剣鉈と豆腰鉈とペティナイフがひとつの鞘に収まる画期的セット | 刃物・マルチツール 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 刃物・マルチツール

    2020.10.11

    剣鉈と豆腰鉈とペティナイフがひとつの鞘に収まる画期的セット

     

    上からホオノキ製の鞘、剣鉈、豆腰鉈、ペティ型ナイフ。

    ひとつの鞘に3本の刃物が収まるという珍しい……というかおそらく唯一無二のセットである。その3本がそれぞれ個性的。大きいほうからいうと、刃長15cmの剣鉈、刃長9.5cmの豆腰鉈、刃長6.8cmのペティ型ナイフ。なかでも注目すべきは豆腰鉈だろう。腰鉈というと大きいものが多く、その重さと長さによって遠心力をきかせて扱うが、これは非常に短くて軽量。子供や女性にはこれくらいの大きさのものが扱いやすいはずだ。バトニングによって細い薪を割ったり、焚き付けを作るために薪を削ったりすることができる。剣鉈は、剣鉈として一般的な大きさ。両刃なので薪割りに使えるほか、刃先がカーブしているので包丁がわりに料理にも使うことができる。ペティナイフは刃厚が薄いので、繊細な料理に使いやすい。3本とも大きさと形が違い、使い勝手が異なるので、3本あったとしてもムダになることはないだろう。作っているのは高知県南国市のトヨクニ。伝統的な火入れ鍛造を続けている鍛冶屋であり、作りだす刃物の切れ味には定評がある。この3本も鋼を叩いて鍛え本格派だ。

    3本がひとつの鞘に収まる。

    鉈2本は革ベルトで固定できるので安心。

    土佐鍛 本格3本セット 「山人」バージョン2 30,800円

     

    NEW ARTICLES

    『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

    キッチンナイフとハサミが一体化!刃物の名産地で作られたLOGOS「アウトドア用万能ハサミ」

    2024.05.31

    キャンプや焚き火におすすめナイフ&アックス19選!料理、薪割り、バトニングに使ってみた

    2024.04.07

    キャンプの鉈はトヨクニの「豆鉈」がおすすめ!小さいことはいいことづくめだった

    2024.03.15

    オピネルのナイフのサイズ比較。キャンプでおすすめは何番?

    2024.03.14

    トヨクニの包丁をアウトドアにもっていくならこれ!小ぶり包丁+ナイロンケースが最強

    2024.03.05

    ヘレナイフからナイフカバーが登場!お気に入りの1本を大切に保管しよう

    2024.02.17

    ベアボーンズだから頼もしい! 万能フィールドナイフを腰に下げてフィールドへ

    2024.01.26

    無人ビーチで実証!かほなん監修の新型「さばいどるナイフ」はサビに強し

    2024.01.12