旅人と地元メンバーで、自然農法田んぼ!愛知県南知多町『南知多ゲストハウスほどほど』

2016.09.03

太くてしっかりとした苗。

太くてしっかりとした苗。

「種を蒔く前に草刈をして田んぼの上に積んで、草を田んぼの栄養分にするんですよ。種は、直接、田んぼの端っこに蒔いて苗にするんです。苗への水やりはしないので、自力で水を探す強い苗に育つんですよ」と、こっすーさん。まさに、獅子の子落とし稲バージョン! 「稲って、植物って、すごい」1本1本マジマジと見つめながら、そして、みんなとわいわいしゃべりつつ田植えは無事終了したのだった。

hodohodo008

「みなさんのおかげで、今年の田植え終了です。と、言うわけで、今日のランチは特別に僕の奢りです! 」いきなり、こっすーさんの太っ腹発言♪ 向かったのは、南知多へIターンされたご家族がされている古民家カフェ。『ほどほど』さんとも仲良しのお店だ。こういう地元の和に、スッと入れてもらえる瞬間が、私はたまらなく好きなのだ。一瞬だけど、自分もその土地に住んでいるかのような気もちになるから。

子どもたちに安心して食べさせられるモノを・・・がコンセプトの『雨風食堂』さん

子どもたちに安心して食べさせられるモノを・・・がコンセプトの『雨風食堂』さん

『雨風食堂』さんの「とりと玉子のチャーハン」。おかずはオプションでオーダーするシステム

『雨風食堂』さんの「とりと玉子のチャーハン」。おかずはオプションでオーダーするシステム

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 日本のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿記事

『 日本のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿写真

『 日本のアウトドア旅 』新着編集部記事

おすすめ記事