100均のウッドデッキパネルがお手頃サイズ!コンパクトなスパイスボックスを簡単DIY[読者投稿記事] | 自作・DIY 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

100均のウッドデッキパネルがお手頃サイズ!コンパクトなスパイスボックスを簡単DIY[読者投稿記事]

2021.03.03

ダイソーさんで販売している小さめのオリーブオイルを普段使っていますが、この瓶の幅とウッドデッキパネルの板幅がピッタリなことに気が付き、興奮して作ってみました。
折りたたむと、245mm×225mm×88mmになります。重量は550gです。
塗装はしていませんが、もともと色がついており、檜や杉でDIYするよりも見た目もよくなったと自己満足しています。
掛かった費用は約700円ほどです。ソロキャンプ用にちょうどよい大きさになったと思っています。

今回使用するメインの素材、ウッドデッキパネル、110円です。

ウッドデッキパネル2つから、板を全10枚取り外します。接着力にはバラつきがありました。剥いだ跡が多少残り、水性塗料で補修しましたが、目立たない箇所なので気にしていません。

板はカットせず、ばらしたままの寸法で箱型に組んでいきます。釘、ネジは使わずボンドでの接着にしたので簡単です。

裏面にシナベニアを貼り付けて補強してます。裏面全面に貼り付けてもいいのですが、軽量化を考えてみました。

上下に仕切りを設けますので、外した板は余ることなく全部使用します。
箱はもう1つ作ります。

セリアさんの箱をダウンサイジングして、オーソドックスに引出しも1つ作りました。
ただ、容積が小さすぎました。折りたたみの箸を入れる程度です(笑)。

板幅と瓶のサイズが一緒なため、一般的なスパイスボックスについている飛び出し防止の横棒(角材)を取り付けるスペースがなく、同じくダイソーさんのゴムのべんりベルトをホームセンターのプレートを使用して取付けました。
これ以上薄くは作れません(笑)。

※こちらの記事は過去の読者投稿によるものです。

バリカタさん

『創って・作って・使う』をモットーにキャンプで使えるギアのDIY方法、アイディアを共有しています。
DIY情報発信が、キャンプグッズを作る楽しみ、愛着に繋がり、アウトドアライフの更なる充実と満足度向上に貢献し、多くの方のココロとカラダの健康促進に寄与出来れば幸いです。
DIYに幸せ、充実を感じておられる皆さま、人とは違うソロキャンプをお楽しみの皆さま、これからキャンプを始められる皆さま、多少の失敗など気にせず、Only Oneなアウトドアを是非一緒にエンジョイしましょう!
36,000名様にご登録いただいているYouTubeチャンネル『バリカタさんのDIYキャンプ工房』にてテーブル、焚き火台、五徳などなどの制作の様子を配信中で、同じ趣味をお持ちの方と双方向で情報交換しています。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 自作・DIY 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。