• ホーム
  • ショップ
  • キャンプ用品やアウトドアウエアを「洗う」って大変?ヒミカさんが洗濯のプロに疑問を聞いてみた

キャンプ用品やアウトドアウエアを「洗う」って大変?ヒミカさんが洗濯のプロに疑問を聞いてみた

2020.12.27

キャンプ用品を保管する際、みなさんは洗濯したりクリーニングに出したりしているだろうか。多くの人は「いや、使ったらそのまま保管している」と答えることだろう。 

手間がかかりそうなイメージがあるうえに、専門知識がないと道具を壊したり機能を損ねたりする「心配」があるため。特にダウン素材や高額の素材を使ったアイテムは、失敗したら取り返しがつかないかも……と感じてしまう。

そこで、キャンパーを代表してアウトドア女子・ヒミカさんがその疑問をクリーニングのプロに質問してみた。来年までキャンプ用品を保管する人、必見!

キャンプ用品を洗濯する必要があるのか

スリーピングバッグがキレイになって大満足のヒミカさん。

前回の記事で、ヒミカさんの私物(スリーピングバッグ、登山靴、ダウンジャケット)をコインランドリーにて洗濯し、とてもキレイな状態に仕上がったことを紹介した。今回の対談はその後に行った。

ヒミカさん:私が思っていた以上に、スリーピングバッグと登山靴、ダウンジャケットがキレイに仕上がって大満足です! コインランドリーは衣類しかできないものと考えていたので、今回のセルフランドリーでキャンプ用品も洗えることを知ることができて良かったです。

Baluko洗濯研究員・高野さん:キャンプ用品も、その多くは衣類と似た素材を使用しているので、扱い方を知っていれば自分で洗うこともできます。コインランドリーに置かれている機械の多くは業務用なので、家で洗うよりもっと仕上がりもいいですよ。

ヒミカさん:今回改めてその良さを実感しました。でも、キャンパーの中にはキャンプ用品を洗う必要性がわからない人もいると思います。ランドリーで洗う意味はありますか?

Baluko洗濯研究員・勝川さん:洗濯は汚れを落とすことが目的です。特に人の汗や皮脂による汚れは菌が溜まりやすく、放置すると臭いやカビの発生につながります。
キャンプ用品に付く汚れは土が多くを占めると思いますが、たとえばスリーピングバッグやシューズは汗や皮脂が多いので、それを落とすことが大事なんです。 

ダウン素材を洗濯・乾燥する理由

スリーピングバッグは中の状態が見えにくいため、ダウンが乾燥したのかわかりにくい。

ヒミカさん:人の汗や皮脂を落とすことが大事なのですね。スリーピングバッグは、化学繊維を使ったものが増えていますが、優れた保温性や収納力を見るとやはりダウン素材がいいと思っています。
ダウンは、水を含むと縮んで機能を損ねてしまうと聞きました。洗う際に気を付けるべきことはありますか?

高野さん:おっしゃるとおり、ダウンは他の素材と比べて水分を含みやすい素材で、しっかりと乾かすことが大事です。キャンプで天日干ししてそのまま収納する人が多いですが、正直それで完全に乾いたか確認できませんよね。

ヒミカ:たしかに中まで見られないです……。

クリーニングのプロフェッショナルであるBaluko洗濯研究員・高野さん。

高野さん:乾燥機は、熱風をかけることで天日干しでは乾きにくいダウンの芯まで乾かすことができます。最低でも30分はかけておくといいでしょう。 

ヒミカ:天日干しではダウンの芯まで乾かしにくいのですね。そうすると、家で洗濯・乾燥するのはどう思いますか?

高野さん:個人的にはおすすめしません。洗濯はできても、完全に乾燥できるとは限らないからです。よく家でダウンジャケットを洗ったら「ダウンが縮んでしまったままでフカフカにならない」と聞きます。それはダウンが乾ききっていないからです。
コインランドリーにある「羽毛ふとん専用コース」が使える乾燥機にかけて、しっかりと乾かしたほうがいいでしょう。

ヒミカ:そういえば、スリーピングバッグをセルフランドリーで洗濯・乾燥したとき、驚くほどフカフカで軽い印象でした。あれは乾いた証拠なのですか?

