2016.12.18

【漕いで、釣って、食べて】 カヤックフィッシング奮闘記Vol.14 大物を求めて(前編)

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket

72_1PB020277

考えてみれば、この連載をはじめてから、まだ一匹も大物を釣っていない。カヤックに乗れば簡単に釣れると思っていたのに。それどころか、前回は一日やってノーバイト、ノーフィッシュという屈辱の結果に終わってしまった。このままではいかん。もうなんでもいいから大物を釣ってやる。

いざ、ロマンを求めて

いざ、ロマンを求めて

というわけで、ときは11月上旬、リベンジ釣行に向かった。この日は曇りで波も穏やか、前回のようなうねりはない。が、少し風が出て来るとの予報。早いところ勝負を決めなくては。

毎回同行して撮影までしてくれる心優しい沼野さん

毎回同行して撮影までしてくれる心優しい沼野さん

この日も「マリンボックス」の沼野さんと一緒に朝7時半に逗子海岸から出船。まずは、2キロほど先の森戸海岸沖の岩礁帯を目指す。朝食のおにぎりをほおばりながらカヤックを漕ぐが、沖に出るにつれ、北風が強くなってくる。逗子の場合、北風は陸から沖に吹くので、あまり強くなると帰れなくなる恐れもある。

11月の海を舐めていた

11月の海を舐めていた

岩礁帯付近を流してみるが、魚探の反応はない。ひとまず、根のあるところでメタルジグを落としてみたりもするが、何事も起こらない。小移動を繰り返し、何箇所かめぼしいポイントを回ってみるが、まったくアタリもない状態が続く。そして、ずっと風にあたっていると、体感温度がどんどん下がってきて、結構寒くなってきた。出艇するときに濡れた足は、どんどん冷えて感覚がなくなりつつある。

本当に死ぬほど寒かった

本当に死ぬほど寒かった

あれはカヤックフィッシングをはじめたいと、はじめて沼野さんに相談しに行ったときこのこと。「冬とか、寒くないんですか?」と聞く私に「大丈夫ですよ、カヤックを足で漕ぐと体が温まりますから!」と語っていた沼野さん。「本当ですか?」と念を押すと「本当ですよ!」と笑顔で答えていた沼野さん。そのシーンを思い出し、私は心の中で「11月でも充分寒いやんけー!!」と叫んだ。

なのにこの薄着で平気だという沼野さん

なのにこの薄着で平気だという沼野さん

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket