雪面ハイキングや熱気球も!「Snow Peak LAND STATION HAKUBA」の冬季体験メニューが楽しそうです! | イベント・フェス 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

雪面ハイキングや熱気球も!「Snow Peak LAND STATION HAKUBA」の冬季体験メニューが楽しそうです!

2022.01.17

「Snow Peak LAND STATION HAKUBA」が一望できる熱気球係留体験イベント

スノーピークが長野県白馬村で運営する体験型複合施設「Snow Peak LAND STATION HAKUBA」では、冬の白馬の魅力を満喫できる「Snow Peak GO(スノーピークゴー) 五竜岳展望コース」を開催中。ほか熱気球から村内の絶景ポイントが⼀望できるイベントなど、さまざまな体験メニューを提供している。

絶景の五竜岳展望台を目指すハイキング企画

Snow Peak GOは気軽にアウトドア体験ができるレンタルサービスの総称。グリーンシーズンはスノーピーク製品のカフェセットやデリをe-BIKE(電動アシスト自転車)に乗せて村内の秘境を巡るポタリングや、標高1,289mの岩岳山頂専用エリアでピクニックができるプランを実施し、好評を博していた。

そしてウインターシーズンでは白銀の世界へと⼀変した白馬の美景が満喫できる、スノーシューを履いたハイキングを企画。ガイドと共に里山を散策する「Snow Peak GO 五竜岳展望コース」がスタートしている。総距離約4kmの散策コースで白樺並木やウサギやニホンジカなどの痕跡を観察しながら五竜岳展望台を目指すもので、展望台からは山麓から白樺三山までを⼀望することが可能だ。

【「Snow Peak GO 五竜岳展望コース」サービス概要】

催行期間:2022年3月31日まで(積雪状況により変動する場合あり)
※事前予約制

時間:11:00~15:00

人数:5人程度(対象年齢:小学校3年生以上)※最少催行人数:2人

料金:
デリあり11,300円(1人)、19,600円(2名)
デリなし:9,800円(1人)16,600円(2名)

散策コース:総距離約4㎞、標高差約150m

レンタルセット:スノーシュー、ストック、スノーショベル、スノーソウ、スノーピークカフェセット
※希望者のみ、有料でスノーブーツレンタル(1,000円)、ウェアレンタル(3,000円)あり

食事:「Restaurant 雪峰」特製デリの有無を選択
その他:温泉入浴チケット、スターバックスコーヒー豆引換チケットつき

URL:https://www.snowpeak.co.jp/landstation/hakuba/snowpeakgo/

赤ちゃんも愛犬も参加可能!熱気球係留体験イベントが今年も開催

ほか昨年に開催して好評を博した熱気球係留体験イベントが、今冬も開催されることになった。

施設前に広がる「野遊びエリア」に係留する熱気球に乗り込み、地上30mまで上昇。朝のフライトでは気象条件がそろえば、北アルプスの山々を赤く染める朝焼け「モルゲンロート」の神秘的な景色と出会うことができる。

こちらは0歳の幼児から搭乗でき、愛犬も⼀緒に参加可能だ。

熱気球イベント

上空からは、壮大な山々をはじめ、世界的建築家の隈研吾氏がデザインした「Snow Peak LAND STATION HAKUBA」を、普段とは違った角度から楽しめる。

さらに今年は焚き火で暖を取りながら、焼きマシュマロをビスケットに挟んで食べる「スモア」作りやホットドリンクのサービスなど、搭乗前後で冬キャンプ気分を味わえるコンテンツも用意されている。

【「熱気球係留体験イベント」概要】

開催日程:
<朝の部(6:30~7:30)>
2022年3月6日・13日・20日・27日・4月3日・10日
<夜の部(18:30~19:30)>
2022年2月5日・12日・19日・26日

料金:大人2,800円、子ども(3歳~小学校)1,800円、犬500円

申込URL:https://urakata.in/new_reserve/courses/hakuba_lion_adventure?center_id=808
※事前予約制
※⾬天、雪天、風速3m以上の場合は中止

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 イベント・フェス 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。