安全な山の攻略法

2020.04.24 (閲覧数) 412

いつ、どこへ、だれと

いつ、どこに行くか。--北海道の山、日本アルプス、関東の山、九州の山、直前ではなく、数カ月、数年前に計画を立てる、山小屋泊まりか、テント泊か。公共交通機関。
地図、ガイドブックの参照、コースタイムは0.7倍くらいで考える。

安全な山の攻略法

山へのアプローチ法には、往復、縦走がある。登山口から山頂を往復すれば、帰りにトレイルを間違えないし、所用時間も分かる。縦走の場合は、絶えず知らないトレイルに挑むので、疲労して判断ミスを犯しやすい。往復登山である程度山を知ってから縦走すると、より安全である。

雨飾山の例を挙げてみよう。

往復する場合、山頂までの標高差が小さい、急傾斜のない登山口を選ぼう。

縦走する場合、急傾斜面から登り、緩い傾斜を下る方が安全である。

Hiroさん

もっと見る

この記事をシェアしよう!

Hiroさんの新着ユーザー投稿記事

新着ユーザー投稿記事

『 地図の読み方 』新着編集部記事

おすすめ記事