• ホーム
  • ショップ
  • 山下穂尊のカイモノガカリ「高円寺の新感覚ショップ、テイストに迷い込む」前編

山下穂尊のカイモノガカリ「高円寺の新感覚ショップ、テイストに迷い込む」前編

2018.01.13

音楽グループ「いきものがかり」のギター&ハーモニカ担当の山下穂尊の企画がBE-PALでスタート!アウトドア店はじめユニークショップをユルく探訪して逸品(?)を発掘。レアな店から旬な店までガチ自腹でお買物!いきものファンもアウトドアズマンも必見!

 

―いきものがかり・山下 穂尊(やました ほたか)―

音楽グループ「いきものがかり」のメンバー。名前の由来は穂高岳、武尊山から。厳冬期、群馬のログハウスでウィンタースポーツを嗜む。スノーボードからスキーに転換中。

ぱっと見ナチュラルトレンドな雑貨屋さんだが……

今回山下穂尊は、高円寺のテイストでカイモノガカリ。爽やかで明るい店内、家庭用の食器も並ぶこちらはアウトドア×ライフスタイルという新感覚なディープショップ。
雑多な文化が共存する懐深い高円寺に溶けこむテイスト。一見ナチュラル系の雑貨店でアウトドアマンは油断しそうな爽やかさだが、ふらりと迷いこんだら最後、手ぶらでは引き返せない恐るべきショップだった……。

シリーズ初のエントランス即買い

道路に面したテイストのショーケースには、その時の推しアイテムが並べられている。厳選したアイテム、現在のトレンドなどからセレクトされたラインナップで、意図的にマテリアル(材質)が異なるアイテムで構成されている。各素材の商品が店舗には存在し、またそれぞれの魅力を発信しているという主張からだ。このモノへの変態ぶりである。

想いのつまったショーケースを後に、階段を上がり二階店舗のエントランスについた途端、山下穂尊の手が伸びた。シリーズ初のリアクションバイト、エントランスでいきなり一点購入!

温かみある店内の奥には、モノの鬼が潜んでいた……

明るく温かみに包まれた店内だが、ラインナップの切れ味は鋭い。モノのセンスも感度もただ事ではないショップだと気づきはじめたころ、とんでもないショップに足を踏み入れてしまっていたことに気づく。

テイスト担当の鈴木氏とボスの井川氏は高円寺で泣く子も黙るモノの鬼たちだった。井川氏率いるシーアンドサイン社は、日本の手仕事に特化した道具店コトゴト、ファイヤーキング専門店ディーラーシップ、大人気のリビングストアフリーデザインを経営。どのショップもそれぞれのカテゴリを極め、注目度の高いショップに仕上げている。

テイストとは、そんなモノの鬼たちによるアウトドアモノショップだった!

 

山下穂尊、テイストにハマる? 記録更新なるか!? 後編へつづく!

アウトドア×ライフスタイルを提案する新感覚なアウトドアショップのテイスト。モノの鬼が作る、恐るべきハイセンスなモノショップだということが判明した。
すでに1点をゲットしている山下穂尊だが、その後も店内では「これ、いいな……」を連発。

追加購入はあるのか!?
いったい何点購入となるのか!?
次回、自腹購入した戦利品を大公開!
すぐに全編読みたい方は本誌BE-PAL2月号をチェック!

TASTE / テイスト

―ショップ情報―
東京都杉並区高円寺南3-45-13-2F
TEL:03(3318)0334
営 12:00~20:00
休 年中無休

文=夏野栄 撮影=田中麻衣

この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • ショップ
  • 山下穂尊のカイモノガカリ「高円寺の新感覚ショップ、テイストに迷い込む」前編

関連記事

『 ショップ 』新着ユーザー投稿写真

『 ショップ 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • BE-PAL クルー募集
  • ライフスタイルマガジン『b*p』