ベアボーンズ製。ワイン派のためのフォールディングナイフ | 刃物・マルチツール 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 刃物・マルチツール

    2020.10.26

    ベアボーンズ製。ワイン派のためのフォールディングナイフ

     

    「フォールディングピクニックナイフ」は、ハンドルの木目が美しい。

    アメリカのベアボーンズリビングは、クラシカルでぬくもりのあるデザインで人気を集めているが、この「フォールディングピクニックナイフ」もウッドハンドルの木目が美しく、なんともあたたかみを感じさせるデザインである。大きさは刃長が10.6cmなので、フォールディングナイフとしてごく一般的な大きさ(オピネルの#10くらい)。そのブレードは根元だけ波刃になっていて、バゲットなどを切りやすい。ブレードのほかにコルク抜きと栓抜きが付いていて、まさに「ピクニックナイフ」。最近の廉価なワインは、栓がコルクではなく、キャップのほうが多いから、ピクニックやキャンプにコルク抜きを持っていかないことも多いのでは。でも、だれかがコルク栓の高級ワインを持ってこないとも限らない(海外の瓶ビールも)。ゆえにコルク抜きと栓抜きの付いているナイフというのは、1本持っていて損はないのである。

    栓抜きとコルク抜き。

    ブレードの根元だけ波刃になっている。

    フォールディングピクニックナイフ 7,040円

     

     

     

    NEW ARTICLES

    『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

    キッチンナイフとハサミが一体化!刃物の名産地で作られたLOGOS「アウトドア用万能ハサミ」

    2024.05.31

    キャンプや焚き火におすすめナイフ&アックス19選!料理、薪割り、バトニングに使ってみた

    2024.04.07

    キャンプの鉈はトヨクニの「豆鉈」がおすすめ!小さいことはいいことづくめだった

    2024.03.15

    オピネルのナイフのサイズ比較。キャンプでおすすめは何番?

    2024.03.14

    トヨクニの包丁をアウトドアにもっていくならこれ!小ぶり包丁+ナイロンケースが最強

    2024.03.05

    ヘレナイフからナイフカバーが登場!お気に入りの1本を大切に保管しよう

    2024.02.17

    ベアボーンズだから頼もしい! 万能フィールドナイフを腰に下げてフィールドへ

    2024.01.26

    無人ビーチで実証!かほなん監修の新型「さばいどるナイフ」はサビに強し

    2024.01.12