マウンテンバイクの適正な空気圧とは?確認方法やチェック頻度も解説 | 自転車・MTB 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • マウンテンバイクの適正な空気圧とは?確認方法やチェック頻度も解説

    2022.05.04

    マウンテンバイクの空気を入れようと思っても、どのくらい入れれば良いか分からず困っている人もいるでしょう。マウンテンバイクの適正な空気圧や調整方法、メンテナンスの頻度を解説します。長く使えるよう、マウンテンバイクの手入れはまめに行ないましょう。

    マウンテンバイクの空気圧を調整する重要性

    空気の抜けた自転車のタイヤ

    (出典) photo-ac.com

    マウンテンバイクの空気圧を調整することは大切です。その理由や、空気圧が高すぎたり低すぎたりする場合に、どのような問題が起こるかを解説します。

    マウンテンバイク本来の性能を発揮させる

    タイヤの空気圧を適正な状態に保つと、マウンテンバイク本来の性能を発揮させることができます。具体的には乗り心地が軽くなったり、スピードを出しやすくなったりします。これは、タイヤが膨らむことで地面と接する面積が小さくなり、摩擦がかかりにくくなるためです。

    空気圧を調整することは、パンクの防止にもつながります。空気によってタイヤの張りが良くなることで、衝撃や異物を跳ね返しやすくなるためです。パンクが多いことで悩んでいる人は、空気圧を調整してみてはいかがでしょうか。

    空気圧が低すぎる場合

    空気圧が適正な範囲から外れると、いろいろなデメリットが生じます。空気圧が低すぎる場合にいちばん注意しなければならないのが、パンクしやすくなる点です。空気圧が低いと走行中にタイヤの表面が波を打ち、熱を帯びるようになります。熱くなったタイヤはやがて破裂してしまう可能性があります。また、空気圧が低いと、路面の突起や小石などでダイヤに亀裂や穴が空きやすく、結果としてパンクを起こしてしまいます。

    パンク以外にも、デメリットがあります。空気圧が低いと力が正しく路面に伝わらず、まっすぐ走りにくくなったり、曲がりにくくなったりするでしょう。また、路面とタイヤの摩擦が大きくなり漕ぎ進めるのに大きな力が要るため、疲れやすくなってしまいます。

    空気圧が高すぎる場合

    空気圧は高ければ高いほど良いのかというと、そうとも限りません。空気圧が高いとタイヤが衝撃を跳ね返しやすくなり、パンクのリスクは軽減されます。しかし空気圧が高すぎるとタイヤが衝撃を吸収せず、体が直に衝撃を受けることになるため、乗り心地が悪くなったり、疲労が蓄積しやすくなってしまいます。

    タイヤがリム(金属部分)から外れたり、チューブが破裂してしまったりするリスクもあるので危険です。

    タイヤの空気圧は低すぎても高すぎても乗り心地が悪くなってしまいます。適正に保ち、空気が抜けたら都度補充するのがおすすめです。

    適正な空気圧の確認方法

    自転車のタイヤの空気入れ

    (出典) photo-ac.com

    マウンテンバイクのタイヤに空気を補充するときに、どの程度、空気を入れれば良いか分からない人も多いでしょう。タイヤの適正な空気圧を確認する方法を解説します。

    タイヤの側面に記載されている

    マウンテンバイクのタイヤの側面を見ると、数字と単位が書かれています。そこに記載されている数値が、その自転車の適正な空気圧です。空気圧の記載方法には、『〇〇〜〇〇』と範囲が書かれている場合と、『いくらまで』と上限のみが記載されている場合があります。

    適正な空気圧に範囲が設けられている理由は、乗る人の体重によって適正な空気圧が異なるためです。また、上限のみが記載されている場合、下限がないという意味ではありません。下限は上限の7割程度を目安とすると良いでしょう。

    空気圧の単位

    タイヤを見ると、マウンテンバイクによって異なる単位が記載されています。マウンテンバイクに記載されている代表的な空気圧の単位は、以下の4つです。

    • bar(バール)
    • psi(ポンド・スクエア・インチ)
    • kpa(キロパスカル)
    • kgf/cm2(重量キログラム毎平方センチメートル)

