世界に一つだけのスキレット。ハンドルカバーをオシャレにDIYしよう! | 自作・DIY 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 世界に一つだけのスキレット。ハンドルカバーをオシャレにDIYしよう!

    2021.01.27 アサノダイスケ

    私が書きました!
    フリーライター
    アサノダイスケ
    秋田県在住。幼少期に父に連れられて行ったキャンプでアウトドアに目覚め、妻ともアウトドアがきっかけで知り合い、結婚しました。毎週末、妻とキャンプに出掛ける日々を送っています。目下の目標は「雪山での雪中キャンプ敢行」で、それに向けて着々と準備中です。

    スキレットに、オリジナルのハンドルカバーを装着しよう!

    スキレットのハンドルカバーを、オシャレにDIYする。

    キャンプ飯を美味しそうに映えさせる調理器具といえば、スキレットは外せません。直接火にかけることができ、調理後はそのままテーブルの上に置くだけで映える、とても便利なアイテムです。

    しかしスキレットは鋳鉄製であるため、火にかけると持ち手部分まで熱くなり、直接触れると火傷をする恐れがあります。そのためスキレットを調理で使用する際は、ミトンやグローブ、ハンドルカバーなどを使って、火傷を防ぐ必要があります。

    今回はオリジナルデザインで作る、木製ハンドルカバーの作り方をご紹介します。世界にひとつだけのオシャレなハンドルカバーが作れるので、気になる方はぜひ試してみてください。

    木製ハンドルカバーの作り方

    材料

    今回使うもの。

    ・スキレット鍋
    ・のこぎり
    ・木材(20cm)
    ・ナイフ
    ・カービングナイフ
    ・彫刻刀
    ・たこ糸

    木材は選ぶ際は、「2枚重ねた寸法>スキレットの持ち手部分の厚み」になるように選びましょう。

    カービングナイフを持っていない方が多いと思いますが、ナイフや彫刻刀でも代用が可能です。ただしその場合、今回ご紹介するハンドルカバー表面の凹凸のデザインが加工しづらくなるので、もし本格的に作りたいという方は、カービングナイフの購入をおすすめします。

    作り方

    木材をのこぎりで半分にカット。

    今回使う木材は、長さ約20cmのものを使用します。

    スキレットの持ち手の長さは約10cmのため、木材を半分に切断して2枚重ねると、スキレットの持ち手がすっぽりと収まる大きさになります。

    スキレットの持ち手部分を、鉛筆でなぞる。

    スキレットの持ち手部分の輪郭を、鉛筆で木材になぞり書きます。

    彫刻刀で、木材を彫る。

    先ほど書き込んだ輪郭線の内側を、彫刻刀を使って彫り込みます。

    スキレットの持ち手が半分程度入る深さになるまで、根気強く彫りましょう。

    彫刻刀を使う際は、怪我をしないように細心の注意を払いましょう。

    木材2枚を、スキレットの持ち手が入る大きさに彫り込む。

    先ほどと同じように、もう1枚の木材もスキレットの持ち手が入るように、溝を彫り込みます。

    今回使うスキレットは、持ち手にくびれがあるため、ハンドルカバーの溝にあるくびれと、スキレット持ち手のくびれが引っ掛かり、抜けない構造になっています。

    もしお使いのスキレットの持ち手が、くびれのない形状の場合、持ち手うしろの穴にダボを差し込んで、カバーが抜けないようにすることも可能です。

    木材を重ねて持ち手に固定する。

    木材2枚を彫刻刀で彫り終えたら、実際にスキレットの持ち手に固定してみましょう。

    木材同士が上下でずれている場合は、この段階で木材同士の段差を解消するように、ナイフで削ってなめらかにします。

    ハンドルカバーの大まかな形状を、ナイフで削って形作る。

    ハンドルカバーの大まかな形状になるよう、ナイフで木材を削ります。

    彫刻刀と同様、ナイフを使う際も怪我に気を付けましょう。

    カービングナイフで表面の凹凸を作る。

    今回はカービングナイフを使って、ハンドルカバーの表面に凹凸を作ります。

    すべり止めの効果と、見た目に武骨さが生まれるので、手間は掛かりますがおすすめのデザインです。

    たこ糸のずれ防止用に溝を彫る。

    ハンドルカバー2枚ともに、たこ糸がずれるのを防止するための溝を彫ります。

    こうすることによって、たこ糸のずれ・脱落が防げて、使いやすさが向上します。

    2枚のハンドルカバーを、たこ糸で固定する。

    スキレットの持ち手を挟み込むようにハンドルカバーを重ね、たこ糸で2枚のハンドルカバーを緊結します。

    これでスキレットのオリジナルハンドルカバーが完成です。

    ハンドルカバーをDIYして、スキレットをオシャレにドレスアップしよう!

    火傷防止・滑り止め効果があり、武骨さが増すハンドルカバー。

    スキレットは多くのキャンパーが使う調理道具であるため、見た目に個性が欲しくなりますよね。オリジナルのハンドルカバーを装着すると、自分好みの見た目になるので、さらに愛着が湧きます。

    ドレスアップだけでなく、火傷防止や滑り止めの効果も期待できるので、キャンプでスキレットがぐんと使いやすくなりますよ。

    自分だけのオリジナルハンドルカバーをDIYして、世界にひとつだけのスキレットを作ってみるのはいかがでしょうか。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 自作・DIY 』新着編集部記事

    大人は手出し無用!子供の自立心を育てるオランダの秘密基地作りとは

    2023.01.06

    キャンプの思い出を形に残せる!親子で作れるクリスマスオーナメントの作り方

    2022.12.11

    そろそろ冬支度!ベランダ栽培のローズマリーで、うがいやヘアケアに使える「ハーブチンキ」作りを

    2022.11.12

    都心に住むDIY好きの人を応援する体験型のホームセンター「DCM DIY place」に行ってみた

    2022.11.12

    実は元祖だった!ブラック・アンド・デッカーのエコなハンディクリーナーでテントも簡単お掃除

    2022.11.07

    旅の思い出にいかが? 箱根強羅公園の「クラフトハウス」でとんぼ玉作り

    2022.10.23

    z