愛用の燃焼器具とランタン、どれが人気!? 3位、2位のコールマンをおさえて1位は…!? | ランタン・ライト 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

愛用の燃焼器具とランタン、どれが人気!? 3位、2位のコールマンをおさえて1位は…!?

2022.04.02

愛用している燃焼器具とランタン人気ランキング!

キャンプでのマストアイテム、燃焼器具とランタン。必ずいるものだけど、種類がたくさんある中からどれを選んでいいのかわからないという人も多いのでは!? BE-PAL読者が愛用している燃焼器具とランタンを大調査。大定番はもちろん、変わり種もちらほらランキングしていました!

1位 SOTO/レギュレーターストーブ ST-310

SOTOのレギュレーターストーブ「ST-310」は、ゴトク一体型のシングルバーナーです。カセットボンベが使える手軽さから大人気商品で、ソロキャン派の人はもちろんサブコンロとしてファミリーキャンパーからも人気があります。

外気温が低くても安定した火力を保ってくれるので、寒い時期でも安心。ゴトクが大きいので、大きな鍋やスキレットなどの重たい鍋にも対応します。

シングルバーナーで迷っているときは、これを買えば間違いありません!

 

SOTO

レギュレーターストーブ ST-310

本体サイズ:幅16.6×奥行14.2×高さ11cm 本体重量:350g(本体のみ) 収納時サイズ:幅14×奥行7×高さ11cm 発熱量:2.9kW(2,500kcal/h)(ST-760使用時)

 

2位 コールマン/パワーハウス(R)LP ツーバーナーストーブ Ⅱ

2位は、ツーバーナーの大定番モデルがランクイン!

こちらの商品は、収納時のサイズが約54×32.5×7(h)cmとコンパクトに折りたためるのが特徴。取っ手もついているので、バッグのように持ち運びができます。火力は、ひと口、約3,500kcaとかなりのパワーがあり、ケースが風防代わりになるため、天候が安定しない場所でも問題なく使えます!

 

コールマン

パワーハウス(R)LP ツーバーナーストーブ Ⅱ

サイズ:使用時/約64×32.5×52(h)cm、収納時/約54×32.5×7(h)cm 質量:約4.2kg 火力:最高時約7000kcal/h(約3500kcal/h×2)(レギュラーガス最高出力時

 

3位 コールマン/ノーススター(R)チューブマントルランタン

3位は、コールマンのランタンといえば「コレ!」と言われるほど大人気の「ノーススター」です。

ノーススターには、”ガソリン式”と”ガス式”の2種類があります。ガス式のほうがお手入れは楽ですが、キャンプの雰囲気を盛り上げたい人はガソリン式を選ぶ方も。どちらも十分な明るさがあるので、大人数のキャンプでも大活躍してくれますよ!

コールマン

ノーススター(R)チューブマントルランタン

明るさ: 約360CP/230W相当 燃料タンク容量: 約940cc 燃焼時間: 約7~14時間 サイズ: 約直径17.3×34.3(h)cm 材質: ABS樹脂他 本体重量: 約1.8kg

 

4位 イワタニ/カセットガス ジュニアコンパクトバーナー

こちらもSOTOと同様、燃料は手軽なカセットガス。高熱効率バーナーで高い加熱能力があります。なんと 1Lの水が約4分沸騰! 風防兼用のゴトク構造なので、風にも強くなっています。18cmの鍋まで対応しており、ソロ派にはピッタリのアイテムですね。

イワタニ

カセットガス ジュニアコンパクトバーナー

使用サイズ:幅155×奥行155×高さ127mm/収納サイズ:幅82×奥行68×高さ109mm/商品重量:約274g

 

5位 フュアーハンド/ランタン276

6位 イワタニ/タフまるJr.

7位 プリムス/P-153

8位 スノーピーク/ほおずき

9位 スノーピーク/ギアパワーストーブ

 

 

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ランタン・ライト 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。