ローホルでお馴染みのナガラ食品が監修!簡単調理のホルモン焼きがローソンから新発売! | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • ローホルでお馴染みのナガラ食品が監修!簡単調理のホルモン焼きがローソンから新発売!

    2021.05.19 アサノダイスケ

    写真は全て筆者の私物です。

    ローソンホルモンの進化系!さらに調理が簡単なホルモンが登場!

    プラスチックのパッケージに入ったホルモン焼き。

    全国のローソンで販売されている、ローホルやナガホルの愛称でお馴染みの商品。

    アルミ皿に入った汁とホルモンがカチカチに冷凍され、火にかけるだけで食べられる手軽さが、キャンパーからも人気の商品です。

    そんなローホルを製造しているのが、東京のナガラ食品という会社なのですが、今回そのナガラ食品が監修し、ローソンから新たに「ホルモン焼き」という商品が発売されました。

    これまでのホルモン鍋と何が違うのか、実際に入手し調理して確認してみたのでご紹介します。

    これからのキャンプ飯の新定番にもなりうる商品なので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

    ホルモン鍋より格段に簡単になった調理方法!

    ホルモン焼きは、レンジ調理ができるのが最大の特徴。

    今回発売されたホルモン焼きは、ホルモン鍋より調理方法が簡単になりました。

    今までのホルモン鍋は直火やIHで加熱し、冷凍されたホルモンを解凍する必要がありました。

    それでも充分簡単な調理方法でしたが、ホルモン焼きはレンジ調理に。

    パッケージのフタを少しだけ剥がし、レンジで加熱するだけ。家庭用レンジで500Wなら2分20秒、600Wなら1分50秒。業務用レンジの1500Wならたったの50秒で調理が完了してしまうので、とても手軽に食べられるようになりました。

    意外とカロリーが低いのも魅力的。

    ちなみにパッケージ裏の原材料名を確認してみましたが、使用されている原材料はホルモン鍋と比べて、そこまで大きな違いは見られませんでした。

    原材料の使用割合が異なったり、細かい添加物などの相違点はありましたが、味に大きく関わる違いは無いように感じました。

    ホルモン鍋と同様、パッケージ内でカチカチに凍ったホルモン。

    内容量は100g。ホルモン鍋が240gあったため、比較すると半分以下の内容量になっているようです。

    ひとりで食べる場合や、酒のつまみとして食べる場合は、この100gという量が調度良いように感じます。

    パッケージ内で冷凍されている汁やホルモンの見た目は、ホルモン鍋と大きな違いは無いようです。

    キャンプで食べる際は、メスティン調理がおすすめ!

    パッケージから取り出した凍ったホルモンは、ダイソーメスティンにシンデレラフィット。

    レンジ調理が手軽なホルモン焼きですが、キャンプ場ではレンジ調理をするのはなかなか難しいですよね。

    そこでおすすめしたいのが、冷凍されたホルモンをメスティンに移して加熱する方法。

    100円ショップのダイソーで販売されている通称ダイソーメスティンが、凍ったホルモンを入れるのにサイズが驚くほどぴったりです。

    凍っているホルモンはパッケージから簡単に取り出すことができますし、箸を使えば手が汚れることもありません。

    メスティンで直火加熱すると、あっという間に解凍できる。

    冷凍ホルモンを入れたメスティンを直火で加熱、弱火で30秒から1分程度すると汁が溶け、凍ったホルモンがばらばらと崩れ始めます。

    メスティンの底で汁が焦げ付かないように、箸でかき混ぜながら加熱すると、あっという間に解凍が完了します。

    少しとろみの付いた汁が、ホルモンによく絡む。

    完全に解凍が終わると、熱々のホルモンが湯気を立てて美味しそうな匂いがします。にんにくがふんわりと香り、白米や酒とよく合いそうな印象です。

    ホルモン鍋に比べてネギが少ないように感じますが、サイズが小さなネギが幾つも入っていました。

    ゴマが入っているのはホルモン鍋と同様で、ホルモンを食べ進めているとたまにゴマの香りもして美味しいです。

    プリプリとしたホルモンがとても美味しい。

    主役のホルモンは国産豚の小腸が使われており、プリプリとした食感が病み付きになります。

    噛みしめると濃いめの味付けが口に広がり、ビールや日本酒が欲しくなりました。

    味は醤油ベースで、にんにくがよく効いています。辛みもあり、食べた後に少量の汗をかきました。

    やはり味はホルモン鍋に近かったです。調理方法がレンジでできるようになったため、より手軽に食べられるようになった商品、という位置付けのように感じます。

    そして内容量が100gと調度良いので、ホルモン鍋をひとりで食べきるのは大変という人でも、安心して食べられるのが嬉しいポイントです。

    ローソンのホルモン焼きは、キャンプ飯の新定番になりそうな予感!

    ローソンのホルモン焼きは、キャンプ飯におすすめ。

    レンジ調理が可能なため、自宅で食べる際にとても手軽なホルモン焼き。

    しかしジャストサイズのダイソーメスティンを使えば、キャンプシーンでも簡単に調理できる商品なのでおすすめです。

    全国的に気温も上がり、キャンプのオンシーズンになった昨今。

    次のキャンプのお供に、ローソンのホルモン焼きはいかがでしょうか。酒とよく合うので、キャンプの夜にぜひおすすめしたい商品です。

    私が書きました!
    フリーライター
    アサノダイスケ
    秋田県在住。幼少期に父に連れられて行ったキャンプでアウトドアに目覚め、妻ともアウトドアがきっかけで知り合い、結婚しました。毎週末、妻とキャンプに出掛ける日々を送っています。目下の目標は「雪山での雪中キャンプ敢行」で、それに向けて着々と準備中です。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 料理・レシピ 』新着編集部記事

    キャンプでカニ玉が作れる時代に!?フリーズドライで作る「シェラカップ中華」

    2023.02.02

    豪快に蒸し焼き、がおいしい!旨味たっぷりの牡蠣と白子の昆布締めホイル焼き

    2023.01.30

    たこ焼き…じゃなくてシュウマイ!? 大人も子供も楽しめるキャンプ飯の作り方

    2023.01.27

    アルペンとCoCo壱番屋のコラボ「スパイシーキーマカレー」と餃子の皮で簡単カレーラザニア!

    2023.01.26

    二郎系?…じゃなくて“キャンプ系”ラーメン!エスビー「やみつきにんにく背脂」で野菜も脂もマシマシ

    2023.01.22

    無印良品のサムゲタンがキャンプ飯に便利だった。韓国風薬膳スープを作ろう

    2023.01.20

    z