[小値賀島vol.2]小値賀島で楽しめる、極上の古民家ステイ!

2015.07.17

小値賀島では、民泊と古民家を組み合わせてステイするのが人気だ。古民家に宿泊の際の食事は自炊、周辺の飲食店の利用、あるいは、プチ民家体験(民泊を受け入れている家庭での農作業や食事作りと食事を組み合わせた体験プラン。1名4900円。1組2名から催行。7日までに要予約)など。

古民家の再生・活用のプロデュースは、おぢか観光まちづくり大使でもある東洋文化研究者のアレックス・カーさん。6軒ある古民家は、持ち主が島を離れ、空き家になっていた物件を改築したうえで活用している。いずれも築約130~140年の建物で、1棟貸しのスタイルで、利用は1泊から長期滞在までに対応。バスルーム、空調設備、リネン、床暖房が完備され、IHキッチンには、基本的な調理道具や電子レンジ、炊飯器などの家電も用意され、簡単な自炊もできる(ただし、古民家の保存のため揚げ物など、においの強い調理はNG)。

また、古民家ステイはアーリーチェックインに対応しているので、福岡港からの夜行フェリーを利用して、早朝に港に着いたら、まずは古民家にチェックインして昼までのんびり朝寝するというお楽しみもある。

小値賀島港を臨む最も広い古民家「鮑集(ほうしゅう)」。2名~最大6名までの利用ができる。1泊2名利用・素泊・1泊1棟¥38,880~。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 日本のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿記事

『 日本のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿写真

『 日本のアウトドア旅 』新着編集部記事

おすすめ記事