キャンプや外への持ち運びに!用意しておくと便利な「最新お茶淹れ道具」5選 | アウトドア雑貨・小物 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アウトドア雑貨・小物

    2021.05.14

    キャンプや外への持ち運びに!用意しておくと便利な「最新お茶淹れ道具」5選

    1年でもっともお茶がおいしく味わえる季節

    突然ですが、1年で一番おいしい日本茶のシーズンはいつごろかご存じですか? 実は、この4月から5月にかけてとされています。理由は新しい茶葉ができ、緑茶の旬を味わうのにぴったりな季節だからです。

    今回は、そんな旬の日本茶を淹れるのに便利なお茶の道具たちを紹介します。アウトドアや庭キャンプ、べランピングでお茶を淹れる際にも役立ちますので参考にしてみてください。

    便利道具1: 茶しゃじ

    まさしく茶葉をすくうための道具。現在は茶缶の中に納められるようにコンパクトなミニサイズが数多く出ています。

    長さのある茶しゃじは、深い茶缶や大きい袋に入った茶葉をすくいやすく、使い勝手がいいのが特徴です。

    竹素材が多いのですが、天然の無垢材のしゃじも味わいがあってアウトドアにぴったりです。

    一般的な茶しゃじは、1すくいで1回分の茶葉がすくえるようになっています。磁石付きで茶缶に付けられるものもあり、茶缶と一緒に収納することで、アウトドアで紛失しにくくなり大変便利です。

    便利道具2:茶こし

    今回ご紹介する茶こしは、アウトドアでよく使用されているシェラカップサイズに合わせたステンレス製の茶こしです。

    底が浅いので、少ない水の量でもしっかりお茶を淹れられます。

    こちらはメッシュ部分も非常に細かく、茶葉専用の茶こしメッシュとなっています。また、シェラカップに合わせた形状とすることで、アウトドアでおいしく茶葉の日本茶を淹れることもできます。

    便利道具3:茶缶

    お茶は水分、日の光、高温に弱い(酸化しやすい)性質があります。そのため外に持ち出す際には光を通さず機密性の高い容器に入れておくことがポイントです。

    写真のような茶葉専用の茶缶は、二十重フタになっており機密性の高いものが多いです。また、持参する茶葉の種類や茶葉の容量に応じて茶缶のカラーやサイズを分けて収納しておくと、いざお茶を淹れるときにもスムーズです。

    茶缶は大きさやデザイン、カラーがいろいろありますので、キャンプや外に出かける日数や人数で使い分けるのもいいでしょう。

    なお、私自身はソロキャンプや日帰りが多いので、手のひらサイズの小ぶりなものを複数茶葉ごとに色違いで用意します。グループキャンプや連泊の際は大きいものに入れていきます。茶缶は茶葉だけでなく、コーヒー豆やお米、お菓子、お子様やペットのおやつなどを入れて外に持ち出すのもおすすめです。

    便利道具4: 茶たく、コースター

    シェラカップ、カップなどでお茶を飲む際にテーブルなどに輪じみができてしまうのが気になる方には、茶たくやコースターがあると安心です。

    レザータイプや木製タイプは外で使うにも自然に調和しやすく、人数分を良いしておくといいでしょう。小さな鍋敷がわりにも、アウトドアでの調理道具を置くことにも使える便利アイテムです。 

    便利道具5:手拭い 

    和手拭いがあれば、お茶道具を風呂敷のように縛ってまとめます。洗った手を拭いたり、テーブルを拭いたりと何かと使える優れものです。

    手拭いの多くは、端が切りっぱなしになっています。この仕様により濡れた際の乾きが早く、雑菌が手拭いに溜まりにくいとされています。また、端を縫っていないことで手拭い自体を手で裂きやすく、万が一アウトドアでケガをした際の応急処置にも使えます。

    道具はすべてケースにひとまとめ

    お茶を淹れる茶器や湯飲みなどを外に持ち運ぶ際には、厚みのあるパッドが入った収納ケースをおすすめします。不意な落下や衝撃からアイテムを守ります。

    アウトドアへ持ち出すために、できるだけ衝撃などから茶器を守ってくれるケースに入れておきたいものです。このように間仕切りがあり、深めのものが収納と持ち運びに便利でしょう。

    どうぞあなたもぜひこれらの道具を使って、お外でお茶タイムを楽しんでください。

    私が書きました!
    大島清吉商店 代表取締役
    大島崇嗣
    大正初期に茨城県古河市にて創業した日本茶販売店の4代目。アウトドア好きの趣味が高じて、アウトドア雑貨の販売も行なう。お店やイベント出店、SNS等での活動を通じ、日本茶をアウトドアやキャンプで飲むおいしさや楽しさを多くの人に知ってもらい、日本茶好きな人を1人でも多く増やすのが使命

    NEW ARTICLES

    『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

    キャンプに必携!マダニに噛まれたら…電気ショックで気絶させる「エレクティック」

    2024.05.19

    約175gと軽量かつ丈夫!晴雨兼用の折りたたみ傘はトレッキング仕様がおすすめ

    2024.05.18

    「SNS映えする」と人気上昇中!キャンプに連れていきたくなる萬古焼の「蚊やり豚」

    2024.05.17

    100均のセリアで発見した「香りで虫除けシリーズ」を屋外で試してみた

    2024.05.16

    ダイソーの「圧縮バッグ」にどれくらい入るのか検証してみた!

    2024.05.13

    浮く、大容量、暗闇で光る…!? 使い方に合わせて選べるおすすめ防水スマホケース6選

    2024.05.12

    軽量で丈夫なモンベルの傘が優秀すぎる!おすすめモデルを8個紹介

    2024.05.07

    「カメラホルスター」を活用すれば、アウトドアで最高の一枚を狙えるぞ!

    2024.05.04