えもします。

また、ロゴの写り具合で焼き具合を判断することができるので、個人的にはホットサンドメーカーJPを買って満足しています。

FTは、お手入れが簡単などのメリットがあるようです。

初心者におすすめ!IWANOのホットサンドメーカー

複数の用途で使えるIWANOのホットサンドメーカーは、持っていると役立つ便利な調理器具です。

家庭のガスコンロでも使用可能なので、何度か家で練習していくと、キャンプでも安心して調理できることと思います。

IWANOのホットサンドメーカーを活用し、キャンプ飯のバリエーションを増やしてみてはいかがでしょうか。

IWANO
ホットサンドメーカーJP

‎37 x 16.5 x 3 cm
880 g


私が書きました!
アウトドアライター
ムスカリ
経験ゼロスタートの2児の母キャンパー。アウトドアブログ“ブッシュクラフトLIFEWORK”を運営する傍ら、アウトドアインストラクターのアシスタントとしても活動中。アウトドアで人生が変わる!をモットーに子どもと一緒にファミリーキャンプ&ブッシュクラフトキャンプを満喫。焚き火とキャンプ飯、そしてモノづくりが好きで、アウトドアグッズを商品化するのが夢。
この記事をシェアしよう!

関連記事

『 調理器具・食器 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。