高野さん:乾いた証拠でもありますし、ダウンに含んだ湿気や汚れが取れた証拠でもあります。ダウンは水分だけでなく湿気も含むので、使い続けるほど湿気も溜まり、徐々に重みが増します。洗濯と乾燥をすることで、汚れと湿気が取れるので軽く感じるのです。

ヒミカ:湿気による重みもあるのですね! そのほかに、ダウンを乾かすいい方法があれば教えてください。

高野さん:乾燥したか不安な人は、スリーピングバッグを軽く叩いてダウンをほぐすといいでしょう。縮んだダウンが徐々に広がって、水分や湿気を飛ばしやすくなります。叩いた後に、さらに乾燥させましょう。

アウトドアウエアを洗濯するオススメの方法

対談している場所は、Baluko Laundry Place代々木上原店内にあるカフェ。

ヒミカさん:ダウン素材について理解できました。あとキャンプでいえば、数万円もする高級素材のシューズやウエアを身につける人が多いと思います。高いお金を払って買ったものを、洗濯でボロボロにしたり機能を損ねたりしないか躊躇しちゃいます。 

勝川さん:たしかにそれは避けたいですよね。クリーニングに出すのもいいですが、セルフランドリーでもある程度は洗うことができます。

ヒミカさん:本当ですか? 撥水性が落ちない方法を知りたいです。

ヒミカさんの登山靴を念入りにチェックするBaluko洗濯研究員・勝川さん。

勝川さん:撥水機能の多くは、表面にフッ素樹脂をコーティングしていることが多いです。残念ながら、これは使用頻度や経年で劣化してしまいます。
洗う際は、優しく洗うことが大切です。家で洗濯する際は手洗いがオススメ。洗濯機にかけるなら、ネットに入れてできるだけ摩擦を避けるようにするようにしましょう。乾燥時はネットから取り出して使うことをお忘れなく。

ヒミカさん:摩擦が起きないようにするのですね。何年も使っていてすでに機能が落ちているものはどうすればいいですか?

勝川さん;撥水スプレーをかけるのがいいでしょう。それである程度の撥水性が戻ります。

ヒミカさん:お店で売られているものでいいんですね!

勝川:ただし、これはダウン素材のものも同じことが言えますが、生地が破れていたり焚き火などによる穴あきがあったりすると、撥水加工をしても元の状態に戻らならないだけでなく、洗濯・乾燥した際に中身が出て修復ができなくなりますので、事前に確認したほうがいいでしょう。

セルフランドリー体験をしたバルコ ランドリープレイスのサービス

集荷配送サービスは専用のケースが必要。

ヒミカさん:セルフランドリーでキャンプ用品やウエアが洗えることが理解できました。今回紹介していただいたサービス以外に、バルコ ランドリープレイス(以下、バルコ)でできることはありますか?

高野さん:オンラインで洗濯を依頼できる「宅配付きの洗濯代行サービス」を行っています。日常の衣類や毛布はレギュラー(3,000円〜)、ラージ(3500円〜)、羽毛布団(1枚4,000円~)お受けしています。

Laundry OUT(ランドリーアウト)というサイトでご注文いただければ全国から集配可能で、お預かりした洗濯物は当店で洗濯をしますので、ショップが近くになくて困っている人はオススメです。

ヒミカ:洗濯代行をしてくれるのですね。時間がない人でも、これなら安心しそう!

勝川さん:また、家での集荷配送だけでなく、店頭に持ち込んで完了した洗濯物を家へお届けすることもできます。集荷は、限定地域であれば、ドライバーが袋を持参します。限定地域着ですと集荷業者(ヤマト運輸)が集荷用のダンボールをお持ちします。

ヒミカさん:スリーピングバッグが使えたら、キャンパーの皆さんも喜ぶと思います。この度はありがとうございました!

セルフランドリーでキャンプ用品・ウエアを清潔にしよう

キャンプ用品やアウトドアウエアを洗濯する習慣がなかった人も、今回の対談で自分でも洗濯ができることが理解できたことだろう。

しかし、それでもやはり洗濯に失敗するのが怖い人は、専門知識をもったスタッフが多く在駐しているバルコに気軽に相談してもらいたい。方法は電話や問い合わせフォームで気軽にできる。

キャンプ用品を長く使えるように、セルフランドリーを試してみてはいかがでしょうか。

店舗情報 

Baluko Laundry Place 代々木上原 

所在地:東京都渋谷区上原3-29-2
営業時間・休業日:セルフランドリー/24時間・年中無休、カフェ・洗濯代行・ランドリーアウト・クリーニング/9002100
定休日:なし(年末年始・夏季休業あり)
TEL03-6407-8415

※セルフランドリーを使用される際は、店内の注意事項をご確認ください。

※「羽毛ふとん専用コース」が利用できる店舗は以下7店舗です。不明点は各店舗へお問い合わせください。

福岡多々良 、イオンタウン金沢示野 、たまプラーザ 、 三鷹 、小金井 、 代々木上原 、南円山

Baluko Laundry Placeの詳細はこちら
https://baluko.jp/

ショップリストはこちら
https://baluko.jp/store-list/

文・撮影/小川迪裕

この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • ショップ
  • キャンプ用品やアウトドアウエアを「洗う」って大変?ヒミカさんが洗濯のプロに疑問を聞いてみた

関連記事

『 ショップ 』新着ユーザー投稿記事

『 ショップ 』新着ユーザー投稿写真

『 ショップ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。