火星と冬の星座たち、赤く輝くベテルギウスは来年も同じ色とは限らない!? | 自然観察 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 火星と冬の星座たち、赤く輝くベテルギウスは来年も同じ色とは限らない!?

    2021.02.19 廣瀬匠

    私がガイドしました!
    星空案内人
    廣瀬匠
    星空案内人 廣瀬匠天文系ライター。株式会社アストロアーツで天文ニュースの編集などに携わる。天文学の歴史も研究していて、パリ第7大学で古代インドの天文学を 扱った論文で博士号を取得。星のソムリエ®の資格を持つ案内人でもある。

    冬の星座の間を渡り行く火星に注目

    2月25日ごろの南西の空。火星は画面の右端。おうし座の背中のほう、すばるより西に。おうし座の東側にはオリオン座。(画像:アストロガイドブラウザ2021/アストロアーツ)

    今年の2月は目立った天文現象がなく、惑星のそろい踏みも太陽が近くにあって見えにくく、トピックが少ないのが特徴と言えば特徴でしょうか。それでもこの季節は空気が冴えわたり、星空がいっそうきれいに見えるでしょう。ぜひ冬空を見上げていただきたいものです。

    2月の下旬、日没後に南西の空にかかっている赤っぽい星が火星です。これから3月にかけて、冬の星座たちの間を渡り歩いていきます。上の図のように、2月25日夜20時ごろは、まだ火星はおうし座の西側に位置しています。

    3月10日の20時の南西の空。火星はおうし座のすばるとアルデバランの間に。(画像:アストロガイドブラウザ2021/アストロアーツ)

    3月10日ごろはおうし座の中、すばるの近くに位置しています。このあと、ふたご座、かに座の法へ動いていきます。こうした惑星の動きに注目してみると、「黄道12星座」のつながりや、太陽の天上の見かけの通り道「黄道」も見えてきます。

    生きているうちに超新星が見られるとしたら、オリオンのベテルギウス

    見頃を迎えるのは3月に入ってからですが、ここで面白いのは火星と、おうし座の1等星アルデバラン、オリオン座の1等星ベテルギウスの色比べです。

    アルデバランはオレンジ色っぽく、ベテルギウスは赤く見えるでしょう。ベテルギウスと比べると、火星は案外、赤くないなと思われるかもしれません。

    オリオン座の左上の赤い星が変光星ベテルギウス。左は2012年2月、右は2020円2月のベテルギウス。(Author:H. Raab)

    ベテルギウスという星は周期的に明るさが変わる変光星ですが、ここ数年は予想以上に暗くなったり、また持ち直したりと目の離せない変光星です。赤色をしているのは星の寿命が近いことを示しています。

    実はベテルギウスはいつ爆発してもおかしくありません。

    距離は500700光年ほどと比較的、地球に近い星です。もし、500700年前に爆発していれば、そろそろ超新星として発見されることでしょう。超新星とは、昼間でも見えるほどの明るい星ですが、それは星が寿命を迎えて爆発した光です。歴史上、そのような超新星は数えるほどしか確認されていません。そんな希有な現象が、私たちの生きているうちに目撃できるかもしれない星、それがオリオン座のベテルギウスです。

    今年は光度を回復し、赤く輝くベテルギウスですが、来年も同じように見られるとは限りません。この冬のベテルギウスの色をどうぞ覚えておいてください。

    取材・文/佐藤恵菜

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 自然観察 』新着編集部記事

    2月2日に最接近!一期一会の新彗星「ZTF」を探してみよう

    2023.02.01

    1月23日、日没後の空に金星、土星、極細の月が集合!!

    2023.01.22

    自然の中で生きものたちが教えてくれる目印「フィールドサイン」って?

    2023.01.17

    タンザニア在住記者が体験!アフリカでも希少な「ボートサファリ」とは

    2023.01.10

    2023年の星空、前半の注目はビーナス金星の惑星ランデブー!

    2023.01.02

    『Wildlife Photographer of the Year』最優秀賞を受賞!自然写真家・高砂淳二氏が作品に込めた地球への思い

    2023.01.02

    z