    マウンテンバイクの場合、barでの記載がよく見られます。barは太いタイヤの自転車によく使われる単位です。psiは1平方インチあたりに何ポンドの圧力がかかるかを表す単位で、ロードバイクによく見られます。kpaは気圧を表す単位ですが、barやpsiに比べるとあまり見かけません。

    kgf/cm2はシティサイクルでよく使われる単位なので、マウンテンバイクに乗っている人であれば、barとpsiを覚えておけば問題ないでしょう。

    適正な空気圧はタイヤの太さで決まる

    適正な空気圧は、車種によって決められていると思っている人もいるかもしれません。しかし、実際にはタイヤの太さによって決まります。適正な空気圧は細いタイヤほど高く、太いタイヤほど低くなります。

    同じマウンテンバイクでも、タイヤを変えると適正な空気圧も変わるので注意が必要です。適正な空気圧は車種ごとに覚えるのではなく、タイヤの表示を見て確認しましょう。

    マウンテンバイクの空気圧の調整方法

    自転車の空気入れと空気圧計

    (出典) photo-ac.com

    マウンテンバイクの空気圧を調整する方法を解説します。自分のマウンテンバイクの空気圧が分かったら、実際に空気を入れてみましょう。

    空気圧計を見ながら調整する

    空気を入れるときは、空気入れ(エアポンプ)の空気圧計を見ながら適正な数値になるまで調整しましょう。ポンプを数回操作するたびに、空気圧計の数値を見て、さらに空気を入れるか抜くかを調整します。

    一般的に、空気圧計にはbarとpsiが表示されています。0〜12程度までの数字が振られている方がbarで、0〜160程度までの数字が振られている方がpsiです。psiの方が細かく目盛りが振られているので、微調整をするならpsiを見ながら空気を入れるのもおすすめです。

    空気圧計付きのポンプがあると便利

    空気圧計(ゲージ)は単体で販売されている商品もしありますが、ポンプとゲージが一体になっているものもあります。マウンテンバイクの空気圧を調整するときは、ポンプとゲージが一体になっているものを使うと便利です。

    ゲージはデジタルで表示されるものと針と目盛りで表示するものがあり、より正確な数値を把握するにはデジタルゲージがおすすめです。

    ゲージ付きの携帯用ポンプも販売されています。サイクリングや出先でちょっとしたメンテナンスが必要になったときのために、携帯用ポンプもひとつ持っておいて損はないでしょう。

    バルブをしっかりとはめることが大切

    自転車のバルブは、形によって英式・仏式・米式の三つに分かれています。英式はシティサイクルやママチャリによく使われるタイプなので、マウンテンバイクに空気を入れる場合は仏式と米式にポンプが対応しているかが重要です。なお、仏式はスポーツバイク全般、米式は一部のマウンテンバイク用のバルブです。

    ポンプの口金は仏式用と米式用で異なり、自転車のバルブに合わせて口金の交換が必要なものや、上下逆で口金パーツ使わなければならないものがあります(ポンプの説明書に従ってください)。

    いずれにせよ、空気を漏れなく入れるためには、バルブに空気入れの口金をしっかりとはめることが重要です。

    適正な空気圧は場合によって変わる

    湖とマウンテンバイク

    (出典) photo-ac.com

    マウンテンバイクの適正な空気圧は、タイヤに記載されている数値が基本となります。ただし状況によって適正な空気圧が微妙に変わることがあります。シチュエーションごとに、適正な空気圧がどのように変わるのかを見ていきましょう。

    スピードと乗り心地、どちらを重視するかで変わる

    空気圧を調整すると乗り心地やスピード感を調整できます。空気圧を高くするとタイヤの転がりが良くなるので、スピードを出しやすくなります。一方で空気圧を低くすると、タイヤが衝撃を吸収しやすくなり、乗り心地が良くなるでしょう。

    タイヤごとに上限の空気圧は決まっているので、今よりもさらにスピードを出したい場合は、より高い空気圧に耐えられるタイヤに交換するという手もあります。ただし、空気圧を高くするとタイヤの接地面積が減り、乗り心地が悪くなったりスリップしやすくなったりするので、注意が必要です。

