ジャーナルスタンダード・ファニチャーが手がけた、オシャレで機能的なキャンピングカー | キャンピングカー・車中泊 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • キャンピングカー・車中泊

    2020.11.09

    ジャーナルスタンダード・ファニチャーが手がけた、オシャレで機能的なキャンピングカー

    「ガレージライフ」をテーマに、車両をはじめとしてオリジナルのウエアやツール、家具、アウトドアグッズなど、幅広く提案するオートバックスのオリジナルブランド「ゴードン ミラー モーターズ」。そんなゴードン ミラーと人気ファッションブランド「ジャーナルスタンダード」のインテリアショップ、「ジャーナルスタンダードファニチャー」がコラボし、2台のモデルを発表しました。

    ゴードン ミラー モーターズforジャーナルスタンダードファニチャー「GMLVAN V-01JSF」

    ゴードン ミラー モーターズforジャーナルスタンダードファニチャー「GMLVAN C-01JSF」

    ひとつはハイエースの標準ボディをベースにした「GMLVAN V-01JSF」、もうひとつがNV200ベースの「GMLVAN C-01JSF」です。これらは「ゴードン ミラー モーターズ」がすでにリリースしている「GMLVAN V-01」と「GMLVAN C-01」の特別限定モデルという位置付けになっています。

    それでは詳細を見ていきたいと思います。

    フロントフェイスもオリジナルと異なるGMLVAN V-01JSF

    かさ上げしたフロアとセカンドシートを利用し、対面で4〜5人がゆったりくつろぐことも可能

    ハイエースがベースのGMLVAN V-01は、外観からしてハイエースさを感じさせない丸目4灯のヘッドライトを採用し、ヴァナゴンのような愛らしさを持たせつつ、先進安全機能も搭載。ボディカラーはホワイトのみでサイドガーニッシュもブラックに変更されています。さらに、JSFバージョンはサイドにストライプが入りよりクラシカルな仕様。ボディサイドにはオリジナルアルミプレートまで付くこだわりよう。ワン・アンド・オンリーさがひしひしと感じられる作りになっています。

    セカンドシートを反転させて座面とフロアの高さを合わせれば「くつろぎモード」。足をのばしたままリラックスできるほか、後方にスクリーンを取り付ければゴロッとしたまま映画なども楽しめる

    29cmかさ上げしたフロアはウッドの木目も映えるが、専用のラグも装備するので家のようにくつろげる。セカンドシートをフラットにしたときのベッドサイズは2450×1400mmもの広さ

    インテリアはREVOのセカンドシートやフロントシートカバーにACME Furnitureオリジナルの生地である「AC-08」を採用し、クラシカルかつ上品さを注入。また、荷室にはオフホワイトを基調とした高級ラグを装備し、オシャレなリビングのような雰囲気。さらに、家具類などに使う天然木はアカシアからオークへと変更し、GMLVAN V-01よりも明るく開放的な印象です。

    ロールスクリーンはフロント側とリヤ側に取り付け金具が付いているのでシチュエーションに合わせて付け替えが可能

    天井の天然木にはぜいたくにオークを採用。質感はもちろん、LED照明も内蔵され夜を過ごすときもコテージのような居心地のよさ

    セカンドシートとかさ上げされたフロアにより、ベッドモードはもちろんのこと、リビングモード、くつろぎモードなどさまざまなシートアレンジが可能。おまけにロール式スクリーンも標準装備になっているので、プロジェクターがあれば車内で大画面での動画も楽しめます。ほかにも、リヤーゲートを開けて使用するフラップ式テーブルなどもあり、キャンプとの親和性も抜群です。

    ACME Furnitureのソファに実際に使われている生地を採用。サイドはレザー調になっていて高級感があるほか、クッションも2個付属している

    オリジナルカラーがうれしいGMLVAN C-01JSF

    NV200ぽさが感じられないオシャレなインテリア。木の包まれ感が高く、癒やしの空間

    すでに販売されているNV200をベースにした「GMLVAN C-01」をジャーナルスタンダードファニチャーが監修したのものがJSF。基本コンセプトは「GMGMLVAN V-01JSF」と同じで、外観は日産が純正ラインでペイントしたオリジナルカラーである「コヨーテ」にストライプを配し、専用プレートを装着。
    インテリアも同様、オリジナル生地や家具を搭載し、上品ある1台に仕上げています。

    リビングモードではテーブルも大きめで、4人が対座してゆったり食事が楽しめる

    GMGMLVAN V-01JSFと同じくロール式スクリーンが標準装備。リヤ側に取り付ければ車内は映画館に変身

    また、両車ともにオプションが豊富でオリジナルのホイールをはじめ、ルーフラック、ベースキャリア、サイドオーニングなどが用意され、カスタムをしてより自分らしい1台に仕上げることも可能となっています。

    2台ともガレージライフを感じさせつつ、オシャレで居心地の良い空間は新しい「バンライフ」スタイルを感じさせるものでした。これらは合計30台の限定生産のため、欲しい人はお早めに!

    価格:
    GMLVAN V-01JSF 550万円〜(税込)
    GMLVAN C-01JSF 421万3000円〜(税込)
    問ゴードン ミラー モーターズ www.gordonmillerpro.com

    NEW ARTICLES

    『 キャンピングカー・車中泊 』新着編集部記事

    LEDライトほか、100均「ダイソー」アイテムでキャンピングカーが快適に!イチオシはこれだ

    2024.07.18

    バンライフで生活費はいくらかかる?キャンピングカーでヨーロッパを旅する夫婦の費用を公開

    2024.07.17

    車内の傘立て、天井収納…100均「セリア」で買えるキャンピングカー快適化アイテムを試してみた

    2024.07.10

    車中泊の暑さ対策!キャンピングカーライファーが教える注意点と対策、おすすめアイテム

    2024.07.05

    松本明子さんが始めた軽キャンピングカーのレンタカー業、そのきっかけは?

    2024.06.28

    関東エリアほか絶景を楽しめるRVパーク続々誕生!富士山麓、夕日海岸、瀬戸内海で車中泊

    2024.06.28

    キャンピングカー旅の本場・ヨーロッパでの車中泊スポットの見つけ方!便利なアプリや治安事情も

    2024.06.20

    車中泊におすすめの寝袋38選!選ぶポイントからおすすめのメーカーまで紹介!

    2024.06.18