素敵すぎる!市川籠店で見つけた、暮らしに根ざした自然素材のかご・ざる | ニュース 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 素敵すぎる!市川籠店で見つけた、暮らしに根ざした自然素材のかご・ざる

    2021.02.23

    暮らしのかご・ざる・み
    市川籠店

    東京都・荒川区

    image

    ご来店、お待ちしてます。

    竹かご・竹ざる製造の店として明治時代に創業した市川籠店。しかし、プラスチックや段ボールの登場で、1970年半ばには、「市川商店」と店名を変え、製造業をやめ、扱う商品も増やさざるをえなかった。

    「四代目の父の代は、竹のものを売りたくても売れない、苦しい時代でした」。そう語るのは、五代目店主の市川伴武さん。

    「父が病に倒れ、店内の膨大な商品を整理していたら、キラリと光るかごが残っていた。当時、素人だった私の目にも、力の入ったものだというのが伝わってきて、本気でやってみよう、と」

    店を継いだ伴武・彩さん夫妻は、再び竹や自然素材のかご・ざる中心の店づくりに注力。全国の産地や作り手のもとを訪ね、交流を深めていった。

    店内には所狭しと各地からの品が並んでいる。「多岐にわたる素材や作品の背景についても、お気軽にお尋ねください」と伴武さん。実物を触って、その土地ならではのかごやざるの風合いをぜひ、味わってほしい。

    深さがあるので
    さまざまな用途に使える

    富山県の丸そうけ(小)¥2,300

    image

    用途が広く使い勝手抜群!

    竹製品ビギナーにオススメなのが深さのあるざる。野菜の水切りはもちろん、麺類などを盛るときにも重宝する。

    作りが頑丈で、
    ハードユースにも耐える

    茨城県の三本手角籠(大・足つき)¥15,000

     

    市川籠店に残されていた古い角籠を参考に、茨城県の職人さんに復刻してもらったもの。野菜類のストック箱にも◎。

    野菜を洗うときなどにも重宝する

    宮城県の目かご ¥4,000

    image

    地域に自生する篠竹を使ったかご。規則的に並ぶ六角形の目が美しい。目のサイズは小豆洗い向き。

    仕上がりの美しさが
    特徴のネマガリタケを使用

    長野県のそばざる ¥8,000

    image

    堅くて、粘り気があるのにコシがあるネマガリタケを使用。耐久性があり丈夫。そば処、長野県戸隠で製作。

    おにぎりやサンドイッチを入れてピクニック!

    鹿児島県の手付弁当かご(一段・中)¥15,000

     

    真竹を天日干し、または熱処理を施した「白竹」を使った、上品な印象のかご。キャンプ小物の収納にもよさげ。

    image

    レッツ ピクニック♪

    ●暮らしのかご・ざる・み 市川籠店

    image

    住所:東京都荒川区南千住2-28-8
    電話:03(3801)5898
    営業:木・金・土曜日の11:00~16:00
    (月1回、日曜日も営業)
    https://takekagoya.com/

    ※構成/松村由美子 撮影/田川哲也(市川籠店)
    (BE-PAL 2021年1月号より)

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 ニュース 』新着編集部記事

    自転車のサビを落とす方法は?軽度から重度まで、パーツごとに分けて解説

    2023.01.30

    冬のアウトドア・キャンプを楽しむには?防寒対策やギアを紹介

    2023.01.26

    キャンプの名脇役にも影の主役にもなる!便利な”高機能系”キッチンバサミを使ってみよう

    2023.01.26

    ゆったり過ごせる都内のピクニックスポット13選!23区内外の公園をチェック

    2023.01.20

    芸能人のカスタム車も間近で!アウトドアライフに触れる展示会「TOKYO OUTDOOR SHOW 2023」レポート

    2023.01.20

    スニーカーが加水分解したらどうする?予防方法や手入れのコツも

    2023.01.14

    z