薪ラックにもなる便利なログキャリーを作ってみよう!帆布とペグで頑丈にDIYする方法 | 自作・DIY 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 薪ラックにもなる便利なログキャリーを作ってみよう!帆布とペグで頑丈にDIYする方法

    2021.03.05 アサノダイスケ

    私が書きました!
    フリーライター
    アサノダイスケ
    秋田県在住。幼少期に父に連れられて行ったキャンプでアウトドアに目覚め、妻ともアウトドアがきっかけで知り合い、結婚しました。毎週末、妻とキャンプに出掛ける日々を送っています。目下の目標は「雪山での雪中キャンプ敢行」で、それに向けて着々と準備中です。

    薪を運ぶログキャリーを、便利に自作してみよう。

    持ち手のペグを地面に刺せば、薪ラックに変身。

    焚火の燃料となる薪を運ぶ際、ログキャリーがあると便利です。市販のログキャリーは袋型や箱型、バケツ型など様々な形状のものが販売されています。

    今回ご紹介するのは、薪を1枚の布で包んで持ち運ぶ、シンプルな構造のログキャリーの作り方です。布の素材を帆布にすることで、かなり重い薪を持ち運ぶことができます。

    さらに持ち手にペグを使ことによって、薪ラックとしても使える一石二鳥の便利なログキャリーです。

    自分で作ったログキャリーを使って、焚火を楽しんでみるのはいかがでしょうか。市販品よりもずっと愛着が湧きますよ。

    ログキャリーの作り方

    準備するもの

    準備するもの。右下は1/50の縮小試作品。

    ・6号帆布(90cm×40cm)
    ・ペグ4本(40~50cm)
    ・裁縫道具

    重量のある薪を運ぶため、頑丈な帆布を使用します。帆布は6~8号の、厚手のものがおすすめです。

    4本のペグは、持ち手と薪ラックの支柱を兼ねています。

    作り方

    帆布に90cm×40cmのカットラインを書き込む。

    まずは帆布を90cm×40cmに切り出します。

    50cmのペグを使用する場合は、90cm×50cmに変更してください。

    帆布の両端を内側に折り重ね、最終的に赤いラインの大きさになる。

    帆布の断面は、糸がポロポロとほつれてしまうため、折り重ねて表から見えないようにします。

    帆布の両端を内側に折るため、帆布の大きさは最終的に、上の写真の赤いラインになります。

    内側に折り重ねたら、アイロンで折り目をしっかり付ける。

    帆布の両端は1.5cmで2回折ります。折り重ねたらアイロンを当てて、折り目をしっかり付けましょう。

    アイロンを使う際は火傷に充分注意しましょう。

    折り重ねた部分を、半返し縫いで縫い合わせる。

    アイロンを当てただけでは折り目が開いてしまうので、縫い合わせます。縫い方は、波縫いよりも頑丈な半返し縫いがおすすめです。

    あらかじめチャコペンなどで線を引き、その上を縫うと縫い目が波打たず、直線で綺麗に縫える。

    縫う際はなるべく縫い目が波打たないようにしましょう。綺麗な直線だと、見た目がとても良くなります。

    裏面はこのような感じ。両端の折り重ねた部分に強度が生まれ、重い薪を乗せても生地が破損しにくい。

    表面の縫い目が波打たずまっすぐだと、裏面も綺麗な直線になります。

    両端を折り重ねると、生地のほつれを予防するだけでなく、強度が生まれます。重い薪を運ぶことを考えると、両端の処理はしっかりしておきたいところです。

    持ち手のデザイン。

    はじめて作るものはざっくりでも良いので、完成時のイメージをスケッチすると良いです。頭の中が整理されて、製作中に失敗する可能性が低くなります。

    ある程度の寸法も決めておくと、製作中に確認することができ、測り間違いや不具合が起きにくくなります。

    持ち手部分のカットライン・折り目を書き込む。

    帆布に持ち手部分を作ります。実線がカットライン、点線が折り目の線です。

    カットラインに沿って裁ち切る。