    衝撃の吸収性を高めたいときは、太いタイヤに交換するのがおすすめです。ただし空気の抜きすぎはパンクや走行不良につながるので、タイヤに表示された適正空気圧を確認し、空気圧が低くなりすぎないよう注意しましょう。

    体重によっても適正な空気圧は変わる

    スピードと乗り心地、いずれを重視する場合でも、自分の体重も考慮して空気圧を決めることが大切です。一般的に体重が軽い人は低めの空気圧、体重が重い人は高めの空気圧が向いています。

    タイヤにかかる重さは、マウンテンバイクの重量+自分の体重です。体重が軽い人が空気圧を高く設定すると衝撃が直に伝わり、腰や背中を痛めてしまうかもしれません。逆に体重の重い人が空気圧を低く設定すると、タイヤが変形してうまく走れないでしょう。

    適正な空気圧は人によって異なります。乗り味の好みや、走りやすさも人によって異なりますので、実際に自分で乗ってみた感触で「ちょうどいい空気圧かどうか」を確かめることが重要です。

    地面のコンディションによっても変わる

    プロのマウンテンバイク乗りの中には、地面のコンディションによって空気圧を変える人も少なくありません。普段乗りの場合でも、空気圧を調整することで、より安全に走れる可能性があります。

    例えば雨の日は地面が滑りやすくなるので、あえて空気圧を低く設定し摩擦を得ると安全に走りやすくなります。逆に安定した硬めの路面では空気圧を高めに設定することでタイヤの転がりを良くし、スイスイ漕ぎ進めることが可能です。

    気温が低いと空気圧も低くなり、気温が上がると空気圧も高くなるので、気圧変化も見越して調整できるようになれば上級者の仲間入りでしょう。適正な空気圧の範囲内で、その日の天候や自分の好みに合わせて微調整してみてはいかがでしょうか。

    空気圧をチェックする頻度は?

    (出典) photo-ac.com

    空気圧のメンテナンスは、どれくらいの頻度で行うべきなのでしょうか。マウンテンバイクの空気圧をチェックするのに適した頻度を解説します。

    1〜2週間に1回は空気を入れよう

    一般的なシティサイクルの場合、一度空気を入れたら1〜2か月程度はそのままにしておく人も多いのではないでしょうか。しかしマウンテンバイクの場合、最低でも1〜2週間に1回程度は空気圧をチェックし、必要に応じて調整する必要があります。

    普段使いのシティサイクルであれば、多少空気が減ったところでそこまで大きな問題にはならないかもしれません。しかしスポーツバイクの場合は、空気圧の調整がその自転車のメンテナンスといっても過言ではないので、こまめな手入れを怠らないようにしましょう。

    適正な空気圧に調整することで、マウンテンバイクの持てる力がフルに発揮されます。できれば日々、乗る前に空気圧をチェックする習慣を身に着けたいものです。

    まとめ

    マウンテンバイク本来の性能を発揮するには、空気圧を適正な状態に保つことが重要です。空気圧が低すぎたり高すぎたりすると、パンクや事故などの原因となるので、注意が必要です。

    適正な空気圧はタイヤの側面に記載されています。空気を入れるときは必ずゲージ(空気圧計)を見ながら微調整を行ないましょう。適正な空気圧はスピードと乗り心地のどちらを重視するかによって、また、体重や地面のコンディションによって変わります。

    微調整を行ないながら、自分に合った空気圧を見つけましょう。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 自転車・MTB 』新着編集部記事

    ジャイアントのマウンテンバイク10選!初心者向けから本格派まで紹介

    2022.09.01

    コンパクトでも走りはスイスイ。注目のミニベロ&フォールディングバイク7選

    2022.08.06

    コンパクトな折りたたみ自転車を持って新幹線旅。岡山のミニベロ試乗会へ行ってみた

    2022.08.03

    e-MTBを満喫するなら、大多喜でキャンプ&ライドだ!

    2022.07.29

    レンタルバイクで楽しむ伊豆の旅 e-MTB で 冒険キャンプツーリングへ!

    2022.07.18

    初心者でもOK!ヒルクライムを楽しむためのコツとおすすめロードバイク3選

    2022.07.02