もし、キャンピング仕様でない車で、車中泊する事になったら…

2019.07.01 (閲覧数) 5,735

今月のお題の『車中泊』。
僕の車は、キャンピングカーでもなくキャンピング仕様でもありませんが、どこまで快適にできるか、無い知恵を絞り考えてみました。

そして、家にある使えそうなものをかき集め、車に加工することなく、以下の2点は遂行したいと思いました。
① 快適に眠れること。
② 暑苦しさからの解放と虫対策。

まずは、①について
僕の車は、セカンドシートを前に倒す事によってトランクルームとセカンドシートをフラットにすることができるのですが、硬めの床の上で寝ている様な感じでゴツゴツしています。
そこで、エアーベッドの登場です。
主に冬キャンプで、地面からの冷気を遮断するために使っているものなんですが、何と僕の車にジャストサイズでした!
サイズが合わなければ、毛布で代用しようと考えていたところです。

次に、②について
夏場は空調の確保はしたいところですよね。
何時間もエアコンを付けておくわけにもいかず、かといって窓を開けておくと虫が入って来ますよね。
それらを解消してくれるのが、この車用網戸(防虫ネットだったかな)の登場です。
風が通り抜けるように2枚持っています。
運転席側にセットした時は、セカンドシートの対角線側の窓にセット。

欲を出して、明かりの確保も考えてみた。
ここでは軽くて大光量の富士山ランタンが役に立ちました。
天井のアシストグリップにパラコードを張り、富士山ランタン3連灯。
昼間だったけど、車内がめっちゃ明るくなったのがわかりました。
おそるべし富士山ランタン!

それと、無風で風が車内に入って来なかった時の保険として、モバイルバッテリーに接続して使える扇風機も!

とりあえずは、快適に過ごせるかな〜。

けいすけさん

福岡県で薪ストーブのある家に住んでいます。 最低月1キャンプを決行中! 今年は、愛犬のボーダーコリーを連れて行きたいかな… ホーボージュンさんのような旅に憧れてます! 9月中旬に、大分県にキャンプに行ってきます。 行きつけの、ヘアーサロンの店主から教わった㊙︎料理を試してみます!

もっと見る

この記事をシェアしよう!

けいすけさんの新着ユーザー投稿記事

新着ユーザー投稿記事

『 車の活用術 』新着編集部記事

おすすめ記事