登山時の生卵運搬

2020.03.16 (閲覧数) 596

キャンプよりも登山時の超小ネタです。
山頂まで調理用の生卵をどうやって持っていくか?
百均で2個用の卵ケースがあるので、これをバラして使っている人は多いと思います。
しかしながら、ケースと卵の大きさがピッタリと合うわけでは無いので、ただ入れただけでは激しい動きが加わった場合、割れてしまう可能性があります。
スポンジなどクッション材を仕込むという手もありますが、もっとお手軽な方法として・・・
スーパー等で肉や豆腐などを一次包装するために使うビニール袋をお勧めします。
1枚まるまるだと大きすぎますね。半分に切ると丁度いいです。
これに卵を入れて適当にくしゃくしゃにしてケースに入れると、ビニール袋がクッション材になって卵が動きません^^。
ああ、本当に小ネタでスイマセン^^;。でも結構使えます。
これで一度も卵が割れたことは無いです。
ただの袋ラーメンも卵が一個あるだけでぐっとゴージャスになります^^。

フライパン持参時は目玉焼き^^
黄身を潰してチーズをのせるのが好きです^^

鍋焼きうどんは卵があって初めて完成するものだと思います^^

がんさん

本業は建築設計です。 山登ったりキャンプしたりしています。 いつの日か庭に常設焚火台のある家を設計してみたい^^

もっと見る

この記事をシェアしよう!

がんさんの新着ユーザー投稿記事

新着ユーザー投稿記事

『 調理器具・食器 』新着編集部記事

おすすめ記事