エシカルなものだけを!買うときに一目でわかるライフスタイルセレクトショップ「エシカルシー」 | アウトドアショップ・自然派の店 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アウトドアショップ・自然派の店

    2021.03.18

    エシカルなものだけを!買うときに一目でわかるライフスタイルセレクトショップ「エシカルシー」

    私が書きました!
    ロハスジャーナリスト・フリーアナウンサー
    林 ゆり
    関西を中心にテレビ、ラジオ、舞台などで活動後、東京に拠点を移し、執筆も始める。幼いころからオーガニックに囲まれて育ち、MYLOHASに創刊から携わる。LOHASを実践しながら、食べ物、コスメ、ファッションなど、地球にやさしく、私たちにもやさしいものについてWeb媒体やブログで発信中。

    オーシャンフレンドリーを掲げる「エシカルシー」がオープン

    環境に配慮してエシカルなものを選ぶ動きが広がっています。ただ、エシカル消費を心がけていても、選ぶときにわかりにくいこともありますよね。成分表示やフェアトレードなど、ひとつひとつ確認するのは、毎回となると意外と大変です。そんなときに便利なのがオープンしたばかりのエシカルセレクトショップブランド「EthicalSEA(エシカルシー)」です。20213月、横浜と川崎にオープン。今回取材では、川崎店に行ってきました。

    コンセプトは、エシカル・サスティナブル・テックのセレクトショップ

    2021年3月11日にアトレ川崎にオープンした「エシカルシー」。

    エシカルとは「倫理的な」という意味の形容詞ですが、近年では、環境保全や地域、社会への考慮といった意味でとらえられていることが多い概念です。そのなかで、私たち個人が実践しやすいもののひとつが「エシカル消費」と表現されています。そんなエシカルでサスティナブル、さらにテックをコンセプトにライフスタイルアイテムを500種類以上集めたセレクトショップブランドが「エシカルシー」です。エシカルシーという名前の通り、エシカルと海がテーマ。アメリカ西海岸カルチャーからインスピレーションされたオーガニックやオーシャンフレンドリーをキーワードに、海や地球環境、SDGsに配慮した商品や各種認証を取得した商品が並びます。海がテーマのひとつでもあるので、横浜、川崎とオープンした後も、3月31日オープン予定の大井町店など、ベイエリアを中心に店舗を増やしていく予定だそうです。

    7つの理念を大切にした商品セレクト

    7つの理念のアイコン。

    エシカルシーには、7つの理念のもとセレクトされた商品が並んでいます。どの商品がどんなエシカル消費につながっているのか、一目でわかるようにアイコンが表記されています。

    • OG  ORGANIC(オーガニック成分配合)
    • OF OCEAN FRIENDLY(水質汚染防止)
    • PF PLASTIC FREE(プラスチックフリー)
    • GR  GREEN RECOVERY(森林保護・CO2削減)
    • FT  FAIRTRADE(フェアトレード)
    • VG  VEGAN(ヴィーガン)
    • NT  NATURAL(自然由来成分配合)

    アルファベットのアイコンが、それぞれの商品のポップに記されています。気になったアイテムが、どのようにエシカルであるかが一目でわかるのはうれしいですね。また、地域に根付いた自然由来の成分を大切に扱っている生産者さんたちのアイテムを広めることにも力を入れているそうです。

    ココでしか出会えないアイテムも

    日本初上陸やここでしかフルラインが揃わないなど、エシカルシーならではの商品にも出会えます。おすすめをご紹介します。

    Ola Tropical ApothecaryOG,GR,OF,NT

    「Ola Tropical Apothecary」のフルラインが並ぶのは、現時点ではエシカルシーだけ。

    ハワイアン・オーガニックの伝統を継承するブランド「Ola Tropical Apothecary」です。マナ(精霊)が宿るとされるハワイの植物や花を有機農法で育て、厳選して使用されています。果物の豊富なビタミン、清浄な花の作用、幾千年もの間使われてきたという有機オイルやバターの濃密成分やミネラル豊かなシーソルトが含まれ、肌に心地よくケアできます。さらに、南国の楽園にいるような香りでリラックスできます。ハワイに行けるのはまだ先になりそうなので、香りで南の島の気分を楽しみたくなりますね。フルラインで選べるのは、エシカルシーだけです。

    SUTENAIOF,PF

    何度も洗って使える「SUTENAI」3本入り 990円(税込み)。

    脱プラスチックで、ストローも繰り返し洗って使えるものが発売されていますが、気になるのが洗う時です。内側をきれいに洗えるように専用の洗浄ブラシを販売しているブランドもありますが、この「SUTENAI(ステナイ)」はなんと、開いて洗えるシリコンストローなんです。

    内側もきれいに洗えます。

    ほこりがつきにくい特殊加工も施されていて、開くことでしっかり洗えているか目視できるのも安心です。シリコン製なので柔らかく、自由自在に変型し、持ち運びにも便利です。小さな子どもが使いやすいように、半分に切って使うこともできます。

    2XPOF,PF,VG,NT

    国内の常設店舗で初登場の「2XP」各125mL 4,950円(税込み)。

    日差しが強くなる季節に忘れてはいけないのが日焼け止め、こちらも要チェックです。昨年、日本でも発売がスタートした「2XP(ツー・エックス・ピー)」が、常設店舗としては初めて展開されます。2XPは、極端な気候条件(太陽、塩、水、風、波)でも高度な肌のプロテクト効果を実現するため、「サーフィンオーストラリア」と提携して開発され、選手がテストを繰り返し完成したという効果期待大の頼もしさです。軽いテクスチャーでありながら、安心のサンプロテクト。パッケージには、リサイクルプラスチックが使用されています。

    エシカルシーでは、エシカル消費を広めるだけでなく、よりオーシャンフレンドリーな取り組みとして、海洋プラスチックごみ回収装置「シービン」を設置し、ブランドとして海洋保全や海をきれいにすることへの取り組みも積極的に行なっていくそうです。消費者である私たちにとっては、期間限定ショップなどでしか手に入らなかった、まだあまり目にしたことのない商品もラインアップされているので、新たな出会いがあります。また、オーガニック認証として世界的に知られているコスモス認証などのほか、日本オーガニックコスメ協会の推奨マークである「JOCA」の商品を集めたコーナーがあるなど、エシカル消費のための工夫がされているので、商品の背景を考えながら買い物が楽しめますよ。

    Ethical&SEA 
    https://ethicalsea.com/

    NEW ARTICLES

    『 アウトドアショップ・自然派の店 』新着編集部記事

    パタゴニアがある三井アウトレットは?全国の直営店もチェック

    2024.06.22

    雨の日のコーデ、どうしてる?アウトドアブランドのショップスタッフ10人に聞いてみた

    2024.06.22

    Helinox初の海外直営店「Helinox Creative Center Tokyo」で1周年イベント開催! 

    2024.06.02

    キャンプ用品買取店のおすすめ11選!高く売るコツも解説

    2024.05.22

    NANGA初となる布団専門の店舗「NANGA FUTON SHOP」がオープン!

    2024.05.04

    祝OPENで行ってきた!「スノーピーク 鹿沼キャンプフィールド & スパ」完全ガイド

    2024.04.17

    コストコに入店できる人数を徹底解説!東京近郊の店舗もチェック

    2024.03.22

    昭島アウトドアヴィレッジとは?体験型の商業施設を徹底解剖

    2024.03.17