ビーパル4月号の付録はオガワ(ogawa)とコラボ!「ソロキャン・アウトドアテーブル」を使ってみた | テーブル 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • ビーパル4月号の付録はオガワ(ogawa)とコラボ!「ソロキャン・アウトドアテーブル」を使ってみた

    2022.03.14 BE-PAL付録斎藤純平

    ビーパル2022年4月号の付録の「ソロキャン・アウトドアテーブル」

    筆者私物。

    テントメーカー・オガワのエンブレムが映えるテーブル

    ビーパル2022年4月号の付録は「ソロキャン・アウトドアテーブル」。テントのメーカーとして有名な、オガワとのコラボアイテムです。

    オガワは1914年創業のいわゆる“100年企業”であり、ベテランキャンパーたちからの熱視線を浴びるアウトドア界の重鎮。

    オガワのロゴが描かれたエンブレム

    ブラックのエンブレムが、テーブル全体の印象を引き締めています。

    そのオガワを象徴する印象的なロゴが、天板のエンブレムに描かれています。全体的に素朴な雰囲気をまといつつオシャレな演出が効いた、特別なテーブルです。

    表情豊かで強度にすぐれる「OSB合板」を採用

    「ソロキャン・アウトドアテーブル」を正面から見た姿

    自然味あふれ、質実剛健な雰囲気のあるスタイリング。

    ソロキャン・アウトドアテーブルに採用されている素材はOSB合板。OSB合板とは、細かく砕いた木を圧縮して作りあげた板のこと。

    杉板やベニヤ板とはちがった質感を持ち、1枚1枚がまったく異なる表情を見せる面白い素材です。

    強度にすぐれ、たわみがないことも特徴で、建築やDIYにおいても定番の材料として扱われています。

    全体のサイズは、幅約25cm、奥行き約17cm、天板の高さ約7cm。重量は約375g。パネルの厚さは約9mmもあります。

    やってはいけませんが、天板に乗っても割れないのではないかと感じるほど頑丈です。普通に使っていれば、壊れることはまずないでしょう。

    今回の付録には自分で組み立てる楽しみがある!

    テーブルのパーツを並べている

    付録の箱から取り出したままの状態。

    ソロキャン・アウトドアテーブルは、ビーパルの付録としてはめずらしく、キット形式になっています。天板のパーツ×2枚、脚のパーツ×2枚、コード×1本、ストッパー×1個で構成されています。

    これらのパーツを自分の手で組み立てる仕様です。組み立て方はごく簡単。そしてそこに、ほかの付録とはちがう楽しさがあります。

    コードをテーブルの脚の穴に通している。

    なるべくコードがねじれないように注意しながら通します。

    まずは脚のパーツに設けられた2つの小さな穴に、コードを通します。

    コードにストッパーを装着し、コードの端を結んでいる。

    ストッパーは自分にとって使いやすそうな向きで装着しましょう。

    使いやすい向きにストッパーを装着し、コードの端を結んだら準備完了です。

    使用するときは脚のパーツのスリットに天板の突起部を差し込み、コードを引っ張った状態でロック。これで脚が天板にしっかり固定されます。

    もちろん手で持ち上げたり、ひっくり返したりしても、バラバラになることはありません。

    ソロキャン・アウトドアテーブルを実際に使ってみた

    ソロキャン・アウトドアテーブルの使い勝手を、実際に確かめてみました。

    最初に感じたのが、テーブル自体に適度な重さがあり、草の上でも安定していること。コードをしっかり引っ張れば、ガタつきも生じません。

    天板のスペースは、マグカップを2個置ける程度の広さ。エンブレムにより有効スペースが少し削られているため、天板を裏返すとより広い空間を確保できます。

    カップ麺やカップスープを作って食べるだけでも、アウトドアの感覚を楽しめました。

    これもOSB合板ならではの、ナチュラルな風合いがもたらす恩恵でしょう。

    なお、注意書きには「簡易的なテーブルとなりますので、重いものはのせないでください。また、熱い鍋を直接のせないでください」「平らな安定した場所に置いてください」「火のそばには置かないでください」と書いてありました。使用する場合は安全に関して細心の注意を払いましょう。

    • 正しく組み立て、安定した場所で使用する
    • 火のそばには置かない
    • 天板に重いものを乗せない

    思わぬ事故につながらないように、以上の3点についてはとくに注意が必要です。

    日常に取り入れたいほど魅力的なデザイン

    「ソロキャン・アウトドアテーブル」の上にスピーカーが乗っている。

    Bluetoothスピーカーの台としても、ちょうどいいサイズでした。

    ソロキャン・アウトドアテーブルは、サブのテーブルとして持っておいても損はないアイテムです。

    キャンプでメインのテーブルとして使うのは厳しいサイズですが、「あと少しだけスペースが欲しい!」というシーンで役立ちます。

    アウトドア以外にも、自宅でお気に入りのキャンプ用品を飾ったり、デスクに設置して小さな観葉植物を置いたりと、普段から目に見える場所で使うのもよさそうです。

    ナチュラルな雰囲気と素朴なスタイリングで、日常のなかにささやかな安らぎをもたらしてくれることでしょう。

    ★組み立て方はこちらをチェック!

    この投稿をInstagramで見る

    BE-PAL(@be_pal_official)がシェアした投稿

    私が書きました!
    アウトドアライター
    斎藤純平
    キャンプに関する記事を中心に執筆しているアウトドアライター。趣味はキャンプ・国内旅行・バイク・スキューバダイビング。温泉や神社を巡るのも好きで、そこそこ詳しい自信あり。どこにも定住しない自由気ままな生活を目指すため、ライターとして活動している。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 テーブル 』新着編集部記事

    ボルトやネジなしで組み立て可能!冬キャンプを彩る超機能的六角囲炉裏

    2023.01.03

    品切れ続出のヘリノックス名品「タクティカルテーブルM」をBE-PALが特別に確保!

    2022.12.27

    クールなキャンプサイトを目指すなら、使い勝手も抜群の黒ヘキサテーブルを選ぼう

    2022.12.22

    脱キャンプ初心者!キャンプ棚&ラックのおすすめ28選

    2022.12.14

    好きな高さを選べるogawa「3ハイ&ローテーブルⅡ」でキャンプがもっと快適に!

    2022.12.06

    BBQから焚き火まで対応可能なロゴスの新作テーブルが超便利!

    2022.11.28

    z