CGM記事詳細 | 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

テントプロジェクト!

2021.07.02 (閲覧数) 747

てっこつ(ロッジテント)好きだけど、世の中のてっこつは大き過ぎる!
ソロ〜デュオで使える小さめロッジを長年探し続け、ようやく見つけたのが小川のフォルセッティ4でした。
しかし、1995年ごろ製造のため幕体は加水分解でベタベタ。防水膜を剥がしてコーティングをやり直してみるも、素人には限界があり、雨漏りする状態。
それならば、いっそ幕体を作り直せばいいんじゃない?と、一念発起してテントの作成が始まりました。

実物を張った状態で採寸し、その寸法を元にミニチュアを作成し、各部の寸歩を確認。
防水コーティングされたポリエステルの生地と、透明ビニール、メッシュ、補強用の生地、ファスナーなどのパーツを購入。

リビングのものを全部端に寄せて、いっぱいに生地を広げて裁断。
屋根、前後面、側面のそれぞれのパーツ。
これからしばらくリビングは工事中状態(笑)。

窓の部分のビニールは、ファスナーで開閉出来るようにします。
ビニールは、強度を考えて糸入りを選択しましたが、透明度が落ちるのが残念。糸なしでもよかったかも。

窓はビニール、メッシュ、カーテンの3層構造。
カーテンはボタンで留めることで、取り替えや、様々な開き方が出来ます。
下側も留めているので、キャノピーとしてガバッと開いた時にも落ちて来ません。
ちなみに、カーテンに使ってる生地はコールマンのテーブルクロス。ロゴがちょうどいい位置に来るように縫い合わせています。

屋根の部分が出来たところで、フレームにかぶせてサイズを確認。
採寸が適当なもので(^^;。
無理があったら調整できるように、縫い代は多めに取ってましが、問題ないようです。
この後、側面、前後面と縫い合わせていきます。
とにかくでかい。もちろんリビングいっぱいに広げての作業です(笑)。

裾ゴムやバックル、スカート用の生地は、旧幕から外して再利用します。

キャノピーポール用のグロメット、バックル、スカートもうまい具合に収まりました。

最後に巻き上げたものを留めるトグルボタンを取り付けて完成。
近所の湖畔で試し張りをして各部をチェック。
設営に問題なく、満足のいく仕上がりです(^^)v。

テントの中から湖畔を風景を眺める。
窓のあるテントならではの醍醐味ですね!

あげはさん

山の中のログハウスに住み、Colemanのランタンを愛するちょっぴりDIYなキャンパーです。 ギア談義大好き。ですが、最近は商品が多すぎて付いていけてないかも・・・ 色々な製品情報楽しみにしてます。どうぞよろしくお願いします♪

もっと見る

この記事をシェアしよう!

あげはさんの新着ユーザー投稿記事

新着ユーザー投稿記事

『 自作・DIY 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。