アラスカの原野に建つキャビン。カリブー・ロッジで過ごす日々

2018.03.21

アラスカ 冬の旅3

カリブー・ロッジは、タルキートナから直線距離で南東に20数キロの場所にある、ウィルダネス・ロッジです。周囲には町も人家も何もなく、見渡すかぎり、アラスカの原野が広がっています。

■カリブー・ロッジ
https://www.cariboulodgealaska.com

タルキートナからカリブー・ロッジまで、道路などはつながっておらず、夏は水上飛行機でロッジの前の湖へ着水、冬はソリ付きの飛行機かヘリコプターで凍結した湖の上に着氷というのが、主なアクセス方法となります。雪のある時期はスノーモービルでも行き来できるそうですが、夏に森を抜けて歩いていくのは、相当きつい行程だそうです。

このロッジはかつて、狩猟客用のキャビンとして建てられた後、長い間打ち棄てられていたそうですが、モンタナ州から移住してきたマイクとパム夫妻がレストアし、ウィルダネス・ロッジとしての経営を始めました。現在は新たなオーナーとして、ジョーとボニー、ザックとアリッサの兄弟夫婦がロッジを経営しています。メインキャビンには暖かな薪ストーブとソファ、見晴らしのいいダイニングルームなどがあります。

宿泊客は、独立した小さなキャビンで寝泊まりします。寒さの厳しい冬でもガスストーブを使えるので、室内は暖かくて快適です。トイレは屋外にあるので、夜中に用を足したくなった時は、起き出すのにちょっと気合が必要ですが(笑)。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿写真

『 海外のアウトドア旅 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • ライフスタイルマガジン『b*p』