キャンプで肉が旨く焼ける!食材のうま味をじっくり引き出す日本製「極厚鉄板」 | 調理器具・食器 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

キャンプで肉が旨く焼ける!食材のうま味をじっくり引き出す日本製「極厚鉄板」

2021.12.15

極厚ステンレス鉄板で焼いたステーキ

分厚い鉄板で焼いた肉はうまいけれど、鉄製のものはメンテナンスが面倒なところが難点。そこでオススメしたいのが、アウトドア向けアイテムとしては珍しい極厚ステンレス鉄板だ。

ステンレス製ならではの調理の醍醐味

アウトドアブランド「FIRE BANK(ファイアバンク)」からリリースされた「日本製 極厚鉄板 角型ステンレス製」は、職人が1枚1枚磨き上げた厚さ4mmのステンレス鉄板。フチありの形状のため油が落ちにくく、食材のうま味を逃さずに堪能できるのが特徴だ。

分厚い鉄板の中央に刻印したブランド名「FIRE BANK」

分厚い鉄板の中央にブランド名を刻印。

ステンレスの熱伝導率は、鉄の4分の1。しかも、極厚なので低温でじっくりと調理でき、蓄熱性が高いので一度温めたらなかなか冷めることがない。

カセットコンロの上に鉄板を置きステーキを焼く

低音でじっくり焼き上げてくれる。

ヘラになるリフターでメンテナンスも手軽

ステンレスは錆びにくい材質のため、メンテナンスが簡単。付属のリフター(持ち手)の先端はわざと切断時に残る突起のバリを残しているため、鉄板のこびりつきなどを取り除くヘラとして重宝する。

リフター(持ち手)を使って、鉄板上の油を片側に寄せる

ヘラとして使えるリフター。

ステンレス製も鉄製と同様、調理を重ねるほどに黒く変色することもあるが、品質や機能性への影響はなし。じっくり使い込んで、自分なりのステンレス鉄板を育てる楽しみもある。

使い込んみ黒いシミのついた鉄板

使い込むほど味のある風合いに。

本体はA5サイズで、A4サイズの頑丈なデニム製トートバッグを同梱。持ち運びも手軽だ。

鉄板とヘラと付属のデニム製トートバッグ

持ち運びに便利なデニム製トートバッグを付属。

「日本製 極厚鉄板 角型ステンレス製」概要

型番:STP-1A
サイズ:鉄板20×157×207mm、リフター10×40×160mm
重量:鉄板1.3kg、リフター81g
材質: 鉄板SUS304、リフターSUS304
価格:7,999円

販売サイト

https://firebank.theshop.jp/items/54855160

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 調理器具・食器 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。