手のひらサイズで最高の切れ味!金物の町が生み出した「折りたたみナイフ」が新登場 | 刃物・マルチツール 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 刃物・マルチツール

    2021.05.05

    手のひらサイズで最高の切れ味!金物の町が生み出した「折りたたみナイフ」が新登場

    兵庫県三木市にある工具刃物メーカー「神沢鉄工株式会社」から、手のひらサイズの折たたみ式ナイフが販売される。明治28年創業の同社が発売する商品は、クラウドファンディングで800万円以上の支持を集めた「折りたためる包丁」がテーマのナイフの弟分モデル。切れ味はそのままに、携行性を高めた注目のアイテムだ。

    手のひらサイズの料理用折りたたみナイフ

    「ヤマ飯ナイフ(イペ)」¥7,590

    429日に発売されるのは、ポケットやバッグにミニマルに収まる「ヤマ飯ナイフ」。ナチュラルな風合いの調理用ナイフで、バッグなどに下げて保管できるように、真鍮製のランヤードホールを装備している。

    「ヤマ飯ナイフ(リップルブラック)」¥9,900

    フェデカの一番の特徴は、包丁感覚で切れる絶妙なカーブ。新商品にもこの構造が採用されており、食材を奥までカットした際に指がまな板などに当たらないように配慮している。

    「ヤマ飯ナイフ(名栗イぺ)」¥9,240

    刃渡りは7cmで、一般的なペティナイフよりやや小型に設計。

    手のひらに収まるサイズ感で持ち運びも楽チン。

    ブレード部分には、プロの料理人向けの和包丁などにも使われる日立金属のステンレス鋼「銀紙3号」を使用。炭素とクロムをバランスよく組み合わせた含有量で強度が増し、鋭い切れ味が持ち味だ。

    調理後に実感するメンテナンスしやすい構造

    付属の板ドライバーでネジを緩めれば、ハンドルとブレードがバラバラに。

    フォールディングナイフの弱点は、ブレードを折り畳んだ内部の汚れが取れなくなってしまうことだが、このナイフは簡単に分解洗浄できるのも魅力。肉や魚の調理後にも、隙間に挟まったままの肉片を簡単に取り除ける。

    市販の包丁研ぎでもメンテナンスできるので、ナイフ初心者も安心。

    果物などをカットした後も、果汁でベタつくハンドル部分を中まで洗うことができ、分解して乾燥させられるので、カビや錆の予防もできて衛生面でも安心だ。

    選べる3つのハンドルデザイン

    「イペ」は重量や硬度もあり、重厚な質感が特徴だ。

    ハンドル部分は、デザインや素材の違う3種類を用意し、それぞれ値段が異なる。

    2つのデザインに使用されている南米産の広葉樹イペは、港湾や岸壁のウッドデッキにも使用される材料で、人の往来の激しい場所にも耐えうる強度と、水のかかる環境でも安心な高い耐久性を誇る木材だ。

    凹凸のあるデザインが美しい「名栗イペ」

    名栗イペは、工具で削り跡を残す日本古来の加工技術「名栗加工」を再現しており、全体的に躍動感のある雰囲気を醸し出している。

    艶のあるブラックが、洗練されたイメージを際立たせている。

    「リップルブラック」には、天然木材を重ね合わせ樹脂で圧着加工した、積層強化木を使用。水面に浮かぶ漣(さざなみ)のような、細かく繊細な凹凸がほどこされ、上品かつ華やかな印象だ。

    「フォールディングナイフ用レザーケース(小)」¥2,750

    ナイフとあわせて、別売りのレザーケースも手に入れたいところだ。最初は薄いアイボリーの色味をしているが、年月とともに色がキャメル色に濃くなっていき、味わいが増すそうだ。

    登山用のクッカーなどにスッポリと収まるので、ぜひセットで持ち歩いていただきたい。

    ミニマルに持ち運べるこのナイフで、キャンプや登山などに持ち運んで料理を楽しんでみてはいかがだろうか。

    商品概要

    フェデカ「ヤマ飯ナイフ」

    価格:イペ ¥7,590、名栗イペ ¥9,240、リップルブラック ¥9,900
    サイズ:17.2cm(刃渡り 7.2cm)
    収納サイズ:11.5cm
    重量:イペ 49g、名栗イペ 45g、リップルブラック 49g

    フェデカ 公式ページ
    https://www.fedeca.com

    NEW ARTICLES

    『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

    ヘレナイフの人気クラシックナイフが10年ぶりにカムバック!オールラウンダー「フューチュラ」

    2024.07.07

    焚き火で活躍する手斧!「まさかり斧」と「スウェーデン斧」どっちがおすすめ?

    2024.06.25

    キッチンナイフとハサミが一体化!刃物の名産地で作られたLOGOS「アウトドア用万能ハサミ」

    2024.05.31

    キャンプや焚き火におすすめナイフ&アックス19選!料理、薪割り、バトニングに使ってみた

    2024.04.07

    キャンプの鉈はトヨクニの「豆鉈」がおすすめ!小さいことはいいことづくめだった

    2024.03.15

    オピネルのナイフのサイズ比較。キャンプでおすすめは何番?

    2024.03.14

    トヨクニの包丁をアウトドアにもっていくならこれ!小ぶり包丁+ナイロンケースが最強

    2024.03.05

    ヘレナイフからナイフカバーが登場!お気に入りの1本を大切に保管しよう

    2024.02.17