    先ほど書き込んだカットラインに沿って、裁ちばさみで裁ち切ります。

    はさみを使う際は誤って怪我をしないように、細心の注意を払いましょう。

    帆布を半分に折り、もう一方にも持ち手のカットライン・折り目の線を書き込む。

    持ち手部分の処理は、帆布の両端2ヶ所に施す必要があります。

    帆布を半分に折って、先に作った一方の持ち手部分のカットライン・折り目の線を、もう一方にも書き込みましょう。

    帆布の両端を折り重ねたのと同様に、持ち手の生地断面を折り重ねる。

    持ち手部分の生地も裁断したため、糸がほつれてしまう恐れがあります。

    帆布の両端を折り重ねたのと同様の処理を、持ち手部分の生地断面部分にも行います。

    持ち手部分を表側からみた図。

    持ち手部分の生地断面を折り重ねて縫い合わせると、上の写真のようになります。

    持ち手部分を裏側からみた図。

    裏から見るとこのようになります。

    生地を裁断した断面を表に見せないように処理すると、ほつれや破けを予防することができ、道具の寿命を延ばすことに繋がります。

    持ち手のペグを装着。

    持ち手のペグを挿入すると、このようになります。ペグはなるべく、鋳造の頑丈なものを使いましょう。

    ログキャリーの完成。

    薪ラックにすることもできるように、合計4本のペグを挿入しています。

    薪ラックにする必要がないという方は、ペグを2本に減らしても問題ありません。

    使わないときは丸めてコンパクトにしておける。

    ログキャリーを使わないときは、丸めてコンパクトに収納することが可能です。

    一度に持ち運べる量は、ホームセンターやキャンプ場で販売されている薪1束分。

    薪1束分が収納可能で、耐久性は全く問題がありません。帆布は頑丈な素材のため、アウトドアでガンガン使うのに向いています。

    汚れが気になるという方は、汚れが目立ちにくい色の帆布に変更してみると良いですよ。

    実際に薪を持ち上げた様子。

    持ち手の4本のペグは握りやすく、手にグッと力が入りやすいです。そのため重い薪も、難なく持ち運ぶことが可能です。

    薪ラックとしても使えて便利。

    持ち手のペグをログキャリーから抜き、地面にクロスさせて打ち込むと、薪ラックとしても使えます。

    ログキャリーと薪ラックの2役を1つでこなすため、とても有能で便利です。

    こんな時こそ自作のログキャリーをDIY!

    シンプルな構造ながら、結構な重量の薪を持ち運ぶことが可能。

    市販品ではなかなか自分好みのデザインの商品がなかったり、「こんな機能があったらいいのに……」と思うことがしばしばありますが、自分で作れば思いのままです。

    ログキャリーのようなシンプルなものはDIY初心者でも作りやすく、特別な道具がなくても作り始めることができます。

    今回ご紹介したログキャリーは、ミシンを使わず手縫いで作っています。手間は掛かりますが、手縫いでも充分作れますので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 自作・DIY 』新着編集部記事

    大人は手出し無用!子供の自立心を育てるオランダの秘密基地作りとは

    2023.01.06

    キャンプの思い出を形に残せる!親子で作れるクリスマスオーナメントの作り方

    2022.12.11

    そろそろ冬支度!ベランダ栽培のローズマリーで、うがいやヘアケアに使える「ハーブチンキ」作りを

    2022.11.12

    都心に住むDIY好きの人を応援する体験型のホームセンター「DCM DIY place」に行ってみた

    2022.11.12

    実は元祖だった!ブラック・アンド・デッカーのエコなハンディクリーナーでテントも簡単お掃除

    2022.11.07

    旅の思い出にいかが? 箱根強羅公園の「クラフトハウス」でとんぼ玉作り

    2022.10.23

    z