ミニブッシュクラフトセット 入門編[読者投稿記事] | 自作・DIY 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • ミニブッシュクラフトセット 入門編[読者投稿記事]

    2020.02.27

    ミニ焚火台とミニ肉厚鉄板、付録としてゲット出来なかった皆さん、BE-PAL アウトドアキット BOX( はじめての焚き火入門 )が販売されていますが、手に入れることはできましたか?
    再重版として、2020年3月9日頃から、書店店頭に並び始めるようです。
    あきらめていた方は、この機会に是非ゲットしてみてください。
    ※トップの写真は、僕が作ったブッシュクラフトセットなので、コレとは違いますよ。

    さて、僕は付録で手に入れることができたので、毎週遊び尽くしています。
    鉄板は、お好み焼き屋さんの鉄板みたく、いい味が出てきました。

    いつもは、組み立てたまま棚に飾っていたりするのですが、持ち運びもすぐ出来て、ディスプレイ時もカッコいい収納方法を思いついたので、紹介します。

    ジュラルミンケースとクッションは、ホームセンターでセットで売っていました。
    クッションは、細かく正方形の切れ目が入っていて、自由な形に凹ませることができます。
    固定しているバンドは、お弁当用のゴムバンドで、100均で買ったものです。
    カットしたゴムバンドを、クッションの裏でステープラーで止めています。

    ん〜
    でも、これだけだと、ブッシュクラフトセットとは、いえないな。

    なので
    二重底にして、底にそれっぽいアイテムを収納。
    連結床マットを利用して、アイテムの型に穴を開けたり薄く削ったりして、はめ込んでいます。

    入門編ということで、細かいツッコミは勘弁してください^^;

    焚火台と鉄板、ジュラルミンケース以外は、全て100均で揃えました。

    そして、今や100均でも、ファイヤースターターが売っています。

    色がちょっとイヤだったので…

    モスグリーンにカラーリング。

    火吹き棒は、先端を火で炙りペンチで回し取り、グリップエンドをカッターでカットしました。

    何年も前に作ったので、これと同じ指示棒は、今は売っていないかも。

    肉厚鉄板のおかげで、数段美味しく感じます(^^)


    ※こちらの記事は過去の読者投稿によるものです。

    けいすけさん

    福岡県で薪ストーブのある家に住んでいます。
    ソロキャンデビューの弟を見守り中。
    もうすぐ独り立ちできそうです!

    ホーボージュンさんのような旅に憧れてます。

    今年の目標
    昨年は決行出来なかった、「九州縦断(北九州→鹿児島) & 鹿児島にてキャンプする!」を実現できるといいなぁ

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 自作・DIY 』新着編集部記事

    そろそろ冬支度!ベランダ栽培のローズマリーで、うがいやヘアケアに使える「ハーブチンキ」作りを

    2022.11.12

    都心に住むDIY好きの人を応援する体験型のホームセンター「DCM DIY place」に行ってみた

    2022.11.12

    実は元祖だった!ブラック・アンド・デッカーのエコなハンディクリーナーでテントも簡単お掃除

    2022.11.07

    旅の思い出にいかが? 箱根強羅公園の「クラフトハウス」でとんぼ玉作り

    2022.10.23

    焚き火調理に必要なトライポッドを作る!初心者でも簡単にできる方法を紹介

    2022.10.17

    いも掘りシーズン到来!さつまいものつるを活用してリースを手作りしてみよう

    2022.10.08