「川エビの柴づけ漁」って何? | BE-PAL - Part 2

「川エビの柴づけ漁」って何?

2017.07.17

④仕掛けを沈める川エビのいそうな護岸まわりなどに仕掛けを沈める。エビ類は夜行性なので、日没の前に行う。

⑤翌朝に仕掛けを回収する夜を挟んで、翌朝に回収。手網を沈めてから、そっと柴を寄せるイメージで行うこと。

なかなかの大漁でした。川エビの和名はスジエビ。熱田家の畑で育ったタマネギとともにかき揚げにしていただきました!

 

熱田安武さん
ハチの子獲りと巣の駆除、罠猟と獣肉の販売を本職とする国宝級の野生児。
海川山の生き物の捕獲と処理、料理に精通している。
著書に『これ、いなかからのお裾分けです。』(南の風社)。
http://atsutaya.com/

◎構成/麻生弘毅 ◎撮影/柏倉陽介

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 海・川・カヌー・釣り 』新着ユーザー投稿記事

『 海・川・カヌー・釣り 』新着ユーザー投稿写真

『 海・川・カヌー・釣り 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。