バリ取り要らず!ミリキャンプのメスティンを徹底解説! | 調理器具・食器 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • バリ取り要らず!ミリキャンプのメスティンを徹底解説!

    2020.10.10 happeaceflower

    私が書きました!
    フリーライター
    happeaceflower
    北海道在住。キャンプや釣りなどの、アウトドアに関する記事を中心に執筆しているフリーライター。趣味のキャンプや釣りの他に、車中泊をしながら、道の駅のスタンプラリーも制覇。オールシーズン外遊びを楽しむアウトドア女子。

    キャンプブームで一躍人気者になった「メスティン」とは、アルミ製の飯盒(はんごう)のこと。熱伝導率の高さが特徴で、ご飯を美味しく炊くことができます。ご飯を炊く他、パスタや蒸し料理、薫製や煮込み料理なども作れる優秀なクッカー。

    今回は、そんな人気のメスティンの中から、「ミリキャンプ」のメスティンをご紹介します!

    開封!

    箱が可愛い。

    さっそく開封していきましょう!箱がとても可愛いです。中から出てきたのは、よく見る四角いメスティン。

    箱の裏側も可愛い。

    味のある絵が素敵ですね。ご飯が美味しく炊ける優れもので、収納箱として小物入れにも便利と記載されています。

    メスティンと言えば、小物のスタッキングも楽しみのひとつですよね。

    替のハンドルが付属されていました。

    レッドハンドルが好きなので嬉しいです。

    フタに刻印が入ってます。

    フタの刻印がカッコいいですね。

    ミリキャンプメスティンの特徴

    本体やフタのフチにバリがありません。

    メスティンの最初の儀式と言えば「バリ取り」があります。「バリ取り」とは、メスティンのフチのバリを、やすりなどで削って滑らかにすること。バリ取りをする事によって、調理や洗う時に手が切れるのを防ぎ、フタを閉まりやすくする効果があります。

    しかし、ミリキャンプのメスティンは、本体やフタのフチが滑らかになっているので、バリ取りの必要がありません。もちろんフタもスムーズに開閉できます。

    シーズニングの効果

    お米の研ぎ汁でシーズニングします。

    ミリキャンプのメスティンは、「バリ取り」の必要はないのですが、「シーズニング」の必要はあります。スキレットやダッチオーブンなどのシーズニングは、油をなじませて皮膜を作りますが、メスティンのシーズニングはお米の研ぎ汁で皮膜を作ります。焦げにくくするのと、アルミ臭を除く効果があります。

    メスティンをお米の研ぎ汁で煮ます。

    お米の研ぎ汁を沸騰させて、メスティン本体とフタを入れて20分間放置します。

    シーズニング後は洗剤は使わないでください。

    シーズニングが終わったら、水で軽く洗い流してから乾かします。せっかく作った皮膜が剥がれてしまいますので、洗剤は使わないでください。

    トランギアメスティンとの比較

    左:トランギアメスティン 右:ミリキャンプメスティン

    メスティン人気の火付け役となった、トランギアのメスティンと比較をしてみました。パッと見の大きさはほぼ一緒です。

    左:トランギアメスティン 右:ミリキャンプメスティン

    見た目の高さもあまり変わりませんね。

    フタを外すと・・・。

    しかしフタを外してみると、ミリキャンプの方が高さがあります。そして、取っ手のリベットの数もトランギアメスティンが2つ、ミリキャンプは3つ。フチも違っていて、トランギアメスティンは溝がありますが、ミリキャンプメスティンには溝がありません。この溝があることによって、トランギアの方がフタの密閉度が高いと言えます。しかし、溝の汚れが落ちにくいという点では、ミリキャンプの方がお手入れがしやすそう。

    【トランギアメスティン】
    サイズ:17×9.5×6.2cm
    容量: 750ml

    炊飯の目安:1.8合まで

    【ミリキャンプメスティン】
    サイズ:16.5×9.5×6.5cm
    容量:800ml

    炊飯の目安:2.0合まで

    若干のサイズの違いがあり、炊飯できる量も違いますね。

    ご飯を炊き比べてみた

    同じ条件で炊飯してみます。

    それでは、それぞれお米1合(15分給水しました)水200ml。固形燃料20gを使って炊飯していきましょう!

    左:トランギアメスティン 右:ミリキャンプメスティン

    15分ほどで火が消え20分放置しました。フタを開けてみると、どちらも美味しそうに炊けています!それでは中身を見ていきましょう。

    トランギアメスティン。

    まずは、トランギア。焦げ付かず美味しく炊けました。

    ミリキャンプメスティン。

    ミリキャンプの方も焦げ付かず美味しく炊けています。ご飯の炊け具合、美味しさに違いはありませんでした。

    ミリキャンプのメスティンは優秀!

    バリ取り要らずでお手入れも簡単!

    今回紹介した、ミリキャンプメスティンは、メスティン人気の火付け役となった、トランギアのメスティンと比べて性能はほぼ一緒。トランギアメスティンの価格高騰により、購入を迷ってる方は、「ミリキャンプメスティン」を選択技に入れても良いのではないでしょうか。

    バリ取り要らずで、フチに溝がないのでお手入れも簡単な「ミリキャンプメスティン」!おすすめですよ!

    ミリキャンプ メスティン MR-250

    サイズ:16.5×9.5×6.5cm
    重量:165g
    容量:800ml
    素材:アルミ製(無垢)
    炊飯の目安2.0合まで

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 調理器具・食器 』新着編集部記事

    手軽で風味も良し!ロゴス「フレンチプレスコーヒーポット」が登場

    2022.10.03

    切ってそのままテーブルに!食器としても使えるロゴスの竹製まな板が発売

    2022.09.29

    格安ピザ焼き器を手に入れよう!マルカ「らくらくピザ焼き」を徹底レビュー

    2022.09.29

    2枚同時に焼ける!キャプテンスタッグ「ダブルサンドトースター」をレビュー

    2022.09.26

    キャンプでおすすめのスープジャーを紹介!選び方や注意点もチェック

    2022.09.25

    【新作】ナチュラルカラーがかわいい!おしゃれキャンパー必見のBRUNO「カセットコンロスリム」

    2022.09.20